三重県第5区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗三重県第5区
行政区域 2017年廃止
(2017年7月16日現在)
比例区 廃止
設置年 1994年
廃止年 2017年
選出議員 三ツ矢憲生
有権者数 (2017年7月区割変更前)
276,904人
1.19 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

三重県第5区(みえけんだい5く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。2017年に廃止され、4区の区域に変更されている。

区域[編集]

歴史[編集]

三重県は北部では新生党新進党の流れをくむ民主党の勢力が強く、民主王国とされるが、この三重5区は自由民主党が強い選挙区である。北部の伊勢市では勢力が拮抗しているが、南部の志摩地方・東紀州地方は自民党の牙城となっている。

長らく元内閣官房長官藤波孝生地盤としており、根強い支持を持っていたが、リクルート事件で有罪判決を受けたことに対する批判も多く、当時は決して自民党にとっての盤石な地盤ではなかった。

その後、2003年の衆院選前に藤波が引退し、後継争いとなったが、公認を受けた三ツ矢憲生に支持が集まり、民主党の候補に比例復活を許さない程の保守王国となっていた。自民党に対し強い逆風が吹いた第45回衆議院議員総選挙では民主党候補に2,811票差まで詰められ、比例復活を許したが、第46回衆議院議員総選挙では再び比例復活を許さず圧勝した。

2017年6月9日に改正公職選挙法が成立し、同年7月15日に施行されて、三重県第5区は廃止された。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 藤波孝生 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 藤波孝生 無所属
第43回衆議院議員総選挙 2003年 三ツ矢憲生 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 三ツ矢憲生 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 三ツ矢憲生 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 三ツ矢憲生 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 三ツ矢憲生 自由民主党

選挙結果[編集]

第47回衆議院議員総選挙 三重県第5区

当日有権者数:276,155人 最終投票率:58.62%(前回比:-4.65ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
三ツ矢憲生 64 自由民主党 86,104票 54.4% 公明党
藤田大助 38 民主党 58,884票 37.2%
内藤弘一 50 日本共産党 13,170票 8.3%
第46回衆議院議員総選挙 三重県第5区

当日有権者数:281,210人 最終投票率:63.27%(前回比:-10.82ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
三ツ矢憲生 62 自由民主党 101,327票 58.9% 公明党
藤田大助 36 民主党 56,489票 32.8%
内藤弘一 48 日本共産党 14,293票 8.3%
第45回衆議院議員総選挙 三重県第5区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
三ツ矢憲生 58 自由民主党 105,188票 49.9%
比当 藤田大助 32 民主党 102,377票 48.6%
大原忍 58 幸福実現党 3,228票 1.5%
第44回衆議院議員総選挙 三重県第5区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
三ツ矢憲生 54 自由民主党 117,768票 55.9%
金子洋一 43 民主党 83,737票 39.8%
谷中三好 45 日本共産党 9,003票 4.3%
第43回衆議院議員総選挙 三重県第5区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
三ツ矢憲生 52 自由民主党 111,840票 57.7%
金子洋一 41 民主党 71,937票 37.1%
長坂正春 52 日本共産党 8,251票 4.3%
山中精一 71 無所属 1,928票 1.0% ×
  • 前回、比例で復活当選した山村健は出馬を断念した。
第42回衆議院議員総選挙 三重県第5区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
藤波孝生 67 無所属 85,254票 46.2% ×
比当 山村健 43 民主党 82,222票 44.5%
黒木騎代春 46 日本共産党 17,168票 9.3%
  • 藤波は有罪が確定したため自民党を離党し無所属で出馬。
  • 山村はその後、代表選への対応に抗議し離党。政党・尊命に参加した。
第41回衆議院議員総選挙 三重県第5区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
藤波孝生 63 自由民主党 115,959票 72.8%
黒木騎代春 42 日本共産党 43,344票 27.2%

関連項目[編集]