北海道第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗北海道第1区
衆議院小選挙区 北海道拡大枠.svg衆議院小選挙区 北海道石狩振興局.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 札幌市中央区南区西区4区に属しない地域)・北区鉄西連合町内会管内)
(2017年7月16日現在)
比例区 北海道ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 道下大樹
有権者数 45万1734人
1.953 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

北海道第1区(ほっかいどうだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

2017年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

  • 札幌市
    • 中央区
    • 南区
    • 西区

歴史[編集]

1996年(平成8年)の小選挙区制施行から5回連続で横路孝弘が当選していた民主王国であったが、2012年(平成24年)の第46回衆議院議員総選挙では自由民主党の新人、船橋利実が接戦の末に横路を破り、初当選した(横路は比例復活で当選)。2014年(平成26年)の第47回衆議院議員総選挙では横路が船橋から議席を取り戻した。

2016年には横路が引退を表明。2017年(平成29年)10月の第48回衆議院議員総選挙では、横路の後継で立憲民主党から出馬した道下大樹と船橋の一騎打ちとなったが、道下が初当選した。船橋も、道内自民党小選挙区落選者で唯一、比例復活当選を果たした。2021年(令和3年)10月の第49回衆議院議員総選挙でも、前回船橋を推薦した新党大地の推薦を受けて日本維新の会が候補者を擁立するなか、野党統一候補となった道下が競り勝ち、船橋は前回より差を縮め、約90%の惜敗率を記録したが、比例復活できなかった。

全国でも一票の格差が大きい選挙区のひとつであり、有権者数は道内最多。2009年(平成21年)9月時点での推計人口は574,196人であった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年平成8年) 横路孝弘 民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年)
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 船橋利実 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 横路孝弘 民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 道下大樹 立憲民主党
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年) 立憲民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 北海道第1区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:45万946人 最終投票率:59.13% (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
道下大樹45立憲民主党118,286票
45.33%
――社会民主党北海道連合推薦
船橋利実60自由民主党106,985票
41.00%
90.45%公明党推薦
小林悟57日本維新の会35,652票
13.66%
30.14%新党大地推薦
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 北海道第1区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:44万3008人 最終投票率:60.27% (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
道下大樹41立憲民主党139,110票
53.48%
――
比当船橋利実56自由民主党120,987票
46.52%
86.97%公明党・新党大地推薦
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 北海道第1区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:49万592人 最終投票率:56.23%(前回比:減少2.48%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
横路孝弘73民主党116,398票
43.47%
――
船橋利実54自由民主党105,918票
39.55%
91.00%公明党推薦
野呂田博之56日本共産党32,031票
11.96%
27.52%
飯田佳宏41無所属13,444票
5.02%
11.55%×
  • 船橋の105,918票は、落選した候補者の中で全国最多得票だった。
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 北海道第1区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:48万4486人 最終投票率:58.71%(前回比:減少13.39%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
船橋利実52自由民主党86,034票
31.07%
――公明党推薦
比当横路孝弘71民主党79,994票
28.89%
92.98%国民新党推薦
大竹智和35日本維新の会46,681票
16.86%
54.26%みんなの党推薦
清水宏保38新党大地44,845票
16.20%
52.12%日本未来の党推薦
野呂田博之54日本共産党19,340票
6.98%
22.48%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 北海道第1区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:47万5525人 最終投票率:72.10%(前回比:増加2.76%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
横路孝弘68民主党183,216票
54.30%
――
長谷川岳38自由民主党124,343票
36.85%
67.87%
松井秀明40日本共産党25,803票
7.65%
14.08%
高元和枝59幸福実現党4,083票
1.21%
2.23%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 北海道第1区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:46万581人 最終投票率:69.34%(前回比:増加10.22%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
横路孝弘64民主党143,564票
45.73%
――
三品孝行39自由民主党128,166票
40.83%
89.27%
横山博子63日本共産党25,481票
8.12%
17.75%
秋元正博49新党大地16,698票
5.32%
11.63%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 北海道第1区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:45万744人 最終投票率:59.12%(前回比:減少2.73%) (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
横路孝弘62民主党143,987票
55.44%
――
三品孝行37自由民主党89,758票
34.56%
62.34%
横山博子61日本共産党25,995票
10.01%
18.05%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 北海道第1区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 最終投票率:61.85% (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
横路孝弘59民主党132,514票
50.70%
――
木本由孝56自由民主党76,047票
29.09%
57.39%
小村貞三53日本共産党32,267票
12.34%
24.35%
八田信之55自由党20,554票
7.86%
15.51%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 北海道第1区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
横路孝弘55民主党102,577票
45.88%
――
馬杉栄一50自由民主党56,265票
25.17%
54.85%
小村貞三49日本共産党32,703票
14.63%
31.88%
長谷川岳25無所属32,019票
14.32%
31.21%×

脚注[編集]

関連項目[編集]