田中和徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中 和德
たなか かずのり
Kazunori-tanaka-kawasaki.jpg
2014年
生年月日 1949年1月21日(67歳)
出生地 日本の旗山口県下関市
出身校 法政大学法学部
前職 斎藤文夫参議院議員秘書
川崎市議会議員
神奈川県議会議員
所属政党 自由民主党山崎派→無派閥)
称号 法学士
公式サイト 衆議院議員 田中和徳 公式WEBサイト

選挙区 比例南関東ブロック→)
神奈川10区→)
(比例南関東ブロック→)
神奈川10区
当選回数 7回
在任期間 1996年10月20日 - 現職

当選回数 1回

当選回数 2回
テンプレートを表示

田中 和德(たなか かずのり、1949年1月21日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(7期)、自民党組織運動本部長。神奈川県議会議員(1期)、川崎市議会議員(2期)を務めた。

2016年末現在、67歳・当選7回というベテランながら、大臣就任経験がない。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

山口県下関市豊田町出身。山口県立西市高等学校法政大学法学部法律学科卒業。大学卒業後、斎藤文夫参議院議員の神奈川県議会議員当時に秘書となる[1]。その後、川崎市議会議員を2期、神奈川県議会議員を1期務める。

衆議院議員[編集]

1996年第41回衆議院議員総選挙神奈川10区自由民主党から初出馬、小選挙区では新進党永井英慈に敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、初当選。2000年第42回衆議院議員総選挙以降、神奈川10区で3回連続当選。小泉内閣で国土交通大臣政務官財務大臣政務官外務大臣政務官(2期)を歴任し、2006年には、安倍内閣財務副大臣に就任した。また衆議院財務金融委員長も務めた[2]

2009年第45回衆議院議員総選挙では、神奈川10区で民主党城島光力に敗れたが、比例復活により5選。自民党初のシャドウ・キャビネットでは環境大臣[3]

2012年第46回衆議院議員総選挙では、神奈川10区で前回敗れた城島を比例復活も許さずに破って6選。所属派閥の山崎派が石原派に衣替えするのを受け、派閥を退会し無派閥となる。選挙後に発足した第2次安倍内閣では環境副大臣に就任(2013年に退任)。

2014年9月より自民党の組織運動本部長を務める。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、再び城島を比例復活も許さずに破り、7選。

政策・主張[編集]

不祥事[編集]

  • 田中の政治団体が、2006年に開催した政治資金パーティーで、指定暴力団稲川会系組長が取締役を務める企業にパーティー券を販売し、40万円を受領していたことが判明[14]。後日田中事務所が政治資金収支報告書の領収書訂正を関係機関に提出した[15]
  • 2011年、田中の元秘書の元川崎市議が覚せい剤取締法違反(共同所持)容疑で逮捕された[16]。しかしその後、取り調べにより無罪不起訴処分になっている[17]

政治献金[編集]

  • しんぶん赤旗の報道によると、全国小売酒販組合中央会の政治団体より、2003年までの3年間に85万円の献金を受けていた[18]

著書[編集]

  • 「この国を根こそぎ!信頼の監査制度の実現を(共著)」(東京プレスクラブ新書)ISBN 978-4-905156-06-2

主な所属団体・議員連盟[編集]

家族 親族[編集]

長男・田中徳一郎(政治家)
2011年と2015年の神奈川県議会選挙で川崎市幸区より立候補し、無投票当選している。所属政党は自民党神奈川支部。

その他[編集]

  • 日中国会議員書画展へ書画を提供している[22]
  • 2度の殺害予告事件 - 2011年11月、川崎市在住の37才無職の男が田中の殺害をネット上で予告したとして、神奈川県警川崎警察署逮捕された[23]。この男は2009年4月にも同じように田中への殺害予告を行っており、その時にも川崎警察署に逮捕されている[24]

脚注[編集]

  1. ^ 田中和徳オフィシャルサイト
  2. ^ 第170回国会 財務金融委員会議録 第1号 平成20年10月24日
  3. ^ 「自民党SC」
  4. ^ 民団新聞 2008年3月26日 http://www.mindan.org/sidemenu/sm_sansei_view.php?newsid=9510&page=4&subpage=130&sselect=&skey=
  5. ^ http://www2.asahi.com/senkyo2009/carta/O0401022.html
  6. ^ 日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会「歴史教科書への疑問 若手国会議員による歴史教科諸問題の総括」展転社[要ページ番号]
  7. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  8. ^ 第154回国会請願2311号
  9. ^ a b “2012衆院選 神奈川10区 田中和徳”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A14010002002 2014年3月11日閲覧。 
  10. ^ 第154回国会厚生労働委員会第25号平成14年7月17日
  11. ^ 第161回国会本会議第13号平成16年11月25日>
  12. ^ 第177回国会衆議院本会議35号平成23年7月28日田中和徳 答弁
  13. ^ 第180回国会環境委員会第 8号平成24年6月20日
  14. ^ 産経新聞 2011年10月22日
  15. ^ 官報 総務省告示第四十七号
  16. ^ 産経新聞 2011年10月26日
  17. ^ 読売新聞神奈川版 2011年12月2日
  18. ^ しんぶん赤旗、2005年8月19日
  19. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  20. ^ パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)
  21. ^ 「自民党新役員にも多数、カジノ議連メンバー」、しんぶん赤旗、2014年9月15日
  22. ^ [1]NPO法人日中国会議員書画展実行委員会
  23. ^ ネットで自民議員の殺害予告=脅迫容疑で37歳男逮捕―神奈川県警(時事)
  24. ^ ネット掲示板に国会議員殺害予告した無職男逮捕

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
原田義昭
日本の旗 衆議院財務金融委員長
2008年 - 2009年
次代:
玄葉光一郎
公職
先代:
生方幸夫
園田康博
日本の旗 環境副大臣
井上信治と共同
2012年 - 2013年
次代:
井上信治
北川知克
先代:
竹本直一
赤羽一嘉
日本の旗 財務副大臣
富田茂之と共同
2006年 - 2007年
次代:
遠藤乙彦
森山裕