神奈川県第16区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗神奈川県第16区
衆議院小選挙区 神奈川県.svg
行政区域 相模原市緑区(旧津久井郡域)・南区14区に属しない区域)、厚木市伊勢原市座間市(相模が丘1丁目~6丁目)、愛甲郡
(2017年7月16日現在)
比例区 南関東ブロック
設置年 1994年2002年2017年区割変更)
選出議員 後藤祐一
有権者数 46万7647人
2.022 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

神奈川県第16区(かながわけんだい16く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2017年の小選挙区改定により相模原市南区の第26投票区が14区から、座間市の第19〜22投票区が13区からそれぞれ編入された。

17区と並び、県内でも人口密度が低い地域が割り当てられており、選挙区が広い。小田急線東名高速道路国道246号が厚木市・伊勢原市を通る一方、北部の旧相模湖町・藤野町(相模原市緑区北西部)では中央本線中央道国道20号が通るなど、地域の統一性がない。更に、区割りの変更によりベッドタウンである小田急相模原駅の西側一帯(相模原市南区西部)が14区から加わった。これにより飛び地はないものの、より一層まとまりのない選挙区になってしまった。

2002年から2017年までの区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[4]。相模原市の政令指定都市移行(2010年(平成22年)4月1日)により緑区と南区が2選挙区にまたがることになった。

  • 相模原市
    • 緑区(14区に属しない区域:旧津久井町・相模湖町・藤野町・城山町域)
    • 南区(14区に属しない区域)
      • 麻溝台、麻溝台1〜8丁目、新磯野、新磯野1〜5丁目、磯部、上鶴間、北里1・2丁目、 相模台1〜7丁目、相模台団地、桜台、下溝、新戸、相武台1〜3丁目、相武台団地1・2丁目、 当麻、双葉1・2丁目、御園4・5丁目、南台1〜6丁目[5]
  • 厚木市
  • 伊勢原市
  • 愛甲郡

2002年平成14年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[6]

  • 相模原市(14区に属しない区域)
    • 麻溝・新磯・相模台・相武台の各出張所管内[7]
  • 厚木市
  • 伊勢原市
  • 愛甲郡
  • 津久井郡

2002年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[8]

  • 厚木市
  • 伊勢原市
  • 愛甲郡
  • 津久井郡

歴史[編集]

中選挙区制時代は、相模原市の区域(当時は津久井郡)が神奈川県第3区に、厚木市・伊勢原市・愛甲郡が神奈川県第5区に属した。

中選挙区制時代は自由民主党が強い地域であり、旧神奈川5区時代には亀井善之河野洋平が覇権を競っていた。小選挙区制になってからは、選挙区内の伊勢原市に本拠を置く亀井善之が当選し続けてきた。しかし、2006年(平成18年)5月に善之が死去したため、これに伴う補欠選挙が同年10月22日に行われ、善之の長男で元秘書の亀井善太郎が当選した。

2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では民主党後藤祐一が当選した。2012年(平成24年)の第46回衆議院議員総選挙では参議院議員を辞して立候補した自由民主党の義家弘介が小選挙区で当選し、後藤は比例復活した。2014年(平成26年)の第47回衆議院議員総選挙では、小選挙区で後藤が当選し、義家が比例復活した。2017年(平成29年)の第48回衆議院議員総選挙では義家が議席を奪還し、希望の党から出馬した後藤が比例復活に回った。2021年(令和3年)の第49回衆議院議員総選挙では、立憲民主党から出馬した後藤が小選挙区で当選、義家が比例復活した。

