青森県第3区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗青森県第3区
衆議院小選挙区 青森県.svg
行政区域 弘前市五所川原市黒石市つがる市平川市西津軽郡中津軽郡南津軽郡北津軽郡
(2017年7月16日現在)
比例区 東北ブロック
設置年 1994年2013年2017年区割変更)
選出議員 解散により欠員
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
244,007人
1.05 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

青森県第3区(あおもりけんだい3く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

選挙区域[編集]

2013年に一部区域が変更され、2017年の区割変更で4区が廃止されたことに伴い、旧4区に五所川原市と北津軽郡を加え、青森市(旧浪岡町域)を除いた区域となっている。

2017年の区割り変更前は以下の区域であった。(区割り変更でいずれも2区へ)

2013年の区割り変更前は以下の区域であった。(区割り変更で五戸町は2区へ)

歴史[編集]

中選挙区時代の旧1区は、現1区うちの東青地区現2区の上北・下北地区、現3区の三八地区(八戸市三戸郡)が選挙区域で、そこから4人が選ばれていた。東青では津島雄二竹中修一革新系候補、三八上北では田名部匡省大島理森らが立候補していた。そのうち、八戸地区は、田名部と大島が、地区を二分する選挙戦を行っていた(通称・八戸戦争)。政治改革が焦点となった1993年に、田名部が自由民主党を離脱(その後新生党入党・県民協会設立)。

小選挙区制の導入後も、互いに立候補者の空白地帯の2区への鞍替えをせず、一騎討ちをおこなうことになる。1996年、小選挙区制での初選挙で、大島が勝利し落選した田名部は、参議院へ鞍替えする。しかし、その後、田名部の次女匡代が、父の後継として衆議院選挙に出馬しており、八戸を二分する状況は今もなお続いている。

この対立構図は、単純な政党間の構図にとどまらず、八戸市長選挙など、八戸市に関わる選挙でも、事実上市を二分する状況に持ち込まれており、いわば当選挙区候補者の代理戦争の様相を呈している。

2009年第45回衆議院議員総選挙では自民党に猛烈な逆風が吹く中、大島が367票の僅差で田名部を下し、9選(田名部も比例復活)。一部メディアが開票終了前に大島の選挙区落選を伝え、大島は支持者に向けてお詫び会見を開いたが、後にこれは誤報と判明した。

2012年第46回衆議院議員総選挙では一転して大島が2万8千票以上の大差をつけて10選、田名部は比例復活もできずに落選した。2014年第47回衆議院議員総選挙でも大島が田名部を再び下し11選、田名部はまたしても比例復活できず落選した。

第48回衆議院議員総選挙からは区割りが変更される。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 大島理森 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 大島理森 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 大島理森 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 大島理森 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 大島理森 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 大島理森 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 大島理森 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年)

選挙結果[編集]

第47回衆議院議員総選挙 青森県第3区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
大島理森 68 自由民主党 59,280票
51.2%
ーー 公明党
田名部匡代 45 民主党 49,142票
42.5%
82.9%
松橋三夫 65 日本共産党 7,311票
6.3%
12.3%
第46回衆議院議員総選挙 青森県第3区

当日有権者数:259,111人 最終投票率:54.88%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
大島理森 66 自由民主党 74,946票
53.7%
ーー 公明党
田名部匡代 43 民主党 46,184票
33.1%
61.6%
山内卓 34 日本未来の党 12,878票
9.2%
17.2%
松橋三夫 63 日本共産党 5,593票
4.0%
7.5%
第45回衆議院議員総選挙 青森県第3区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
大島理森 62 自由民主党 90,176票
49.5%
ーー
比当 田名部匡代 40 民主党 89,809票
49.3%
99.6%
中西修二 62 幸福実現党 2,249票
1.2%
2.5%
第44回衆議院議員総選挙 青森県第3区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
大島理森 59 自由民主党 90,925票
53.1%
ーー
比当 田名部匡代 36 民主党 73,846票
43.1%
81.2%
松橋三夫 56 日本共産党 6,450票
3.8%
7.1%
第43回衆議院議員総選挙 青森県第3区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
大島理森 57 自由民主党 86,909票
53.5%
ーー
田名部匡代 34 民主党 70,275票
43.3%
80.9%
松橋三夫 54 日本共産党 5,284票
3.3%
6.1%
  • 田名部は、惜敗率0.1ポイント差で復活当選ができなかった。
第42回衆議院議員総選挙 青森県第3区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
大島理森 53 自由民主党 93,602票
56.6%
ーー
田名部匡代 30 民主党 64,203票
38.8%
68.6%
松橋三夫 50 日本共産党 7,540票
4.6%
8.1%
第41回衆議院議員総選挙 青森県第3区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
大島理森 50 自由民主党 96,628票
52.5%
ーー
田名部匡省 61 新進党 81,460票
44.2%
84.3%
松橋三夫 47 日本共産党 6,119票
3.3%
6.3%
  • 田名部は、この選挙での落選後、1998年の参議院選挙に立候補し当選。同時に、青森の旧新進党系の議員とともに、地域政党「県民協会」を発足させた。1999年には、椎名素夫らとともに無所属の会を結成し、初代代表となった。その後、県民協会のメンバーの多くが自民入りし、県民協会は衰退。2004年に、県民協会ごと民主党入りし、同年の参議院選挙に当選した。

関連項目[編集]