渡辺周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡辺 周
わたなべ しゅう
Shū Watanabe, June 2012.jpg
生年月日 (1961-12-11) 1961年12月11日(60歳)
出生地 日本の旗 日本 静岡県沼津市
出身校 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業
前職 読売新聞社従業員
現職 幹事長代行
所属政党民社党→)
無所属→)
旧民主党→)
民主党→)
民進党→)
希望の党→)
旧国民民主党→)
立憲民主党泉G前原G
称号 経済学士(早稲田大学・1987年
親族 父・渡辺朗(元衆議院議員・沼津市長
公式サイト わたなべ周 オフィシャルサイト

選挙区静岡6区)→
比例東海ブロック
当選回数 9回
在任期間 1996年10月21日 - 現職

選挙区 沼津市選挙区
当選回数 2回
在任期間 1991年 - 1996年
テンプレートを表示

渡辺 周(わたなべ しゅう、1961年昭和36年)12月11日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(9期)、立憲民主党幹事長代行。

総務副大臣鳩山由紀夫内閣菅直人内閣)、防衛副大臣野田内閣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣)、民主党選挙対策委員長・国民運動委員長・幹事長代行国民民主党副代表・安全保障調査会長 、静岡県議会議員(2期)等を歴任した。

来歴[編集]

静岡県沼津市で生まれ[1]、沼津第二小学校、沼津市立第一中学校、静岡県立沼津東高等学校早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業[1]した。早大卒業後の1987年読売新聞社へ入社[2]するも、1990年11月に退社した。

1991年4月に、静岡県議会議員選挙に民社党公認で立候補して初当選する。民社党解党後の1995年無所属で再選されるが、1996年に2期目の任期途中で辞職する。旧民主党結党に参加し、第41回衆議院議員総選挙に同党公認で静岡6区から立候補して初当選した。

2009年9月に発足した鳩山由紀夫内閣総務副大臣に任命され、菅直人内閣まで務める。2010年9月の菅直人第1次改造内閣発足に伴い退任し、民主党選挙対策委員長に就任する。2011年1月の党役員人事で、選挙対策委員長を退任して民主党国民運動委員長に就任し、衆議院厚生労働委員会で筆頭理事を務める。

2011年8月26日、菅直人首相が民主党代表辞任を正式に表明[3]。菅の辞任に伴う代表選挙(8月29日投開票)では前原誠司の推薦人に名を連ねた[4]。同年9月、野田内閣防衛副大臣に就任する。

2012年1月の野田第1次改造内閣発足に際し、前年に参議院問責決議が可決された防衛大臣一川保夫の後任に名前が挙がったが、後任は田中直紀が任命され、渡辺は防衛副大臣に留任した。2012年6月に発足した野田第2次改造内閣で、初の民間人閣僚たる防衛大臣・森本敏の下で防衛副大臣に留任した。2012年10月の野田第3次改造内閣の発足に伴い、防衛副大臣を退任した。12月の第46回衆議院議員総選挙後、衆議院議院運営委員会野党側筆頭理事に就任した。

2014年1月に民主党幹事長代行に起用され[5]て9月に幹事長代行職が廃止されるまで務めた。

2017年10月22日の第48回衆議院議員総選挙希望の党公認で出馬し、8回目の当選を果たす。

同年10月27日、希望の党は両院議員総会を開き、11月1日の特別国会の首相指名選挙で、渡辺に投票する方針を決めた[6][7]。首相指名選挙では衆議院で51票、参議院で3票[8]をそれぞれ得たが、選挙で両院ともに自民党総裁安倍晋三が指名された。11月10日に希望の党共同代表選挙が行われ、その後の党役員人事で外交・安全保障調査会長に就任した[9][10]

2018年5月7日に、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加[11]して、同党の副代表に就任した[12]

2020年9月、国民民主党の分党による立憲民主党との合流に伴い、立憲民主党に合流。同党幹事長代行に就任した。

2021年10月の第49回衆議院議員総選挙立憲民主党公認で出馬するも、自民党勝俣孝明に敗れ初めて小選挙区で落選。重複立候補していた比例東海ブロックで9回目の当選となる[13][14]

年表[編集]

政策・主張[編集]

