兵庫県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗兵庫県第2区
衆議院小選挙区 兵庫県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 神戸市兵庫区北区長田区西宮市(旧塩瀬村山口村域)
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 赤羽一嘉
有権者数 38万6742人
1.672 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

兵庫県第2区(ひょうごけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2017年の区割り変更により、西宮市北部に位置する山口支所と塩瀬支所の管内が7区より移行している。

神戸市中心部に近く、沿岸部に位置する下町・工業・港湾地帯であり、阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた兵庫区と長田区、六甲山地の向こう側に位置し、鈴蘭台北神地区などの新興住宅地や有馬温泉を擁し、山田錦などの栽培で農業も栄えている北区、西宮市中心部から離れた地域とはいえ、西宮名塩ニュータウン武田尾温泉を擁し、北区と同様の街並みを抱える西宮市北部で構成されている。このため、各地域の環境は異なりかつ距離感もあり、また有権者意識にも大きな差がある。

2017年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

  • 神戸市
    • 兵庫区
    • 北区
    • 長田区

歴史[編集]

1996年は新進党のブームに乗り、2000年以降は選挙協力により自由民主党が候補を擁立しなかったため公明党赤羽一嘉が連続で当選し続け、兵庫8区と同様に比例復活も含めて自民党の議員が1人も選出されていない数少ない選挙区の1つとなっている。2000年の第42回衆議院議員総選挙では、兵庫県独自の枠組みによる「連合・五党協」の影響から民主党も候補を擁立できず、兵庫8区のように保守系候補が無所属で出馬することもなかったため「『公明・共産・自由連合』の究極の選択」と揶揄された。

その後の第43回衆議院議員総選挙からは公明党と民主党による本格的な与野党対決となる。第43・44回は赤羽が制したが、第45回は民主党の新人向山好一が民主党への強力な追い風に乗り初当選した。第46回では赤羽が向山を大差で破って返り咲いた。第47回でも赤羽が向山を下して当選。その後、向山は兵庫県議会議員に転じた。区割変更後最初の総選挙となった第48回でも赤羽が無所属で出馬した舩川治郎を破り当選を果たしている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 赤羽一嘉 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 公明党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 向山好一 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 赤羽一嘉 公明党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 兵庫県第2区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:38万5611人 最終投票率:50.97%(前回比:増加4.99%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤羽一嘉63公明党99,455票
54.21%
――自由民主党推薦
舩川治郎54立憲民主党61,884票
33.73%
62.22%国民民主党兵庫県総支部連合会推薦
宮野鶴生64日本共産党22,124票
12.06%
22.25%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 兵庫県第2区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:39万1704人 最終投票率:45.98%(前回比:減少2.03%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤羽一嘉59公明党89,349票
52.53%
――自由民主党推薦
舩川治郎50無所属41,238票
24.24%
46.15%×
平松順子68日本共産党39,502票
23.22%
44.21%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 兵庫県第2区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:35万3378人 最終投票率:48.01%(前回比:減少7.15%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤羽一嘉56公明党78,131票
49.29%
――自由民主党推薦
向山好一57民主党48,796票
30.79%
62.45%
平松順子65日本共産党31,575票
19.92%
40.41%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 兵庫県第2区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:55.16% (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤羽一嘉54公明党87,969票
47.32%
――自由民主党、日本維新の会推薦
向山好一55民主党43,900票
23.62%
49.90%
五島大亮35無所属30,658票
16.49%
34.85%×
貫名ユウナ61日本共産党23,367票
12.57%
26.56%
  • 五島は2013年に執行された神戸市議会議員補欠選挙(北区選挙区)に出馬し、当選。
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 兵庫県第2区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
向山好一52民主党111,208票
48.94%
――
赤羽一嘉51公明党88,502票
38.95%
79.58%
井村弘子63日本共産党23,041票
10.14%
20.72%
竹内知弘45幸福実現党4,485票
1.97%
4.03%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 兵庫県第2区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤羽一嘉47公明党106,056票
48.08%
――
泉房穂42民主党83,380票
37.80%
78.62%
平松順子55日本共産党31,155票
14.12%
29.38%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 兵庫県第2区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤羽一嘉45公明党83,379票
43.21%
――
比当泉房穂40民主党80,061票
41.49%
96.02%
平松順子54日本共産党29,510票
15.29%
35.39%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 兵庫県第2区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤羽一嘉42公明党79,750票
43.26%
――
平松順子50日本共産党66,820票
36.25%
83.79%
桜井良生44自由連合37,762票
20.49%
47.35%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 兵庫県第2区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
赤羽一嘉38新進党63,676票
34.19%
――
奥谷通45自由民主党54,570票
29.30%
85.70%
井村弘子50日本共産党34,699票
18.63%
54.49%
高見裕一40新党さきがけ30,537票
16.40%
47.96%
清水和一郎58さわやか神戸市民の会2,744票
1.47%
4.31%

脚注[編集]

関連項目[編集]