千葉県第9区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗千葉県第9区
衆議院小選挙区 千葉県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 千葉市若葉区佐倉市四街道市八街市
(2017年7月16日現在)
比例区 南関東ブロック
設置年 1994年2002年区割変更)
選出議員 奥野総一郎
有権者数 40万8699人
1.767 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

千葉県第9区(ちばけんだい9く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2002年平成14年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2002年の区割り変更により、若葉区は3区から本区へ、印西市白井市富里市・印旛郡は本区から13区へ移行。

2002年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

歴史[編集]

千葉県のほぼ中央部にある3市と千葉市若葉区で構成している。

自由民主党民主党から続く野党による席争いが激しい千葉県にとってこの区から13区までの千葉県東部から房総半島にかけての地帯はかなりの保守王国として知られており、実際に2000年以降は自民党の水野賢一秋本真利が連続3選を果たしていた。

その反面で野党が当選したのは政権交代となった2009年の第45回衆議院議員総選挙奥野総一郎が初当選となっただけで奥野はその後、秋本に3連敗を喫したものの全て比例での復活当選となっていたが、2021年の第49回衆議院議員総選挙では希望の党から立憲民主党に移籍した奥野が12年ぶりに返り咲き、秋本は比例復活に回った。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 実川幸夫 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 水野賢一 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 奥野総一郎 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 秋本真利 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年 奥野総一郎 立憲民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 千葉県第9区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:40万7331人 最終投票率:53.01%(前回比:増加3.53%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
奥野総一郎57立憲民主党107,322票
51.09%
――
比当秋本真利46自由民主党102,741票
48.91%
95.73%公明党推薦
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 千葉県第9区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:41万963人 最終投票率:49.48%(前回比:減少1.49%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
秋本真利42自由民主党92,180票
46.79%
――公明党推薦
比当奥野総一郎53希望の党76,332票
38.75%
82.81%
鴨志田安代62日本共産党28,488票
14.46%
30.90%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 千葉県第9区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:40万2951人 最終投票率:50.97%(前回比:減少6.90%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
秋本真利39自由民主党85,092票
42.94%
――公明党推薦
比当奥野総一郎50民主党68,564票
34.60%
80.58%
西田譲39次世代の党24,039票
12.13%
28.25%
鴨志田安代59日本共産党20,475票
10.33%
24.06%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 千葉県第9区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:40万2578人 最終投票率:57.87%(前回比:減少6.46%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
秋本真利37自由民主党80,024票
35.50%
――公明党推薦
比当奥野総一郎48民主党63,422票
28.14%
79.25%国民新党
比当西田譲37日本維新の会45,781票
20.31%
57.21%
河上満栄41日本未来の党16,616票
7.37%
20.76%新党大地
木崎俊行44日本共産党12,601票
5.59%
15.75%
須藤浩55無所属6,955票
3.09%
8.69%×
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 千葉県第9区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:39万9436人 最終投票率:64.33%(前回比:増加0.11%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
奥野総一郎45民主党136,932票
54.55%
――
水野賢一43自由民主党101,734票
40.53%
74.30%
波田野辰雄69無所属7,651票
3.05%
5.59%×
伊藤純子55幸福実現党4,707票
1.88%
3.44%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 千葉県第9区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:39万2712人 最終投票率:64.22%(前回比:増加8.84%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
水野賢一39自由民主党140,838票
56.93%
――
須藤浩48民主党79,514票
32.14%
56.46%
小倉忠平44日本共産党16,307票
6.59%
11.58%
中原英雄65国民新党10,746票
4.34%
7.63%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 千葉県第9区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:39万110人 最終投票率:55.38%(前回比:減少3.61%) (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
水野賢一37自由民主党103,199票
49.34%
――
比当須藤浩46民主党89,057票
42.58%
86.30%
上田美毎62日本共産党16,892票
8.08%
16.37%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 千葉県第9区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日
当日有権者数:42万8734人 最終投票率:58.99% (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
水野賢一33自由民主党103,381票
42.94%
――
須藤浩42民主党71,184票
29.57%
68.86%
関和夫68日本共産党31,671票
13.16%
30.64%
生方伸50自由党29,777票
12.37%
28.80%
古橋清45自由連合4,733票
1.97%
4.58%
  • 須藤浩は前回10区から新進党公認で出馬し、落選。
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 千葉県第9区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
実川幸夫53新進党79,539票
36.26%
――
水野賢一30自由民主党75,667票
34.50%
95.13%
多田育民56民主党35,211票
16.05%
44.27%
関和夫64日本共産党28,937票
13.19%
36.38%
  • 実川は新進党解党後、自民党入りし、水野とのコスタリカ方式での出馬を受け入れたが2003年の選挙から新設された13区へ国替えした。
  • 水野は1999年に繰り上げ当選した。

脚注[編集]

関連項目[編集]