石川県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗石川県第1区
衆議院小選挙区 石川県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 金沢市
(2017年7月16日現在)
比例区 北陸信越ブロック
設置年 1994年
選出議員 小森卓郎
有権者数 37万7131人
1.630 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

石川県第1区(いしかわけんだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

歴史[編集]

中選挙区時代から中央政界で活躍した奥田敬和が圧倒的な影響力を誇り、1996年第41回衆議院議員総選挙でも当選した。しかし、新進党の解党などで政党を渡り歩いたことや中選挙区時代からのライバルである森喜朗が中央で存在感を増していったことで影響力の低下が囁かれるようになる中、1998年に死去。息子の奥田建地盤を引き継いだ。

一方の自民党は、第42回衆議院議員総選挙から森喜朗の主導で地元出身のプロレスラー参議院議員だった馳浩を擁立。以降、馳浩と奥田建による激しい選挙戦が毎回繰り広げられている。民主党に対する強い逆風の中で行われた2012年第46回衆議院議員総選挙では馳が次点の奥田に約5万2千票の差をつけ比例復活すら許さなかった。2014年第47回衆議院議員総選挙では田中美絵子が出馬したが馳に敗北している[3]2017年第48回衆議院議員総選挙では馳が希望の党から出馬した田中にダブルスコア近い差で圧勝した[4]

2021年第49回衆議院議員総選挙を前に馳は次期石川県知事選挙に挑戦するため出馬しない事を表明[5]。自民党は後継として元大蔵財務官僚小森卓郎を擁立し[6]、野党の新人3人を相手に完勝して初当選した[7][8][9]。平成生まれの相手候補・荒井淳志は比例復活もできなかった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 奥田敬和 新進党
第41回衆議院議員補欠選挙 1998年 奥田建 民主党 ※奥田敬和の死去に伴う。
第42回衆議院議員総選挙 2000年 馳浩 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 奥田建 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 馳浩 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 奥田建 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 馳浩 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年 小森卓郎

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 石川県第1区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:37万6122人 最終投票率:52.20%(前回比:増加0.28%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小森卓郎51自由民主党88,321票
46.14%
――公明党推薦
荒井淳志27立憲民主党48,491票
25.33%
54.90%社会民主党石川県連合推薦
小林誠44日本維新の会45,663票
23.86%
51.70%
亀田良典72日本共産党8,930票
4.67%
10.11%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 石川県第1区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:37万6647人 最終投票率:51.92% (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
馳浩56自由民主党112,168票
59.08%
――公明党推薦
田中美絵子41希望の党61,541票
32.41%
54.87%
黒崎清則69日本共産党16,152票
8.51%
14.40%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 石川県第1区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日 (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
馳浩53自由民主党76,422票
50.70%
――公明党・新党改革推薦
田中美絵子38民主党59,590票
39.53%
77.97%社会民主党推薦
亀田良典66日本共産党14,720票
9.77%
19.26%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 石川県第1区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
馳浩51自由民主党99,544票
47.87%
――
奥田建53民主党47,582票
22.88%
47.80%
小間井俊輔31日本維新の会41,207票
19.82%
41.40%
熊野盛夫42日本未来の党10,629票
5.11%
10.68%
黒崎清則64日本共産党8,969票
4.31%
9.01%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 石川県第1区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
奥田建50民主党125,667票
49.17%
――
比当馳浩48自由民主党117,168票
45.85%
93.24%
佐藤正幸41日本共産党10,982票
4.30%
8.74%
松林淳一45幸福実現党1,738票
0.68%
1.38%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 石川県第1区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
馳浩44自由民主党129,142票
53.73%
――
奥田建46民主党99,397票
41.36%
76.97%
佐藤正幸37日本共産党11,802票
4.91%
9.14%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 石川県第1区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
奥田建44民主党99,868票
48.13%
――
比当馳浩42自由民主党97,075票
46.78%
97.20%
佐藤正幸35日本共産党10,567票
5.09%
10.58%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 石川県第1区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
馳浩39自由民主党107,179票
48.82%
――
比当奥田建41民主党100,392票
45.72%
93.67%
佐藤正幸32日本共産党11,988票
5.46%
11.19%
  • 前回、民主党の候補だった桑原は比例区単独で出馬し、第43回から2度、3区から出馬した。
第41回衆議院議員補欠選挙 石川県第1区

当日有権者数:人 最終投票率:%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
奥田建39民主党 78,788票
56.36%
岡部雅夫65無所属42,024票
30.06%
自由民主党推薦
尾西洋子54日本共産党18,989票
13.58%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 石川県第1区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
奥田敬和68新進党87,329票
49.36%
――
比当桑原豊51民主党71,154票
40.22%
81.48%
内藤英一46日本共産党18,431票
10.42%
21.11%
  • 奥田敬和は選挙後新進党を離党し、太陽党民政党を経て民主党に合流した。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年10月2日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 石川県”. 総務省. 2021年10月2日閲覧。
  3. ^ 2014衆院選 選挙アーカイブ 小選挙区石川1区(日本放送協会)2021年11月3日閲覧
  4. ^ 衆院選2017 開票結果【小選挙区】石川(読売新聞)2021年11月3日閲覧
  5. ^ 自民・馳氏、石川知事選出馬へ 次期衆院選は不出馬(2021年7月19日、産経新聞)2021年11月3日閲覧
  6. ^ 自民が石川1区に小森氏擁立 金融庁総合政策課長(2021年9月7日、産経新聞)2021年11月13日閲覧
  7. ^ 衆院選石川開票速報 石川1区(朝日新聞)2021年11月3日閲覧
  8. ^ 石川1区、小森 卓郎氏(自新)が当選確実(2021年11月1日、日本経済新聞)2021年11月3日閲覧
  9. ^ 自民・小森卓郎氏が当選確実 石川1区(2021年10月31日、産経新聞)2021年11月3日閲覧

関連項目[編集]