長野県第5区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗長野県第5区
衆議院小選挙区 長野県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 飯田市伊那市駒ヶ根市上伊那郡下伊那郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北陸信越ブロック
設置年 1994年
選出議員 宮下一郎
有権者数 28万782人
1.214 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

長野県第5区(ながのけんだい5く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

歴史[編集]

中選挙区制時代から自由民主党が議席を確保してきたが、1993年飯田市下伊那郡地盤とする科学技術庁長官を務めた中島衛が自民党を離党、新生党結成に参画すると、伊那市上伊那郡が地盤で自民党に残った宮下創平との間で激しい選挙戦が展開された。

小選挙区制移行前の1993年の第40回衆議院議員総選挙では、当時新生党公認であった中島がトップ当選、創平は3位で当選していた。

小選挙区制に移行した1996年第41回衆議院議員総選挙では、代わって創平が小選挙区で当選。中島は当時所属していた新進党が原則として比例重複を認めていなかったため落選し、政界を引退。宮下家が強固な地盤を築く契機となった。

その後、創平も2003年の選挙を前に引退。息子の一郎が地盤を引き継ぎ、小選挙区当選を続けた。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、全国的に自民党への逆風が吹く中、一郎も厳しい選挙戦を強いられ、前回から民主党の公認となっていた加藤学に敗れ比例復活も出来ず、宮下家は小選挙区制移行以来初めて議席を失った。この選挙によって長野県内全選挙区を民主党が独占した。

その後、2012年第46回衆議院議員総選挙では、代わって民主党への逆風が吹く中、民主党を除籍された加藤は国民の生活が第一を経て日本未来の党より立候補、民主党も党本部職員であった花岡明久を擁立したため、分裂選挙となった。この影響もあり、一郎が圧勝し議席を奪還。以降は一郎が勝利を続けている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 宮下創平 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年 宮下一郎
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 加藤学 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 宮下一郎 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 長野県第5区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:28万74人 最終投票率:64.55%(前回比:減少0.56%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
宮下一郎63自由民主党97,730票
54.86%
――公明党推薦
曽我逸郎65立憲民主党80,408票
45.14%
82.28%れいわ新選組推薦
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 長野県第5区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:28万7463人 最終投票率:65.11%(前回比:増加5.25%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
宮下一郎59自由民主党91,542票
49.87%
――公明党推薦
曽我逸郎61無所属48,588票
26.47%
53.08%日本共産党社会民主党推薦×
中嶋康介40希望の党43,425票
23.66%
47.44%民進党長野県総支部連合会推薦
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 長野県第5区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:28万5418人 最終投票率:59.86%(前回比:減少8.16%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
宮下一郎56自由民主党91,089票
54.67%
――公明党推薦
中嶋康介37民主党46,595票
27.96%
51.15%
水野力夫34日本共産党28,947票
17.37%
31.78%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 長野県第5区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:28万8040人 最終投票率:68.02%(前回比:減少11.38%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
宮下一郎54自由民主党99,225票
52.25%
――
加藤学43日本未来の党30,737票
16.19%
30.98%新党大地推薦
花岡明久33民主党26,079票
13.73%
26.28%
三沢好夫68日本共産党18,723票
9.86%
18.87%
池田幸代40社会民主党15,135票
7.97%
15.25%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 長野県第5区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:29万1541人 最終投票率:79.40%(前回比:増加3.54%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
加藤学40民主党107,300票
46.91%
――
宮下一郎51自由民主党91,836票
40.15%
85.59%
三沢好夫65日本共産党14,841票
6.49%
13.83%
池田幸代37社会民主党13,576票
5.94%
12.65%
原山幸三47幸福実現党1,176票
0.51%
1.10%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 長野県第5区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:29万4037人 最終投票率:75.86%(前回比:増加4.31%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
宮下一郎47自由民主党120,025票
54.83%
――
加藤学36民主党72,505票
33.12%
60.41%
三沢好夫61日本共産党26,363票
12.04%
21.96%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 長野県第5区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:29万4005人 最終投票率:71.55%(前回比:減少2.43%) (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
宮下一郎45自由民主党108,567票
52.66%
――
加藤隆54民主党70,507票
34.20%
64.94%
三沢好夫59日本共産党20,679票
10.03%
19.05%
関浩行43無所属6,408票
3.11%
5.90%×
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 長野県第5区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 最終投票率:73.98% (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
宮下創平72自由民主党120,337票
56.97%
――
加藤隆50民主党55,736票
26.39%
46.32%
大坪勇61日本共産党35,141票
16.64%
29.20%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 長野県第5区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
宮下創平68自由民主党106,449票
47.85%
――
中島衛60新進党94,496票
42.48%
88.77%
山口典久35日本共産党21,502票
9.67%
20.20%

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]