宮城県第5区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗宮城県第5区
衆議院小選挙区 宮城県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 石巻市東松島市大崎市(旧三本木町松山町鹿島台町田尻町域)、宮城郡松島町黒川郡大郷町遠田郡牡鹿郡本吉郡
(2017年7月16日現在)
比例区 東北ブロック
設置年 1994年2013年2017年区割変更)
選出議員 安住淳
有権者数 258,762人
1.1 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2019年9月登録日)
テンプレートを表示

宮城県第5区(みやぎけんだい5く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年の区割変更に伴い、4区から大崎市の旧三本木町松山町鹿島台町の区域が5区に移行した。また2017年の区割り変更により、4区から宮城郡松島町及び黒川郡大郷町の区域が、6区から本吉郡南三陸町の区域が、5区へ移行した。

歴史[編集]

もともと、旧宮城2区の中でもこの5区を含む地域は石巻出身で社会民主党から民主党結党に参加し、第1次橋本内閣郵政大臣なども務めた日野市朗地盤であった。

しかし第41回衆議院議員総選挙からの小選挙区制導入によって宮城5区は牡鹿町長を務めた安住重彦を父に持つ安住淳が党に公認されたため、日野は比例東北ブロック単独に回った。当初はコスタリカ方式により安住・日野がそれぞれ選挙区・比例区から交互に立候補する予定であったが、日野の後援会の高齢化などにより、2000年第42回衆議院議員総選挙でも安住が引き続き宮城5区から立候補し、以後も連続して議席を守り続けている民主王国の一つである。また、原発政策が争点となった2012年第46回衆議院議員総選挙において、原発立地の自治体が入る小選挙区で唯一、民主党候補が当選した選挙区である。

2012年第46回衆議院議員総選挙2014年第47回衆議院議員総選挙では、自由民主党の候補者がいずれも安住に大差をつけられたものの、他の東北ブロックの自民党候補者が軒並み小選挙区で当選したため、いずれも比例復活で当選しているが、2017年第48回衆議院議員総選挙では希望の党の公認から排除され無所属での出馬を余儀なくされた安住が勝沼に比例復活を許さず大勝した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 安住淳 民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年)
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年)
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 無所属

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 宮城県第5区

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:263,675人 最終投票率:54.01%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
安住淳55無所属89,423票
63.9%
――×
勝沼栄明42自由民主党50,496票
36.1%
56.5%公明党日本のこころ推薦
第47回衆議院議員総選挙 宮城県第5区

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
安住淳52民主党64,753票
59.5%
――
比当勝沼栄明40自由民主党34,293票
31.5%
53.0%公明党推薦
高村直也31日本共産党9,763票
9.0%
15.1%
  • 自民党前職の大久保三代はこの選挙に先んじて公認取り消しとなり、支部長を解任。代わって第46回に比例北海道ブロック単独で当選した勝沼が転入し、立候補者となった。
第46回衆議院議員総選挙 宮城県第5区

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
安住淳50民主党62,928票
57.9%
――
比当大久保三代36自由民主党30,138票
27.7%
47.9%公明党推薦
阿部信子49日本未来の党8,029票
7.4%
12.8%
渡辺昌明59日本共産党6,046票
5.6%
9.6%
首藤博敏53無所属1,621票
1.5%
2.6%×
第45回衆議院議員総選挙 宮城県第5区

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
安住淳47民主党89,484票
58.6%
――
斎藤正美54自由民主党63,303票
41.4%
70.7%
第44回衆議院議員総選挙 宮城県第5区

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
安住淳43民主党78,205票
50.7%
――
斎藤正美50自由民主党68,485票
44.4%
87.6%
高野博62日本共産党7,691票
5.0%
9.8%
第43回衆議院議員総選挙 宮城県第5区

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
安住淳41民主党73,135票
50.7%
――
斎藤正美48自由民主党64,122票
44.5%
87.7%
高野博60日本共産党6,853票
4.8%
9.4%
第42回衆議院議員総選挙 宮城県第5区

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
安住淳38民主党69,459票
47.2%
――
土井喜美夫56自由民主党68,237票
46.4%
98.2%
原伸雄58日本共産党9,355票
6.4%
13.5%
第41回衆議院議員総選挙 宮城県第5区

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
安住淳34民主党54,550票
40.1%
――
土井喜美夫53新進党50,139票
36.8%
91.9%
二見剛51自由民主党16,407票
12.1%
30.1%
須田吉隆48社会民主党8,122票
6.0%
14.9%
内藤隆司38日本共産党6,854票
5.0%
12.6%

関連項目[編集]