2012年9月2日静岡空港にて陸上自衛隊陸上幕僚長君塚栄治(手前中央)、静岡県知事川勝平太(手前右)らと「静岡県総合防災訓練」に参加
憲法改正
憲法改正や、集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すことに賛成している[16]。自身が所属する凌雲会会長の前原誠司が主宰する防衛研究会に参加した[17][18]
原子力発電所
2030年までに稼働する原子力発電所の全廃を目指す政府の方針に賛成し、停止中の原発の再稼働反対及び廃炉を主張している[16]
慰安婦問題
慰安婦に対する日本政府の謝罪を求めた米下院121号決議の全面撤回を求める7月13日付けのアメリカ合衆国大使館への抗議書(チャンネル桜主導)の賛同者に名を連ねた[19]慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会の会長を務める。
外国人参政権
永住外国人への地方選挙権付与に反対している。小沢一郎鳩山由紀夫菅直人岡田克也前原誠司ら、外国人参政権に賛成している党幹部、歴代党代表に対抗するため、民主党内の保守系議員約30名を集め、党内保守派の重鎮である渡部恒三西岡武夫、中堅・若手の保守派の代表格である松原仁笠浩史松野頼久らと共に永住外国人の地方参政権を慎重に考える勉強会を結成した[20]
選択的夫婦別姓
選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらとも言えない」としている[21]
静岡空港
静岡空港の建設に反対し、署名運動に名を連ねていた[22]
地盤
選出選挙区である静岡6区では、2021年に小選挙区に敗北し比例復活するまで民主党に逆風が吹いた2005年2012年の総選挙でも、得票数で自由民主党の候補を上回るなど、安定した地盤を持っていた。

しかし2012年以降3度の総選挙では相手候補との差が縮まり比例復活を許しており、上述の通り2021年の総選挙で自身が敗北し比例復活することになった。

所属グループ
民進党内では凌雲会(前原グループ)に所属しており、前原がかつて次の内閣でネクスト安全保障大臣であった当時、渡辺が副大臣を務めた。なお前原の父親、渡辺の父親は共に鳥取県境港市の出身である。

発言[編集]

東日本大震災
2011年3月20日の『新報道2001』(フジテレビ系)において、東北地方太平洋沖地震福島第一原子力発電所放射線漏れ事故のデマによる風評被害に関連して「自衛隊が到着したときには医者が避難して重篤な患者だけが取り残されている怪しからん例があった」と発言。3月17日にそのような報道があったのは事実だが、翌日に自衛隊が到着したときには院長を含むスタッフが現地にいたとの訂正報道がなされている[23]
拉致問題
2017年3月末の救う会家族会の結成20周年の集会にて、各地方自治体が朝鮮学校に毎年約3億円の補助金を与え続けていることは北朝鮮への誤ったメッセージを送っているとして、日本独自の北朝鮮への制裁強化が必要だと主張した[24]

家族・親族[編集]

