田中和徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
田中 和德
たなか かずのり
Kazunori-tanaka-kawasaki.jpg
2014年
生年月日 (1949-01-21) 1949年1月21日(68歳)
出生地 日本の旗 山口県豊浦郡豊田町(現下関市
出身校 法政大学法学部法律学科
前職 斎藤文夫神奈川県議会議員秘書
所属政党 自由民主党山崎派甘利グループ麻生派
称号 法学士
親族 長男・田中徳一郎(神奈川県議会議員)
公式サイト 衆議院議員 田中和徳 公式WEBサイト

選挙区 比例南関東ブロック→)
神奈川10区→)
(比例南関東ブロック→)
神奈川10区
当選回数 7回
在任期間 1996年10月20日 - 現職

当選回数 1回
在任期間 1991年 - 1995年

当選回数 2回
在任期間 1983年 - 1991年
テンプレートを表示

田中 和德(たなか かずのり、1949年1月21日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(7期)。

環境副大臣第2次安倍内閣)、財務副大臣第1次安倍内閣)、外務大臣政務官第1次小泉第2次改造内閣第2次小泉内閣)、財務大臣政務官第1次小泉第1次改造内閣)、国土交通大臣政務官第1次小泉内閣)、衆議院財務金融委員長自由民主党国際局長等を務めた。

来歴[編集]

山口県豊浦郡豊田町(現下関市)の農家に生まれる[1]山口県立西市高等学校法政大学法学部法律学科卒業[1]。大学卒業後、斎藤文夫神奈川県議会議員(後に参議院議員)の秘書を務める[1]

1983年川崎市議会議員に初当選し、1987年に再選[1]1991年神奈川県議会議員選挙に鞍替えし、当選。1996年第41回衆議院議員総選挙神奈川10区から自由民主党公認で出馬し、神奈川10区では新進党前職の永井英慈に僅差で敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し当選した。2000年第42回衆議院議員総選挙では、神奈川10区で民主党から出馬した永井英慈を破り、再選。2001年第1次小泉内閣国土交通大臣政務官に任命され、引き続いて第1次小泉第1次改造内閣財務大臣政務官第1次小泉第2次改造内閣第2次小泉内閣外務大臣政務官を務めた[1]2006年第1次安倍内閣財務副大臣に任命された[1]2008年より衆議院財務金融委員長[1]2009年第45回衆議院議員総選挙では、神奈川10区で民主党の城島光力に僅差で敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し5選。

2010年に設置されたシャドウ・キャビネットでは、影の環境大臣に起用された[2]2011年、同じ山崎派に所属する甘利明が立ち上げた政策集団さいこう日本に参加[3]2012年第46回衆議院議員総選挙では、神奈川10区で前回敗れた城島を比例復活すら許さない大差で破り、6選。選挙後、石原伸晃の山崎派継承に伴い、石原派に参加せず退会した。第2次安倍内閣環境副大臣を務める[1]

2014年9月より自由民主党組織運動本部長。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、神奈川10区で民主党の城島を破り、7選。2016年、自由民主党国際局長に就任。2017年甘利明、田中同様に石原派への代替わりに反発して山崎派を退会した山際大志郎、無派閥の中山展宏福田峰之の5人で麻生派に入会した[4][5]

政策・主張[編集]

不祥事[編集]

人物[編集]

著書[編集]

  • 「この国を根こそぎ!信頼の監査制度の実現を(共著)」(東京プレスクラブ新書)ISBN 978-4-905156-06-2

主な所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 衆議院議員 田中和徳 公式サイト - プロフィール
  2. ^ 自由民主党シャドウ・キャビネット
  3. ^ “自民・甘利氏、政策グループ立ち上げ”. 日本経済新聞. (2011年6月22日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2201W_S1A620C1PE8000/ 2016年11月8日閲覧。 ||
  4. ^ “甘利明前経済再生相が麻生派へ、側近議員らも 麻生派は二階派を抜き党内第4派閥に”. 産経新聞. (2017年2月1日). http://www.sankei.com/politics/news/170201/plt1702010007-n1.html 2017年8月26日閲覧。 
  5. ^ “自民党麻生派、拡大路線まっしぐら 甘利明氏入会、谷垣グループ、山東派にも触手 くすぶる警戒論”. 産経新聞. (2017年2月10日). http://www.sankei.com/politics/news/170210/plt1702100005-n1.html 2017年8月26日閲覧。 
  6. ^ “<参政権>「成立へ邁進の時 神奈川」”. 民団新聞. (2008年3月26日). http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=19&newsid=9510 2008年3月26日閲覧。 
  7. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  8. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  9. ^ 第154回国会請願2311号
  10. ^ a b c d e “2014衆院選 神奈川10区 田中和徳”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A14010003003&st=tk 2017年8月27日閲覧。 
  11. ^ a b “2012衆院選 神奈川10区 田中和徳”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A14010002002 2017年8月27日閲覧。 
  12. ^ “暴力団関連会社にパーティー券/自民・田中氏側 06年に40万円”. しんぶん赤旗. (2011年10月23日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-10-23/2011102315_01_1.html 2017年8月27日閲覧。 
  13. ^ 日中国会議員書画展 田中和徳
  14. ^ “自・公・民66人に巨額献金/全国小売酒販政治連盟/本紙調べで判明”. しんぶん赤旗. (2005年8月19日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-08-19/2005081915_01_2.html 2017年8月27日閲覧。 
  15. ^ “ネット掲示板に国会議員殺害予告した無職男逮捕”. J-CASTニュース. (2009年4月3日). http://www.j-cast.com/2009/04/03038810.html 2009年4月3日閲覧。 
  16. ^ パチンコ・チェーンストア協会
  17. ^ “自民党新役員にも多数/カジノ議連メンバー”. しんぶん赤旗. (2014年9月15日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-09-15/2014091515_01_1.html 2017年8月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
原田義昭
日本の旗 衆議院財務金融委員長
2008年 - 2009年
次代:
玄葉光一郎
公職
先代:
生方幸夫
園田康博
日本の旗 環境副大臣
井上信治と共同

2012年 - 2013年
次代:
井上信治
北川知克
先代:
竹本直一
赤羽一嘉
日本の旗 財務副大臣
富田茂之と共同

2006年 - 2007年
次代:
遠藤乙彦
森山裕
先代:
新藤義孝
土屋品子
日出英輔
日本の旗 外務大臣政務官
吉田幸弘荒井正吾と共同
松宮勲荒井正吾と共同

2003年 - 2004年
次代:
小野寺五典
河井克行
福島啓史郎
先代:
砂田圭佑
吉田幸弘
日本の旗 財務大臣政務官
森山裕と共同

2002年 - 2003年
次代:
七条明
山下英利
先代:
今村雅弘
吉田六左ェ門
岩井國臣
日本の旗 国土交通大臣政務官
木村隆秀木村仁と共同

2001年 - 2002年
次代:
菅義偉
高木陽介
森下博之