このように2009年以降は自民と非自民が交互に当選しており、惜敗率も9割前後で推移するなど、神奈川県有数の激戦区となっている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 亀井善之 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第44回衆議院議員補欠選挙 2006年 亀井善太郎 ※亀井善之の死去に伴う。
第45回衆議院議員総選挙 2009年 後藤祐一 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 義家弘介 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 後藤祐一 民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 義家弘介 自由民主党
第49回衆議院議員総選挙 2021年 後藤祐一 立憲民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 神奈川県第16区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:46万6042人 最終投票率:55.35%(前回比:増加3.79%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
後藤祐一52立憲民主党137,558票
54.60%
――
比当義家弘介50自由民主党114,396票
45.40%
83.16%公明党推薦
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 神奈川県第16区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:46万8685人 最終投票率:51.56%(前回比:減少1.85%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
義家弘介46自由民主党110,508票
46.91%
――公明党
比当後藤祐一48希望の党96,128票
40.81%
86.99%
池田博英54日本共産党28,927票
12.28%
26.18%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 神奈川県第16区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:43万2822人 最終投票率:53.41%(前回比:減少4.6%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
後藤祐一45民主党103,116票
45.83%
――
比当義家弘介43自由民主党101,627票
45.17%
98.56%公明党
池田博英52日本共産党20,243票
9.00%
19.63%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 神奈川県第16区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
義家弘介41自由民主党98,958票
40.66%
――公明党・新党改革
比当後藤祐一43民主党90,881票
37.34%
91.84%国民新党
富山泰庸41日本維新の会38,058票
15.64%
38.46%みんなの党
池田博英50日本共産党15,494票
6.37%
15.66%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 神奈川県第16区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
後藤祐一40民主党167,721票
58.80%
――
亀井善太郎38自由民主党113,341票
39.74%
67.58%
住吉正充35幸福実現党4,166票
1.46%
2.48%
第44回衆議院議員補欠選挙 神奈川県第16区

当日有権者数:人 最終投票率:%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
亀井善太郎35自由民主党 109,464票
54.79%
後藤祐一37民主党80,450票
40.27%
笠木隆60日本共産党9,862票
4.94%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 神奈川県第16区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
亀井善之69自由民主党159,268票
59.26%
――
長田英知31民主党87,991票
32.74%
55.25%
桧山千里42日本共産党21,504票
8.00%
13.50%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 神奈川県第16区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
亀井善之67自由民主党125,067票
55.36%
――
長田英知29民主党82,967票
36.73%
66.34%
桧山千里40日本共産党17,877票
7.91%
14.29%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 神奈川県第16区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
亀井善之64自由民主党99,966票
52.15%
――
山条隆史37民主党53,262票
27.78%
53.28%
酒井邦男57日本共産党21,562票
11.25%
21.57%
小泉晨一52自由連合16,911票
8.82%
16.92%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 神奈川県第16区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
亀井善之60自由民主党88,325票
51.15%
――
寺地秀己47新進党36,295票
21.02%
41.09%
小泉晨一49自由連合26,799票
15.52%
30.34%
青井功48日本共産党21,264票
12.31%
24.07%

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第193回国会 制定法律の一覧 >衆議院議員選挙区画定審議会設置法及び公職選挙法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第五十八号(平二九・六・一六)”. 衆議院 (平成29-06-16). 2021年10月1日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 神奈川県”. 総務省. 2021年10月1日閲覧。
  3. ^ 相模原市の衆議院小選挙区選出議員の選挙区”. 相模原市. 2021年10月1日閲覧。
  4. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第183回国会 制定法律の一覧 >衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第六十八号(平二五・六・二八)”. 衆議院 (平成25-06-28). 2021年10月1日閲覧。地名は2013年(平成25年)当時のものである。
  5. ^ 相模原市区の設置に伴う町名・字名対照表”. 相模原市. 2021年10月1日閲覧。
  6. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第154回国会 制定法律の一覧 >公職選挙法の一部を改正する法律 法律第九十五号(平一四・七・三一)”. 衆議院 (平成14-07-31). 2021年10月1日閲覧。地名は2002年(平成14年)当時のものである。
  7. ^ 18 選挙・市議会及び市職員”. 相模原市. 2021年10月1日閲覧。
  8. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年10月1日閲覧。地名は1994年(平成6年)当時のものである。

関連項目[編集]