  • 鳥取県境港市森岡町に存在する父の生家の渡辺家は町制施行前の森岡村の開村の功労者を祖とし、代々同村の庄屋を務めた旧家である[26]。同町所在の同家の屋敷地には“岩明神”と呼ばれる渡辺一族の守護神が祀られており、旧暦10月25日には一族の人々が総本家に集まって、盛大な祭りを行っている[26]。伝承によれば、かつて(おくりな)を「一翁黙心上座」という六部がこの家から出て、諸国を巡って修行していたが、故郷森岡に帰って、郷土と渡辺一族の繁栄を願って即身成仏したという[26]。また、その六部のお蔭で、その後20数軒に及ぶ渡辺一族が栄えており、これは「岩明神」の加護のたまものであるとの信仰が代々同地に根付いている[26]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b プロフィール
  2. ^ 江畑康二郎 (2015年8月9日). “義父・渡辺衆院議員、マインツ武藤にエール&結婚裏話「早く1点」”. スポーツ報知. 2015年8月9日閲覧。
  3. ^ “菅直人首相が退陣を正式表明、民主代表選が事実上スタート”. ロイター. (2011年8月26日). https://www.reuters.com/article/idJPJAPAN-22883120110826 2021年11月27日閲覧。 
  4. ^ 2011年8月29日投票 民主党代表選挙 推薦人一覧”. 江田五月 - 新たな出発. 2021年11月27日閲覧。
  5. ^ “渡辺周氏、民主幹事長代行に 前原グループ”. 産経新聞. (2014年1月21日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140121/stt14012121170004-n1.htm 2014年3月2日閲覧。 
  6. ^ “希望の党、共同代表置かず 渡辺周氏を首相指名へ”. 旭新聞. (2017年10月27日). https://www.asahi.com/articles/ASKBW5VXCKBWUTFK01C.html 2021年11月21日閲覧。 
  7. ^ “希望、共同代表は空席…首相指名は渡辺周氏に”. 読売新聞. (2017年10月27日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171027-OYT1T50076.html 
  8. ^ “特別国会首相指名選挙 希望・渡辺氏に54票「実績評価、光栄」”. 伊豆新聞. (2017年11月2日). http://izu-np.co.jp/ito/news/20171102iz0000000021000c.html 
  9. ^ “希望の党 幹事長に古川氏 新執行部が発足”. NHK. (2017年11月14日). オリジナルの2017年11月14日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/ZECjE 
  10. ^ “政策立案要職に静岡県内議員起用 希望の党役員人事”. 静岡新聞. (2017年11月15日). http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/426825.html 
  11. ^ “国民民主党、結党大会を開催”. Qnewニュース. (2018年5月7日). https://qnew-news.net/news/2018-5/2018050702.html 2018年5月23日閲覧。 
  12. ^ “民民主党設立大会 綱領・規約・人事等を決定”. 国民民主党. (2018年5月7日). https://www.dpfp.or.jp/2018/05/07/国民民主党設立大会%e3%80%80綱領・規約・人事等を決定/ 2018年5月24日閲覧。 
  13. ^ 衆議院選挙2021 静岡(浜松・沼津など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  14. ^ 【2021年 衆院選】東海ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  15. ^ 「隗より始めよ」 わたなべ周 オフィシャルサイト平成17年9月21日(Archived 2006年1月17日, at the Wayback Machine.)
  16. ^ a b “2012衆院選 静岡6区 渡辺周”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A22006001001 2014年4月7日閲覧。 
  17. ^ “橋下氏にバッサリ切られた海江田氏 “野党第一党死守”も足元バラバラ”. 産経新聞. (2014年6月7日). http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/140607/stt14060700550002-p1.htm 2014年6月10日閲覧。 
  18. ^ “前原氏ら集団的自衛権を限定容認…海江田おろし”. 読売新聞. (2014年6月5日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140605-00050031-yom-pol 2014年6月10日閲覧。 
  19. ^ 抗議書賛同者一覧
  20. ^ 週刊文春 2010年1月21日号 「地方参政権問題」の背後に民主党と「民団」の蜜月関係
  21. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  22. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望
  23. ^ “「避難時に院長いた」=福島県が訂正発表”. 時事通信社. (2011年3月18日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031800030 2011年3月23日閲覧。 [リンク切れ]
  24. ^ [1]「25日で結成20年 家族会と「救う会」などが都内で集会」,産経ニュース
  25. ^ 義父・渡辺衆院議員、マインツ武藤にエール&結婚裏話「早く1点」 - ウェイバックマシン(2015年8月9日アーカイブ分)スポーツ報知 (2015年8月9日)
  26. ^ a b c d 『境港市史(下巻)』(昭和61年、563頁)
  27. ^ a b 北九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  28. ^ 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
小川勝也
日本の旗 防衛副大臣
2011年 - 2012年
次代:
長島昭久
先代:
石崎岳
倉田雅年
日本の旗 総務副大臣
内藤正光と共同

2009年 - 2010年
次代:
鈴木克昌
平岡秀夫
議会
先代:
古川元久
日本の旗 衆議院沖縄及び北方問題
に関する特別委員長

2016年 - 2017年
次代:
鈴木克昌
党職
先代:
(結党)
立憲民主党幹事長代行
初代:2020年 -
次代:
(現職)
先代:
中川正春
羽田雄一郎
長妻昭
菊田真紀子
民主党幹事長代行
中川正春
羽田雄一郎
長妻昭
菊田真紀子と共同

2014年
次代:
(廃止)
先代:
安住淳
民主党選挙対策委員長
第12代:2010年 - 2011年
次代:
石井一