静岡県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗静岡県第1区
衆議院小選挙区 静岡県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 静岡市葵区(瀬名川3丁目の一部を除く)・駿河区
(2017年7月16日現在)
比例区 東海ブロック
設置年 1994年
選出議員 上川陽子
有権者数 392,149人
1.64 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2017年9月1日)
テンプレートを表示

静岡県第1区(しずおかけんだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

  • 静岡市
    • 葵区(本庁管内の瀬名川三丁目5番25号、50-59号を除く)
    • 駿河区(谷田のうち、2003年(平成15年)3月31日において清水市の区域を除く ※ただし該当区域に居住者なし)
    • 清水区(本庁管内の楠694番地1、694番地3)

2003年4月1日に現在の静岡市が誕生し、政令指定都市指定時の2005年4月1日に旧清水市の楠の一部(長尾川より左岸側の区域)が葵区(瀬名川三丁目)[1]、旧清水市の谷田、草薙の各一部が駿河区(谷田 ※谷田は旧静岡と旧清水にまたがる)に属するとされたが、この場合は、合併後の原始的な行政区の新設によるものだったので13条3項本文の適用を受け選挙区は静岡4区のままであり、未だ変更されていない。2005年総選挙2009年総選挙2012年総選挙は、従来どおりの選挙区で実施している。このため、1区の投票所の中に4区の投票所を併設し、該当地域の6世帯15人を対象とした選挙ポスター掲示板を同地域に設置している。

これに対し2005年11月16日に旧清水市であった鳥坂地区の一部(1664番地以上の区域)は清水区から葵区(東瀬名町15番〜17番)に変更となった[2]が、政令指定都市指定後であったため行政区の境界変更の扱いになり、公職選挙法269条、令141条の2第2項、法13条3項ただし書、4項、令2条1項により、2008年4月28日付け総務省告示第256号により旧鳥坂地区については、葵区が前述の経緯で2つに選挙区に属する行政区であったため、総務大臣が静岡1区に属する区域と告示したので、こちらについては選挙区の分断が避けられるということになるという、「境界変更」の時期が違うことにより選挙区の分断が避けられるかどうかが異なるという現象が生じることになった。

2013年2017年と小選挙区の区割りが見直されたが、静岡1区と同4区の間で調整は行われていない。

歴史[編集]

静岡市の経済の中心地であり、多くの企業や観光施設、商業施設を抱える。一方で、葵区の北部には南アルプス、過疎地域をもつ。保守系が強いものの選挙では候補者が乱立する傾向がある。第41回では新進党大口善徳が当選したが、第42回では公明党から出馬し落選(その後、比例単独候補となり、第43回以降5回連続当選)。第42回以降は上川陽子牧野聖修を軸に乱戦模様であったが、第46回・47回は上川が連勝し、牧野は引退した。第48回は上川と希望の党の元職小池政就立憲民主党の新人青山雅幸による三つ巴となったが上川が制した。また青山は比例で復活当選したが直後に報じられた女性スキャンダルにより立憲民主党から無期限の党員資格停止処分を受け会派入りも認められなかった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 大口善徳 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 上川陽子 無所属
第43回衆議院議員総選挙 2003年 牧野聖修 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 上川陽子 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 牧野聖修 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 上川陽子 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 上川陽子 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 上川陽子 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 静岡県第1区

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年10月22日
当日有権者数:391,598人 最終投票率:53.51%(前回比:+0.60ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
上川陽子64自由民主党96,500票
46.9%
――公明党推薦
小池政就43希望の党56,086票
27.2%
58.1%
比当青山雅幸55立憲民主党38,531票
18.7%
39.9%社会民主党推薦
鈴木千佳46日本共産党14,732票
7.2%
15.3%


第47回衆議院議員総選挙 静岡県第1区

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年12月14日
当日有権者数:385,176人 最終投票率:52.91%(前回比:-6.88ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
上川陽子61自由民主党89,544票
44.9%
――公明党推薦
小池政就40維新の党47,986票
24.1%
53.6%
牧野聖修69民主党45,238票
22.7%
50.5%
河瀬幸代63日本共産党16,682票
8.4%
18.6%
  • 投票結果開票結果 - 静岡県選挙管理委員会
  • 静岡県選挙管理委員会は2014年12月16日、静岡県第1区の当選者を上川陽子とする告示をした[5]
  • このほかに、中央選挙管理会は2014年12月19日、比例東海ブロックの当選者を大口善徳(公明・前職)、島津幸広(共産・新人)(本選挙区内に居住)を含む21人とする告示をした[6]
第46回衆議院議員総選挙 静岡県第1区

