原田令嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
原田 令嗣
はらだ よしつぐ
生年月日 (1952-02-02) 1952年2月2日(65歳)
出生地 静岡県焼津市
出身校 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
前職 NHK職員
所属政党 自由民主党
称号 法学士
親族 父・原田昇左右

選挙区 静岡2区
当選回数 2回
在任期間 2003年11月10日 - 2009年7月21日
テンプレートを表示

原田 令嗣(はらだ よしつぐ、1952年2月2日 - )は、日本政治家、元衆議院議員

来歴・人物[編集]

武蔵高校を経て慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、1974年NHKへ入局。名古屋放送局報道部ディレクター、アメリカ総局特派員、報道局衛星放送部長等を歴任。

父・昇左右の政界引退を受けて、2003年第43回衆議院議員総選挙静岡2区から、自由民主党公認で立候補し、初当選。2005年第44回衆議院議員総選挙にて再選。派閥は谷垣派に所属。院内では、農林水産委員会、厚生労働委員会、災害対策特別委員会に所属した。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、民主党元職の津川祥吾に敗れた。比例東海ブロックにも重複立候補していが惜敗率が足りずに落選。同年末に選挙区支部長再任条件が緩和されたものの辞退した[1]。支部長後任には翌2010年6月に公募で井林辰憲が選ばれた[2]

日本と韓国が共同運営するインターネット放送局の開設を目的として2014年2月14日に設立された「日韓共同チャンネル推進機構」[3]の代表理事を務めている[4]

政治的立場[編集]

  • 静岡空港が原田の選挙区内であることもあり、同空港の建設推進派国会議員の1人であった[要出典]
  • 在日韓国人の地方参政権に賛成しており、2007年11月8日に開催された、民団が主催する「永住外国人地方参政権の早期立法化を!」と訴える全国決起大会に国会会期中にもかかわらず参加した[要出典]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自民衆院静岡2区支部長公募へ 原田氏が内定を辞退. 静岡新聞. 2009年12月29日
  2. ^ 自民、静岡2区支部長に公募で元国交省課長. MSN産経ニュース. 2010年6月10日
  3. ^ “日韓でネット放送局を 運営団体設立”. NHKニュース (日本放送協会). (2014年2月15日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140215/k10015259311000.html 2014年2月16日閲覧。 
  4. ^ “「日韓共同テレビ」開設へ”. 時事通信社. (2014年2月14日). http://www.jiji.com/jc/p?id=20140214205547-0016693639&n=1 2014年2月16日閲覧。 

関連項目[編集]