愛知県第10区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗愛知県第10区
衆議院小選挙区 愛知県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 一宮市(旧尾西市域を除く)、江南市岩倉市丹羽郡
(2017年7月16日現在)
比例区 東海ブロック
設置年 1994年2002年区割変更)
選出議員 江崎鉄磨
有権者数 437,348人
1.83 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2017年9月1日)
テンプレートを表示

愛知県第10区(あいちけんだい10く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2001年の公選法改正により、犬山市6区に移った。

歴史[編集]

古くから全国有数の繊維業の盛んな地域として発展してきたため、工場が多数立地し労働者の影響力が強い一方で県内でも歴史が古く旧住民も多いことから、県内有数の保守王国として君臨してきた。中選挙区・旧愛知3区時代は海部俊樹元首相や江崎真澄総務庁長官が地盤としている。しかし1980年代以降は繊維産業の低迷や小牧市春日井市などの台頭によって地位が低下、名古屋市のベッドタウンとしての色彩が濃くなった。それに伴う形で無党派層の増加も見られる。2000年代以降の近年では有力な与野党候補を中心として接戦なることが多く、江崎と他の候補で交互に当選者を出している状況である。

小選挙区制施行以後は新進党に移動した江崎鐵磨(のちに自民党に入党)や社会党出身の佐藤観樹、元銀行員の杉本和巳が当選している。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 江崎鉄磨 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 佐藤観樹 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 江崎鉄磨 保守新党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 江崎鉄磨 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 杉本和巳 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 江崎鉄磨 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 江崎鉄磨 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 江崎鉄磨 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 愛知県第10区

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年10月22日
当日有権者数:436,482人 最終投票率:53.37%

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
江崎鉄磨 74 自由民主党 88,171票
39.0%
―― 公明党
安井美沙子 52 希望の党 66,560票
29.4%
75.5%
比当 杉本和巳 57 日本維新の会 44,258票
19.6%
50.2%
板倉正文 59 日本共産党 27,044票
12.0%
30.7%
第47回衆議院議員総選挙 愛知県第10区

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年12月14日
当日有権者数:422,754人 最終投票率:50.69%

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
江崎鉄磨 71 自由民主党 91,978票
44.5%
―― 公明党
杉本和巳 54 無所属 45,702票
22.1%
49.7% ×
小林弘子 75 民主党 43,672票
21.1%
47.5%
板倉正文 56 日本共産党 25,376票
12.3%
27.6%
第46回衆議院議員総選挙 愛知県第10区

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日
当日有権者数:420,971人 最終投票率:57.2%

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
江崎鉄磨 69 自由民主党 96,548票
41.4%
―― 公明党
比当 杉本和巳 52 みんなの党 60,563票
26.0%
62.7% 日本維新の会新党改革
松尾和弥 39 民主党 33,459票
14.4%
34.7% 国民新党
高橋一 52 日本未来の党 25,671票
11.0%
26.6% 新党大地
板倉正文 54 日本共産党 16,751票
7.2%
17.3%
第45回衆議院議員総選挙 愛知県第10区

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日
当日有権者数:417,772人 最終投票率:69.6%

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
杉本和巳 48 民主党 172,401票
60.7%
――
江崎鉄磨 65 自由民主党 103,704票
36.5%
60.2%
中村秋則 36 幸福実現党 7,861票
2.8%
4.6%
第44回衆議院議員総選挙 愛知県第10区

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日
当日有権者数:408,424人 最終投票率:66.68%

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
江崎鉄磨 61 自由民主党 140,622票
52.7%
――
杉本和巳 44 民主党 104,827票
39.3%
74.5%
石田保 67 日本共産党 21,350票
8.0%
15.2%
第43回衆議院議員総選挙 愛知県第10区

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日
当日有権者数:404,493人 最終投票率:59.56%

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
江崎鉄磨 60 保守新党 107,369票
45.6%
――
比当 佐藤観樹 61 民主党 106,599票
45.3%
99.3%
岸野知子 53 日本共産党 21,350票
9.1%
19.9%
第42回衆議院議員総選挙 愛知県第10区

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
佐藤観樹 58 民主党 99,970票
36.5%
――
江崎鉄磨 56 保守党 86,416票
31.6%
86.4%
鈴木雅博 45 自由民主党 57,047票
20.8%
57.1%
石田保 62 日本共産党 27,324票
10.0%
27.3%
石川八郎 67 自由連合 2,881票
1.1%
2.9%
  • 鈴木は2013年10月に丹羽郡大口町長選挙に立候補し、当選。
第41回衆議院議員総選挙 愛知県第10区

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
江崎鉄磨 53 新進党 110,820票
46.4%
――
森治男 50 自由民主党 72,178票
30.2%
65.1%
岸野知子 46 日本共産党 29,003票
12.2%
26.2%
長縄幸子 48 民主党 20,575票
8.6%
18.6%
清水宣弥 26 無所属 5,103票
2.1%
4.6% ×
高橋伸輔 54 国民党 683票
0.3%
0.6%
阿閉豊次 46 無所属 284票
0.1%
0.3% ×

脚注[編集]

関連項目[編集]