丹羽秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
衆議院議員 丹羽 秀樹
生年月日 (1972-12-20) 1972年12月20日(44歳)
出生地 日本の旗愛知県春日井市
出身校 玉川大学文学部
前職 証券会社社員
高村正彦衆議院議員秘書[1]
所属政党 自由民主党山東派
称号 文学士
公式サイト 衆議院議員 丹羽ひでき
選挙区 愛知6区
当選回数 4回 (2005 - 2009, 2011- 現職)
テンプレートを表示

丹羽 秀樹(にわ ひでき、1972年(昭和47年)12月20日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)、衆議院厚生労働委員長

文部科学副大臣第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)、内閣府副大臣第3次安倍内閣)、文部科学大臣政務官第2次安倍内閣)、自民党副幹事長を歴任した。父方の祖父は元労働大臣丹羽兵助。母方の祖父は元衆議院議員の安藤孝三。父方の大叔父に元衆議院議員の丹波久章、親戚に元知多市長の安藤嘉治、アーク証券会長の安藤龍彦がいる[2]

来歴[編集]

愛知県春日井市生まれ。東海高等学校玉川大学文学部卒業。大学卒業後、会社勤務を経て自由民主党衆議院議員高村正彦の秘書を務める[要出典]

2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙に自民党公認で愛知6区から出馬し、民主党前職の前田雄吉を破り初当選(前田も比例東海ブロックで復活)。総選挙後、2005年(平成17年)初当選の新人議員で結成された83会(会長:土屋正忠会長)に所属[要出典]

2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では、愛知6区で民主党公認で元犬山市長の石田芳弘に6万票超の大差で敗れ、比例復活もならず落選。

2011年(平成23年)、石田の議員辞職[3]に伴う愛知6区補欠選挙に自民党公認で出馬し当選、国政に復帰[4]

2012年(平成24年)12月16日第46回衆議院議員総選挙では、愛知6区で3選。選挙の結果を受けて成立した第2次安倍内閣で、文部科学大臣政務官に就任。2013年(平成25年)9月30日、政務官を退任し、自民党副幹事長に就任。

2014年(平成26年)9月3日第2次安倍改造内閣文部科学副大臣に就任。同年12月14日第47回衆議院議員総選挙では、愛知6区で4選。

2015年(平成27年)6月25日、平成32年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法施行を受けて内閣府副大臣に任命された[5]

2016年(平成28年)9月、衆議院厚生労働委員長に就任[6]

政策[編集]

政治資金[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.2wa.jp/profile/
  2. ^ http://kingendaikeizu.net/seizi/niwahideki.htm
  3. ^ 名古屋市の出直し市長選挙に石田が出馬表明したことによる(石田は落選)。
  4. ^ “’11統一選:衆院愛知6区補選 丹羽氏、返り咲き /愛知”. 毎日新聞. (2011年4月25日). http://mainichi.jp/area/aichi/news/20110425ddlk23010187000c.html 2011年4月25日閲覧。 
  5. ^ 閣僚等の人事について 内閣官房長官記者会見(2015年6月25日)首相官邸ホームページ
  6. ^ 国家基本政策に棚橋氏=衆院委員長など内定-自民
  7. ^ http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A23006002002&st=tk
  8. ^ 毎日新聞2012年衆院選候補者アンケート
  9. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  10. ^ しんぶん赤旗 2014年1月9日

外部リンク[編集]

公職
先代:
桜田義孝
西川京子
日本の旗 文部科学副大臣
藤井基之と共同
2014(平成26)年 - 2015(平成27)年
次代:
義家弘介
冨岡勉
先代:
村井宗明
那谷屋正義
日本の旗 文部科学大臣政務官
義家弘介と共同
2012(平成24)年 - 2013(平成25)年
次代:
冨岡勉
上野通子
議会
先代:
渡辺博道
日本の旗 衆議院厚生労働委員長
2016(平成28)年 -
次代:
現職