千葉県第6区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗千葉県第6区
衆議院小選挙区 千葉県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 市川市(およそ旧国分村大柏村の区域)、松戸市(本庁管内、常盤平六実矢切・東部支所管内)
(2017年7月16日現在)
比例区 南関東ブロック
設置年 1994年2002年区割変更)
選出議員 解散につき欠員
有権者数 370,853人
1.603 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

千葉県第6区(ちばけんだい6く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。(2002年(平成14年)に一部区割りの見直しが行われた)。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2002年平成14年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2002年の区割り変更で、市川市北部の一部が5区から6区に編入され、鎌ケ谷市が6区から13区に編入された。

2002年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[5]

  • 市川市
    • 大柏出張所管内
  • 松戸市
    • 本庁管内
    • 常盤平・六実・矢切・東部の各支所管内
  • 鎌ヶ谷市

歴史[編集]

本選挙区の設置以来、2000年を除いて渡辺博道自民党)と生方幸夫旧民主党民主党立憲民主党)による議席争いが続いている。2017年までの戦績は渡辺が5勝、生方が3勝である。第41回・第46回・第48回では生方が、第43回では渡辺がそれぞれ比例復活している。

第49回直前に、生方が北朝鮮による日本人拉致問題に関する不適切発言により、立憲民主党の公認を取り消し無所属での出馬となった[6]

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 渡辺博道 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 生方幸夫 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年 渡辺博道 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 生方幸夫 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 渡辺博道 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 千葉県第6区

時の内閣:岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 千葉県第6区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:363,440人 最終投票率:49.61%(前回比:-0.02%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
渡辺博道67自由民主党76,323票
43.50%
――公明党
比当生方幸夫69立憲民主党65,281票
37.21%
85.53%
遠藤宣彦54希望の党23,701票
13.51%
31.05%
星健太郎37日本維新の会10,145票
5.78%
13.29%
  • 星は2017年市川市議会議員補欠選挙で当選。
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 千葉県第6区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:351,419人 最終投票率:49.63%(前回比:-8.75%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
渡辺博道64自由民主党77,066票
45.87%
――公明党推薦
生方幸夫67民主党50,323票
29.95%
65.30%
三輪由美59日本共産党25,242票
15.02%
32.75%
遠藤宣彦51次世代の党15,395票
9.16%
19.98%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 千葉県第6区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
渡辺博道62自由民主党69,689票
35.38%
――公明党推薦
比当生方幸夫65民主党46,331票
23.52%
66.48%国民新党推薦
遠藤宣彦49日本維新の会29,956票
15.21%
42.99%
鴈野聡43みんなの党24,350票
12.36%
34.94%
三輪由美57日本共産党13,511票
6.86%
19.39%
白石純子50日本未来の党13,139票
6.67%
18.85%新党大地推薦
  • 遠藤は第45回までは福岡1区で活動(自民党)。
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 千葉県第6区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
生方幸夫61民主党108,270票
49.39%
――
渡辺博道59自由民主党72,401票
33.03%
66.87%
小平由紀47みんなの党15,063票
6.87%
13.91%
山崎温之57日本共産党12,427票
5.67%
11.48%
松本和巳44無所属9,204票
4.20%
8.50%×
三島佳代子50幸福実現党1,857票
0.85%
1.72%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 千葉県第6区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
渡辺博道55自由民主党112,397票
52.93%
――
生方幸夫57民主党82,636票
38.91%
73.52%
高橋妙子61日本共産党17,323票
8.16%
15.41%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 千葉県第6区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
生方幸夫56民主党83,985票
46.75%
――
比当渡辺博道53自由民主党79,161票
44.07%
94.26%
高橋妙子59日本共産党16,485票
9.18%
19.63%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 千葉県第6区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
生方幸夫52民主党78,359票
41.04%
――
井奥貞雄61自由民主党73,462票
38.48%
93.75%
湯田博雄63日本共産党23,913票
12.52%
30.52%
島村善行53自由連合15,197票
7.96%
19.39%
  • 渡辺は比例単独候補として当選。
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 千葉県第6区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
渡辺博道46自由民主党60,801票
39.22%
――
比当生方幸夫48民主党55,272票
35.66%
90.91%
中嶋誠47日本共産党31,588票
20.38%
51.95%
阿部スミコ55自由連合7,352票
4.74%
12.09%

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第154回国会 制定法律の一覧 >公職選挙法の一部を改正する法律 法律第九十五号(平一四・七・三一)”. 衆議院 (平成14-07-31). 2021年10月1日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 千葉県”. 総務省. 2021年10月1日閲覧。
  3. ^ 衆議院小選挙区の区割り | 市川市公式Webサイト”. www.city.ichikawa.lg.jp (2021年6月9日). 2021年10月1日閲覧。
  4. ^ 衆議院小選挙区の区割り” (日本語). www.city.matsudo.chiba.jp (2020年11月25日). 2021年10月1日閲覧。
  5. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年10月1日閲覧。地名は1994年(平成6年)当時のものである。
  6. ^ 立民・生方氏が衆院選公認辞退 拉致被害者発言で

関連項目[編集]