宮城県第6区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗宮城県第6区
衆議院小選挙区 宮城県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 気仙沼市栗原市登米市大崎市(旧古川市岩出山町鳴子町域)
(2017年7月16日現在)
比例区 東北ブロック
設置年 1994年2013年2017年区割変更)
選出議員 小野寺五典
有権者数 266,414人
1.11 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2017年9月1日)
テンプレートを表示

宮城県第6区(みやぎけんだいろっく)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年の区割変更に伴い、旧古川市の区域は4区から6区に移行した。また2017年の区割り変更により、本吉郡南三陸町の区域が6区から5区に移行した。

歴史[編集]

小選挙区制実施以降、唯一「再補欠選挙」が行われた選挙区である。

中選挙区時代から菊池福治郎と、初代環境庁長官を務めた大石武一を父に持つ大石正光が議席を争ってきた。1996年の第41回衆議院議員総選挙では自民党の菊池が新進党の大石を破り当選。しかし後に菊池の長男が選挙違反で逮捕され、連座制の対象となった菊池は議員辞職。そのまま政界引退に追い込まれた。補欠選挙では、菊池の遠縁にあたる小野寺五典が菊池の後継として出馬し、初当選した。この補選には、1996年の総選挙で落選後、新進党を離党し、自民党に復党を申請したが受け入れられなかった大石も無所属で出馬していたが小野寺に敗れた。

しかし、小野寺も公職選挙法違反(支持者への線香セット配布)が発覚し、2000年に議員辞職。史上初の再補欠選挙が実施され、民主党に入党していた大石が当選し、同年の総選挙でも再選された。

2003年の第43回衆議院議員総選挙では公民権停止期間が終了した小野寺が再出馬した。小野寺の支持基盤がある6区最大の大票田・気仙沼市は、党派を超えて地元候補を徹底的に支持する傾向があり(俗に気仙沼モンローとも呼ばれる)、また事件に対しても有権者が同情的であったため、大石に圧勝して返り咲いた。

2005年の第44回衆議院議員総選挙以降も小野寺が大差で当選を重ねている。自民党に猛烈な逆風が吹いた2009年の第45回衆議院議員総選挙でさえも社会民主党菅野哲雄比例復活すら許さない大差で圧勝した。なお選挙協力の関係から、この時民主党は宮城6区には候補者を擁立していなかった。第45回衆議院議員総選挙において宮城県内で唯一自民党が議席を獲得した選挙区で、東日本大震災の津波被災地で唯一、発生当時の議員議席が自民党であった選挙区でもある。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 菊池福治郎 自由民主党
第41回衆議院議員補欠選挙 1997年(平成9年) 小野寺五典 自由民主党 ※菊池の公選法違反に伴う。
第41回衆議院議員補欠選挙 2000年(平成12年) 大石正光 民主党 ※小野寺の公選法違反に伴う。
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 大石正光 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 小野寺五典 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 小野寺五典 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 小野寺五典 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 小野寺五典 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 小野寺五典 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 小野寺五典 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 宮城県第6区

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年10月22日
当日有権者数:265,726人 最終投票率:55.27%(前回比:+3.10ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小野寺五典57自由民主党123,871票
85.7%
――公明党日本のこころ
横田有史73日本共産党20,638票
14.3%
16.7%
第47回衆議院議員総選挙 宮城県第6区

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年12月14日
当日有権者数:278,590人 最終投票率:52.17%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小野寺五典54自由民主党101,223票
70.6%
――公明党
鎌田さゆり49民主党32,797票
22.9%
32.4%
内藤隆司56日本共産党9,351票
6.5%
9.2%
第46回衆議院議員総選挙 宮城県第6区

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小野寺五典52自由民主党97,405票
78.1%
――公明党
鎌田さゆり47民主党20,961票
16.8%
21.5%
高村直也29日本共産党6,349票
5.1%
6.5%
第45回衆議院議員総選挙 宮城県第6区

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小野寺五典49自由民主党100,832票
63.7%
――
菅野哲雄60社会民主党54,133票
34.2%
53.7%
氏家次男61幸福実現党3,346票
2.1%
3.3%
第44回衆議院議員総選挙 宮城県第6区

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小野寺五典45自由民主党100,359票
63.5%
――
比当菅野哲雄56社会民主党49,263票
31.2%
49.1%
近江寿63日本共産党8,354票
5.3%
8.3%
第43回衆議院議員総選挙 宮城県第6区

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小野寺五典43自由民主党82,750票
50.7%
――
大石正光58民主党58,420票
35.8%
70.6%
菅野哲雄55社会民主党17,772票
10.9%
21.5%
近江寿61日本共産党4,256票
2.6%
5.1%
第42回衆議院議員総選挙 宮城県第6区

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大石正光55民主党59,588票
37.7%
――
佐藤久一郎50自由民主党44,629票
28.2%
74.9%
比当菅野哲雄51社会民主党41,170票
26.0%
69.1%
芳賀芳昭58日本共産党7,427票
4.7%
12.5%
伊藤智巳38無所属5,448票
3.4%
9.1%×
第41回衆議院議員補欠選挙 宮城県第6区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
大石正光55民主党 54,735票
47.5%
菅野哲雄51社会民主党40,097票
34.8%
伊藤智巳38無所属11,076票
9.6%
芳賀芳昭58日本共産党9,324票
8.1%
第41回衆議院議員補欠選挙 宮城県第6区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
小野寺五典37自由民主党 73,881票
49.4%
大石正光52無所属66,955票
44.8%
芳賀芳昭55日本共産党8,660票
5.8%
第41回衆議院議員総選挙 宮城県第6区

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
菊池福治郎71自由民主党70,765票
45.0%
――
大石正光51新進党70,114票
44.6%
99.1%
芳賀芳昭54日本共産党8,171票
5.2%
11.5%
三上良喜72民主党7,566票
4.8%
10.7%
千葉佳男66自由連合757票
0.5%
1.1%

関連項目[編集]