東京都第22区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗東京都第22区
衆議院小選挙区 東京都2.svg衆議院小選挙区 凡例(都).svg
行政区域 三鷹市調布市狛江市稲城市21区に属しない区域)
(2017年7月16日現在)
比例区 東京ブロック
設置年 1994年2002年2017年区割変更)
選出議員 伊藤達也
有権者数 48万847人
2.079 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

東京都第22区(とうきょうとだい22く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2017年の区割変更により、稲城市の一部が本区から21区に移行している。

2002年から2017年までの区域[編集]

2002年平成14年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]。2002年の区割変更により、府中市が本区から18区に、三鷹市が18区から本区に移行した。

  • 三鷹市
  • 調布市
  • 狛江市
  • 稲城市

2002年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[4]

歴史[編集]

本選挙区の設置以後、2000年を除き、伊藤達也新進党自民党)と山花貞夫山花郁夫父子(民主党立憲民主党)による争いが続いている。

選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 伊藤達也 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 山花郁夫 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年 伊藤達也 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 山花郁夫 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 伊藤達也 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 東京都第22区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:47万8721人 最終投票率:60.01%(前回比:増加4.28%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
伊藤達也60自由民主党131,351票
46.87%
――公明党推薦
山花郁夫54立憲民主党112,393票
40.10%
85.57%
櫛渕万里54れいわ新選組31,981票
11.41%
24.35%
長谷川洋平44NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で4,535票
1.62%
3.45%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 東京都第22区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:46万5616人 最終投票率:55.73%(前回比:減少0.37%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
伊藤達也56自由民主党110,493票
43.39%
――公明党推薦
比当山花郁夫50立憲民主党91,073票
35.76%
82.42%
金ヶ崎絵美41希望の党30,236票
11.87%
27.36%
阿部真43日本共産党22,859票
8.98%
20.69%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 東京都第22区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:46万6769人 最終投票率:56.10%(前回比:減少8.34%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
伊藤達也53自由民主党116,757票
45.96%
――公明党推薦
山花郁夫47民主党80,014票
31.50%
68.53%
坂内淳53日本共産党36,980票
14.56%
31.67%
鹿野晃41次世代の党20,288票
7.99%
17.38%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 東京都第22区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:46万2725人 最終投票率:64.44%(前回比:減少3.48%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
伊藤達也51自由民主党115,290票
40.04%
――公明党
山花郁夫45民主党66,210票
23.00%
57.43%国民新党推薦
鹿野晃39日本維新の会40,698票
14.14%
35.30%
津山謙39みんなの党37,805票
13.13%
32.79%
坂内淳51日本共産党25,740票
8.94%
22.33%
井原義博57幸福実現党2,180票
0.76%
1.89%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 東京都第22区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:45万9207人 最終投票率:67.92%(前回比:増加1.59%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山花郁夫42民主党154,904票
50.58%
――
伊藤達也48自由民主党117,315票
38.30%
75.73%公明党推薦
吉岡正史35日本共産党28,556票
9.32%
18.43%
辻村智子36幸福実現党5,501票
1.80%
3.55%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 東京都第22区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:44万2182人 最終投票率:66.33%(前回比:増加7.44%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
伊藤達也44自由民主党150,404票
52.10%
――
山花郁夫38民主党107,417票
37.21%
71.42%
若林義春55日本共産党28,356票
9.82%
18.85%
山下万葉25無所属2,483票
0.86%
1.65%×
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 東京都第22区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:43万2492人 最終投票率:58.89%(前回比:減少1.97%) (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山花郁夫36民主党113,931票
45.91%
――
比当伊藤達也42自由民主党105,385票
42.46%
92.50%
若林義春53日本共産党24,859票
10.02%
21.82%
佐藤盛隆55無所属4,001票
1.61%
3.51%×
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 東京都第22区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日
当日有権者数:45万6184人 最終投票率:60.86%(前回比:減少5.52%) (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山花郁夫33民主党104,132票
38.85%
――
進藤勇治48自由民主党77,761票
29.01%
74.68%
鈴木盛夫34自由党39,503票
14.74%
37.94%
岡田隆郎61日本共産党38,318票
14.30%
36.80%
酒井松美59無所属5,635票
2.10%
5.41%×
友野康治34自由連合2,687票
1.00%
2.58%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 東京都第22区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 最終投票率:55.34% (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
伊藤達也35新進党69,707票
29.57%
――
比当山花貞夫60民主党63,974票
27.14%
91.78%
進藤勇治44自由民主党49,837票
21.14%
71.49%
松田佳子59日本共産党35,762票
15.17%
51.30%
比当保坂展人40社会民主党13,904票
5.90%
19.95%
佐藤和友47新社会党2,526票
1.07%
3.62%
  • 保坂の得票率5.89%の比例復活は比例復活者の得票率最低記録。(現在は得票率10%未満の場合比例復活資格を失うため、記録が破られることは改正のない限り不可能)なお、保坂はこののち6区、さらに8区に国替え。

脚注[編集]

関連項目[編集]