山岸一生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山岸 一生
やまぎし いっせい
生年月日 (1981-08-28) 1981年8月28日(40歳)
出生地 日本の旗 東京都三鷹市
出身校 東京大学法学部
前職 朝日新聞記者
所属政党旧立憲民主党→)
立憲民主党
公式サイト 山岸一生公式サイト

選挙区 東京9区
当選回数 1回
在任期間 2021年10月31日 - 現職
テンプレートを表示

山岸 一生(やまぎし いっせい、1981年(昭和56年)8月28日 - )は、日本政治家新聞記者立憲民主党所属の衆議院議員(1期)。

来歴[編集]

東京都三鷹市出身[1]。川崎市立末長小学校、筑波大学附属駒場中学校・高等学校卒業。2004年3月、東京大学法学部卒業。同年、朝日新聞社に記者として勤務[2]。専門は政治報道で、2010年からはいわゆる「総理番」となり、政治部記者として全国を回った[3]

2019年5月に朝日新聞社を退社し[3]、7月の第25回参議院議員通常選挙東京都選挙区から旧立憲民主党公認で立候補。選対本部長に菅直人が就任し、同じ立憲民主党の塩村文夏とのいわゆる「地区割り」で多摩地域と23区北西部を主なエリアとすることになる[3]自由民主党武見敬三日本維新の会音喜多駿と激しい争いを繰り広げたが、次点で落選した[3]。同年11月5日、立憲民主党都連は次期衆院選に向け、山岸を東京都第9区総支部長とすることを発表した[4]

2020年、9月に結党した新「立憲民主党」における候補者調整の結果、引き続き同じ選挙区の同党の総支部長となった。

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙東京都第9区から立憲民主党公認で立候補。同選挙区を地盤とする菅原一秀が公民権停止で出馬できなくなり、自由民主党は比例東京ブロック現職の安藤高夫を擁立。山岸は安藤、日本維新の会公認の南純、新党やまと公認の小林興起を破り初当選した[5]。11月30日、枝野幸男代表の辞任に伴う代表選挙が執行[6]。山岸は1回目の投票では西村智奈美に投じ、決選投票では逢坂誠二に投じた[7]

政策・主張[編集]

憲法問題[編集]

  • 憲法改正について、2019年のアンケートでは「どちらかといえば反対」と回答[8]。2021年のアンケートでは「反対」と回答[9]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「反対」と回答[10]

ジェンダー問題[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2019年、2021年のアンケートで「賛成」と回答[8][9]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[10]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、「賛成」と回答[9]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[10]

その他[編集]

  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「ゼロにすべき」と回答[10]
  • 新型コロナウイルス対策として、消費税率の一時的な引き下げは「必要」と回答[10]
  • アベノミクスについて、2019年のアンケートで「評価しない」と回答[8]

脚注[編集]

  1. ^ 山岸一生 - 立憲民主党
  2. ^ プロフィール”. 山岸一生公式サイト. 2021年11月1日閲覧。
  3. ^ a b c d 参院東京選挙区 あと一歩の「奮戦記」 - FACTA・2019年9月号
  4. ^ 11月5日(火) 東京都第9区総支部長決定 | 立憲民主党東京都連合会
  5. ^ 衆議院選挙2021 東京(千代田区・港区など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  6. ^ 日本放送協会 (2021年11月30日). “立憲民主党代表選 泉氏が新代表に選出”. NHKニュース. 2021年11月30日閲覧。
  7. ^ 山岸一生 Twitter 2021年11月30日 午後4:09
  8. ^ a b c 山岸一生”. 2019参院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  9. ^ a b c 山岸一生”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  10. ^ a b c d e 東京9区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]