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日
当日有権者数:384,803人 最終投票率:59.79%(前回比:-7.78ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
上川陽子59自由民主党81,278票
36.2%
――公明党推薦
牧野聖修67民主党53,773票
23.9%
66.2%国民新党推薦
尾崎剛司36日本維新の会41,479票
18.5%
51.0%
比当小池政就38みんなの党34,457票
15.3%
42.4%
河瀬幸代61日本共産党13,646票
6.1%
16.8%

この他に、比例東海ブロックからこの選挙区を地盤とする大口善徳(公明・前職)が当選している。

第45回衆議院議員総選挙 静岡県第1区

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日
当日有権者数:384,117人 最終投票率:67.57%(前回比:+0.55ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
牧野聖修64民主党120,904票
47.3%
――国民新党推薦
上川陽子56自由民主党96,096票
37.6%
79.5%公明党推薦
佐藤剛36みんなの党21,285票
8.3%
17.6%
池野元章49日本共産党14,293票
5.6%
11.8%
中野雄太35幸福実現党3,071票
1.2%
2.5%

佐藤は得票率が10%以上あれば比例復活できるはずだったが届かず、復活資格を喪失した。なおこの他に、比例東海ブロックからこの選挙区を地盤とする大口善徳(公明・前職)が選出されている。

第44回衆議院議員総選挙 静岡県第1区

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日
当日有権者数:382,322人 最終投票率:67.02%(前回比:+6.64ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
上川陽子52自由民主党99,702票
39.5%
――公明党推薦
田辺信宏44無所属69,111票
27.4%
69.3%×
牧野聖修60民主党67,560票
26.8%
67.8%
池野元章45日本共産党16,077票
6.4%
16.1%

田辺は2011年の静岡市長選挙に当選している。なおこの他に、比例東海ブロックから大口善徳(公明・前職)が当選している。

第43回衆議院議員総選挙 静岡県第1区

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日
当日有権者数:379,980人 最終投票率:60.38%(前回比:-4.48ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
牧野聖修58民主党74,745票
33.5%
――
比当上川陽子50自由民主党67,437票
30.2%
90.2%保守新党推薦
田辺信宏42無所属59,937票
26.8%
80.2%×
河瀬幸代52日本共産党15,032票
6.7%
20.1%
石塚聡45社会民主党6,093票
2.7%
8.2%

この他に、比例東海ブロックから大口善徳(公明・元職)が当選している。

第42回衆議院議員総選挙 静岡県第1区

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日
当日有権者数:376,886人 最終投票率:64.86%(前回比:+2.62ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
上川陽子47無所属58,358票
24.2%
――×
比当牧野聖修55民主党57,786票
24.0%
99.0%
大口善徳44公明党55,976票
23.2%
95.9%保守新党推薦
戸塚進也60自由民主党43,734票
18.2%
74.9%
島津幸広43日本共産党23,674票
9.8%
40.6%
浅野光雪48自由連合1,327票
0.6%
2.3%
  • 自民党から戸塚、公明党から大口が立候補し与党分裂になったばかりか上川が自民党籍を持ったまま無所属で立候補し与党系3分裂となったが上川が当選した。上川はいったん処分されるものの、のちに復党。戸塚は掛川市長へ転身。大口は次回総選挙からこの選挙区を地盤に比例東海ブロックへ鞍替え。
第41回衆議院議員総選挙 静岡県第1区

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日
当日有権者数:369,430人 最終投票率:62.24%(前回比:---ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大口善徳41新進党48,650票
21.5%
――
戸塚進也56自由民主党37,061票
16.4%
76.2%
天野進吾54無所属35,642票
15.8%
73.3%×
牧野聖修51民主党28,987票
12.8%
59.6%社会民主党推薦
上川陽子43無所属26,828票
11.9%
55.1%×
杉山恒雄62日本共産党18,496票
8.2%
38.0%
松永廣次67無所属15,526票
6.9%
31.9%×
木宮岳志44無所属14,925票
6.6%
30.7%×
  • この時の上川は純粋無所属として出馬。

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 瀬名川三丁目地区における住居表示について:静岡市
  2. ^ 鳥坂地区の一部の区域変更に伴う住居表示について:静岡市
  3. ^ 平成29年(2017年)10月24日静岡県選挙管理委員会告示第67号(平成29年10月22日執行の衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名並びに当選人に係る候補者届出政党の名称)
  4. ^ 平成29年10月27日中央選挙管理会告示第25号(平成二十九年十月二十二日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  5. ^ 平成26年(2014年)12月16日静岡県選挙管理委員会告示第63号(平成26年12月14日執行の衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名並びに当選人に係る候補者届出政党の名称)
  6. ^ 平成26年中央選挙管理会告示第30号(平成二十六年十二月十四日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)

関連項目[編集]