岩手県第4区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗岩手県第4区
行政区域 2017年廃止
(2022年12月28日現在)
比例区 廃止
設置年 1994年
廃止年 2017年
選出議員 廃止
有権者数
0.000 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2022年9月1日)
テンプレートを表示

岩手県第4区(いわてけんだい4く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置され、2017年に廃止された。廃止に伴い、全域が新しい3区となった。

区域[編集]

2017年平成29年)の公職選挙法改正で廃止され[1]3区に移行した。

2013年平成25年)公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[2]

1994年平成6年)公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[3]

歴史[編集]

かつて自民党幹事長を務めるなど自民党竹下派でエリートコースを歩み、新生党新進党自由党民主党でも代表幹事長として辣腕をふるった小沢一郎が強力な地盤を誇り、中選挙区時代の1969年から連続16回の当選を成し遂げていた。特に第45回衆議院議員総選挙までは自民党候補も小沢に全く歯が立たない状況であり、第41回衆議院議員総選挙では小沢が新進党代表だったこともあってか自民党候補の得票率は10.39%で僅かに供託金没収点を上回る程度の得票率(これは小選挙区制開始以降の自民党候補の選挙区での最低得票率となっている)しか獲得できず、大臣経験者の玉澤徳一郎の2度の比例復活も比例東北ブロックで名簿上位での立候補だったことによるもので、玉澤も小選挙区では小沢には大差をつけられていた。

日本未来の党に移った第46回衆議院議員総選挙では、当選こそしたものの前回よりも得票で約6万票、得票率も17.1%減らした上に自民党藤原崇比例復活を許し、影響力の低下を伺わせた(小沢が新人候補に比例復活を許したのは小選挙区制導入以来初めてであった)。第47回衆議院議員総選挙では民主党が候補者を擁立しなかったこともあって、小沢は得票率こそやや上昇したものの得票数ではさらに減少した上、藤原は前回より約1万票上乗せし再び比例復活を果たした。

岩手県は他の選挙区でも小選挙区制導入以後、小沢と同じ政党に属する議員が当選を続けていた経緯があり、「民主王国」または「小沢王国」と言われていた。しかし、第46回衆院選で、1区階猛3区黄川田徹が共に小沢の元を離れたことから、いずれの選挙区でも小沢は新たな候補を擁立。しかし両選挙区とも比例復活もならず惨敗し、自身の選挙区得票の減少も併せ、この選挙をもって小沢王国は大きく揺らぐことになった。

2017年6月9日に改正公職選挙法が成立、同年7月15日に施行されて、岩手県第4区は廃止され全域が新しい3区に移行した。その後2017年の第48回衆議院議員総選挙では小沢と藤原は新3区から立候補し、この時は小沢が当選し、藤原は三たび比例復活となったが、2021年の第49回衆議院総選挙にて立憲民主党から出馬した小沢は小選挙区で藤原に敗北し比例復活に甘んじたことで、議員生活52年にて初の敗北となり、これをもって小沢王国が名実ともに完全に崩壊したといえる。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 小沢一郎 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 自由党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年 日本未来の党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 生活の党

選挙結果[編集]

第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 岩手県第4区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:27万9085人 最終投票率:57.99%(前回比:減少4.90%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小沢一郎72生活の党75,293票
47.79%
――
比当藤原崇31自由民主党57,824票
36.70%
76.80%公明党推薦
高橋綱記67日本共産党24,421票
15.50%
32.43%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 岩手県第4区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:28万1402人 最終投票率:62.89%(前回比:減少13.29%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小沢一郎70日本未来の党78,057票
45.50%
――新党大地
比当藤原崇29自由民主党47,887票
27.91%
61.35%公明党
及川敏章56民主党28,593票
16.67%
36.63%
高橋綱記65日本共産党17,033票
9.93%
21.82%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 岩手県第4区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:28万4534人 最終投票率:76.18%(前回比:増加2.82%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小沢一郎67民主党133,978票
62.56%
――
高橋嘉信55自由民主党41,690票
19.47%
31.12%
小原宣良65社会民主党28,925票
13.51%
21.59%
瀬川貞清59日本共産党8,288票
3.87%
6.19%
安永陽61幸福実現党1,280票
0.60%
0.96%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 岩手県第4区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:28万6595人 最終投票率:73.36%(前回比:増加3.49%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小沢一郎63民主党124,578票
59.95%
――
比当玉澤徳一郎67自由民主党48,093票
23.14%
38.60%
久保孝喜51社会民主党23,727票
11.42%
19.05%
高橋綱記57日本共産党11,420票
5.50%
9.17%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 岩手県第4区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:28万6442人 最終投票率:69.87% (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小沢一郎61民主党128,458票
65.11%
――
比当玉澤徳一郎65自由民主党37,251票
18.88%
29.00%
久保孝喜49社会民主党20,936票
10.61%
16.30%
高橋綱記55日本共産党10,642票
5.39%
8.28%
  • 玉澤は前回まで1区から立候補していた。
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 岩手県第4区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小沢一郎58自由党119,099票
59.70%
――
木村幸弘40社会民主党37,417票
18.76%
31.42%
井形厚一34自由民主党28,926票
14.50%
24.29%
坂本良子52日本共産党14,051票
7.04%
11.80%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 岩手県第4区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小沢一郎54新進党125,619票
64.68%
――
沢藤礼次郎67社会民主党38,482票
19.81%
30.63%
井形厚一31自由民主党20,179票
10.39%
16.06%
八重樫奈都子53日本共産党9,933票
5.11%
7.91%

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]