新井将敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
新井将敬
あらい しょうけい
生年月日 1948年1月12日
出生地 大阪府大阪市
没年月日 1998年2月19日(満50歳没)
死没地 東京都港区
出身校 東京大学経済学部
前職 大蔵省官僚
所属政党 (自由民主党→)
自由党→)
新進党→)
無所属→)
自由民主党

選挙区 東京都第2区→)
東京都第4区
当選回数 4回
在任期間 1986年7月7日 - 1998年2月19日
テンプレートを表示

新井 将敬(あらい しょうけい)、1948年1月12日 - 1998年2月19日)は、日本政治家大蔵官僚大阪府出身。 

来歴・人物[編集]

大阪市生まれ。大阪市立菅南中学校を経て大阪府立北野高等学校卒業。東京大学理科一類に入学。在学中は三島由紀夫カール・マルクスに傾倒していた。衆議院議員になってからも学生運動に関するインタビューなどを受けている。

東大経済学部卒業後、一時新日本製鐵に勤務。兵庫県広畑製鉄所に配属されていた。その後、1973年大蔵省に入省。同期は金田勝年法務大臣)、佐藤隆文(元金融庁長官)、加藤秀樹(元内閣府行政刷新会議事務局長)、森信茂樹(元財務省財務総合政策研究所長)などで、東大紛争による東大入試中止の年次にあたる。

キャリア官僚としての経歴は、29歳で酒田税務署長を務め、銀行局課長補佐に就任する。当時、勢力拡大のため若手官僚を取り込んでいた渡辺美智雄の目にとまり、1980年渡辺が大蔵大臣に就任すると秘書官に抜擢され活躍する。代表的なものが、証券界が渇望していた小口預金的商品「中期国債ファンド」の導入である。銀行筋からの強い抵抗を押し切り、これに成功した。このときの証券業界の幹事が日興証券(現SMBC日興証券)であり、これを契機に両者の深い関係が始まり、後述の事件へとつながる。

1983年第37回衆議院議員総選挙自由民主党中曽根派新人候補として旧東京2区から初出馬するも落選。この選挙で、対立候補であった石原慎太郎陣営から新井の出自を「元北朝鮮人」とする流言(朝鮮籍=北朝鮮人を意味しないため、明らかな虚偽)を新井の選挙ポスターに貼り付ける黒シール事件が起こり、石原を告訴している(後に告訴取り下げ)。石原は当初「秘書が勝手にやった」と発言していたが、民族的出自を誹謗したことに関しては「選挙民は立候補した人のパーソナルヒストリーを知る権利がある」とした。新井はこの事件をきっかけに右翼活動家野村秋介と知り合い、終生つきあうこととなる。

1986年第38回衆議院議員総選挙で初当選し以後連続4回当選する。このとき、新井が大蔵省に入省したときの事務次官後援会の初代会長も務めた鳩山威一郎の長男鳩山由紀夫は新井の選挙区内(東京都大田区)の住民であるにもかかわらず、北海道4区から出馬して当選、新井と同期になった(当選同期に斉藤斗志二三原朝彦村井仁逢沢一郎金子一義武村正義杉浦正健園田博之中山成彬谷津義男笹川堯武部勤井出正一村上誠一郎など)。自民党では中曽根康弘→渡辺美智雄派に所属した。

1992年東京佐川急便事件が発覚すると、疑惑が取りざたされた金丸信自民党副総裁を激しく批判し、金丸と竹下登に対して議員辞職を要求する。政治改革・小選挙区制導入の是非が政局の焦点になると、改革派の若手論客としてテレビに出演し、脚光を浴びるようになる。赤城徳彦らも当時、新井と行動をともにした。新井の言説は歯切れがよく、金丸が率いていた竹下派の議員だけでなく、小選挙区制導入反対の急先鋒だった小泉純一郎や石原慎太郎をも「守旧派」と断じ批判した。1993年自民党の分裂では自民党に残るが、細川護煕の後継をめぐる渡辺美智雄擁立劇では先行離党し、柿沢弘治太田誠一佐藤静雄山本拓高市早苗米田建三らと自由党を結成する。その後、院内会派自由改革連合を結成。

1994年12月、新進党結党に参加し、新進党東京都連では幹事長を務めたが、小沢一郎の党運営への反発から1996年6月に離党する。その後、初の小選挙区制で行われた第41回衆議院議員総選挙にも無所属で出馬し、自民党公認を得ていた中選挙区時代からの対立候補・大内啓伍を破って再選。選挙後、同じく新進党を離党し無所属で再選した船田元石破茂(新井と同じく86年衆院選当選同期)らと新会派「21世紀」を経て自民党に復党した。復党後はかつて所属していた渡辺派ではなく、三塚派に所属した。同派入りは、当時の三塚派幹部だった亀井静香の働きかけによるものである。

その後、一連の証券スキャンダルでの借名口座による株取引が問題化。更に日興証券(現:SMBC日興証券)に利益要求していたという疑惑も浮かび上がる。保坂展人によれば、新井は自身の逮捕許諾請求をめぐる議院運営委員会において当時の法務大臣下稲葉耕吉に抗議したとされている[1]

1998年2月19日、衆議院議院運営委員会で逮捕許諾決議が可決されて本会議で逮捕許諾決議が採決される直前に『最後の言葉だけは聞いてください。私は潔白です』と発言した翌日、東京都港区のホテルパシフィック東京23128号室[2][3]で首を吊った死体として発見された。部屋にはウイスキーの空き瓶が沢山落ちていたという。新聞報道や警察は自殺と判断したが、動機や他殺を疑うなど諸説あり、いまだ明らかになっていない。夫人宛と亀井静香宛ての遺書が残されていたとの説もある。[4]

真理子夫人は当初、「夫の潔白を証明するために出馬を決心した」と東京都第4区の補欠選挙に意欲を見せていたが、結局は出馬しなかった。

著書・参考文献[編集]

新井を取り上げた書物[編集]

自著[編集]

新井将敬の秘書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 保坂展人 どこどこ日記 2009年5月31日
  2. ^ 平成十年二月二十日『産経新聞』朝刊2008年2月20日
  3. ^ 安部譲二2002『日本怪死人列伝』産経新聞ニュースサービス
  4. ^ 正論 平成10年5月号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]