茨城県第5区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗茨城県第5区
衆議院小選挙区 茨城県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 日立市高萩市北茨城市那珂郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年2013年区割変更)
選出議員 石川昭政
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
252,403人
1.08 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

茨城県第5区(いばらきけんだい5く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

以前は那珂郡4区の区域であったが、2013年の区割変更に伴い5区に移行した。

歴史[編集]

愛知県第11区と並んで、全選挙区中、民主党(現・民進党)が屈指の強さを誇る選挙区として知られる。選挙区内に日立企業城下町である日立市を抱え、日立関連の産業に従事している有権者が多いなかで、日立労組の支持を受けているためである。中選挙区時代からの議員であった自民党の塚原俊平の没後は、日立労組出身の大畠章宏が連勝を続けている。東日本大震災発生当時の国土交通大臣としての実績もあり、民主党に猛烈な逆風が吹いた第46回衆議院議員総選挙においても大畠が自民新人の石川昭政を退け(石川は比例で復活当選)議席を守った。選挙での強さが評価され、大畠は翌年民主党の幹事長に就任した。2014年も大畠が勝利し石川が比例復活だったが、大畠が引退して迎えた2017年第48回衆議院議員総選挙では石川が大畠の後継である浅野哲に自民党としては17年ぶり小選挙区で勝利した(浅野は比例で復活当選)。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 塚原俊平 自由民主党
第41回衆議院議員補欠選挙 1998年 岡部英男 自由民主党 ※塚原俊平死去に伴う。
第42回衆議院議員総選挙 2000年 大畠章宏 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 大畠章宏 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 大畠章宏 民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 大畠章宏 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 大畠章宏 民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 大畠章宏 民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 石川昭政 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 茨城県第5区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:249,839人 最終投票率:52.11%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
石川昭政 45 自由民主党 61,450票
48.2%
――
比当 浅野哲 35 希望の党 56,098票
44.0%
91.3%
川崎篤子 64 日本共産党 10,027票
7.9%
16.3%
第47回衆議院議員総選挙 茨城県第5区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
大畠章宏 67 民主党 60,688票
48.3%
――
比当 石川昭政 42 自由民主党 53,732票
42.8%
88.5%
福田明 58 日本共産党 11,239票
8.9%
18.5%
第46回衆議院議員総選挙 茨城県第5区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
大畠章宏 65 民主党 61,142票
49.3%
―― 国民新党推薦
比当 石川昭政 40 自由民主党 51,841票
41.8%
84.8%
福田明 56 日本共産党 11,043票
8.9%
18.1%
第45回衆議院議員総選挙 茨城県第5区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
大畠章宏 61 民主党 91,855票
61.3%
――
岡部英明 50 自由民主党 54,541票
36.4%
59.4%
野口航太 33 幸福実現党 3,513票
2.3%
3.8%
第44回衆議院議員総選挙 茨城県第5区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
大畠章宏 57 民主党 74,753票
49.4%
――
比当 岡部英明 46 自由民主党 70,098票
46.3%
93.8%
藤田邦良 54 日本共産党 6,511票
4.3%
8.7%
第43回衆議院議員総選挙 茨城県第5区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
大畠章宏 56 民主党 74,407票
52.7%
――
岡部英明 44 自由民主党 59,090票
41.9%
79.4%
大内智子 26 日本共産党 7,667票
5.4%
10.3%
第42回衆議院議員総選挙 茨城県第5区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
大畠章宏 52 民主党 65,995票
45.7%
――
岡部英男 71 自由民主党 62,375票
43.2%
94.5%
武藤博光 38 自由党 8,177票
5.7%
12.4%
大曽根勝正 57 日本共産党 7,773票
5.4%
11.8%
第41回衆議院議員補欠選挙 茨城県第5区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 推薦・支持
岡部英男 69 自由民主党 59,084票
76.3%
藤田邦良 46 日本共産党 13,108票
16.9%
高木豊 55 無所属 5,206票
6.7%
第41回衆議院議員総選挙 茨城県第5区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
塚原俊平 49 自由民主党 69,369票
51.5%
――
比当 大畠章宏 49 民主党 53,497票
39.8%
77.1%
藤田邦良 45 日本共産党 9,698票
7.2%
14.0%
高木豊 54 無所属 2,007票
1.5%
2.9% ×

関連項目[編集]