大阪府第6区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗大阪府第6区
衆議院小選挙区 大阪府拡大枠.svg衆議院小選挙区 大阪府大阪市5.svg
行政区域 大阪市旭区鶴見区守口市門真市
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 伊佐進一
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
394,640人
1.69 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

大阪府第6区(おおさかふだい6く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

千林商店街花博記念公園鶴見緑地があることで知られる大阪市北東部の商業・住宅地2区とパナソニックグループの本社や工場が立ち並ぶ北河内の工業都市2市から構成される。中選挙区制度時代は大阪市側が旧2区、守口市と門真市が旧7区であった。

歴史[編集]

3区5区16区と並ぶ公明党の金城湯池であり、2005年までの選挙では福島豊(1996年は新進党所属)が地盤を守り続けてきた。

2009年の第45回総選挙では、全国的な自公政権への逆風の中で、福島は民主党村上史好に敗れ、議席を失った。

2012年の第46回総選挙では、前回落選した福島の後継者である伊佐進一が当選し、公明党が議席を奪還した。前回議席を得た村上は民主党を除籍され、日本未来の党公認として戦ったが小選挙区では敗れ、重複立候補していた比例近畿ブロックで1議席を獲得した日本未来の党の名簿登載者の中で惜敗率がトップ(38.1%)となり、比例復活当選となった。当選挙区で比例復活が発生したのは小選挙区制導入以降、初めてである。

2014年の第47回総選挙でも、伊佐が小選挙区で連続当選。一方、村上は生活の党から立候補したが日本共産党の渡司考一にも得票数で下回って最下位となり、重複立候補していた比例でも生活の党が近畿ブロックで議席を獲得できず、落選となった。

2017年の第48回総選挙では日本共産党は候補者を擁立せず、自由党の当選挙区支部長であった村上が立憲民主党公認で出馬、伊佐との一騎打ちであったが伊佐が当選。村上は比例復活当選で返り咲きとなった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 福島豊 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 福島豊 公明党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 福島豊 公明党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 福島豊 公明党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 村上史好 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 伊佐進一 公明党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 伊佐進一 公明党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 伊佐進一 公明党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 大阪府第6区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:393,255人 最終投票率:47.23%(前回比:▼1.89ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
伊佐進一 42 公明党 104,052票
61.0%
―― 自由民主党推薦
比当 村上史好 65 立憲民主党 66,536票
39.0%
63.9%
第47回衆議院議員総選挙 大阪府第6区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:384,725人 最終投票率:49.12%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
伊佐進一 40 公明党 94,308票
56.3%
―― 自由民主党推薦
渡司考一 62 日本共産党 42,265票
25.3%
44.8%
村上史好 62 生活の党 30,792票
18.4%
32.7%
第46回衆議院議員総選挙 大阪府第6区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
伊佐進一 38 公明党 116,855票
59.6%
―― 自由民主党推薦
日本維新の会推薦
比当 村上史好 60 日本未来の党 44,565票
22.7%
38.1%
北原洋子 54 日本共産党 34,783票
17.7%
29.8%
第45回衆議院議員総選挙 大阪府第6区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
村上史好 57 民主党 109,143票
43.3%
――
福島豊 51 公明党 107,336票
42.6%
98.3%
矢野博之 70 日本共産党 26,490票
10.5%
24.3%
上杉智子 44 幸福実現党 9,087票
3.6%
8.3%
第44回衆議院議員総選挙 大阪府第6区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
福島豊 47 公明党 127,157票
52.7%
――
村上史好 53 民主党 84,562票
35.0%
66.5%
井口淳治 41 日本共産党 29,543票
12.2%
23.2%
第43回衆議院議員総選挙 大阪府第6区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
福島豊 45 公明党 101,292票
49.4%
――
村上史好 51 民主党 75,098票
36.6%
74.1%
太田乙美 52 日本共産党 28,789票
14.0%
28.4%
  • 村上は第42回は自由党から4区で立候補したが、落選。
第42回衆議院議員総選挙 大阪府第6区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
福島豊 42 公明党 96,432票
49.7%
――
柳河瀬精 68 日本共産党 66,268票
34.1%
68.7%
池田浩幸 44 自由連合 31,354票
16.2%
32.5%
第41回衆議院議員総選挙 大阪府第6区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
福島豊 38 新進党 85,173票
41.5%
――
小西恵一郎 41 自由民主党 48,985票
23.9%
57.5%
柳河瀬精 64 日本共産党 39,440票
19.2%
46.3%
藤川基之 42 民主党 28,413票
13.8%
33.4%
原田政治 49 自由連合 3,167票
1.5%
3.7%

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]