義家弘介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
義家 弘介
よしいえ ひろゆき
生年月日 1971年3月31日(43歳)
出生地 長野県長野市
出身校 明治学院大学法学部卒業
前職 高等学校教員教育委員会委員
所属政党 自由民主党町村派
称号 法学士(明治学院大学 1995年)
公式サイト 衆議院議員「義家弘介」OFFICIAL WEB SITE

選挙区 神奈川16区
当選回数 1回
任期 2012年 - 現職
議員会館 衆議院第1議員会館1204号室

選挙区 比例区
当選回数 1回
任期 2007年 - 2012年
テンプレートを表示

義家 弘介(よしいえ ひろゆき、1971年<昭和46年>3月31日 - )は、日本政治家教育者自由民主党所属の衆議院議員(1期)。参議院議員(1期)、文部科学大臣政務官第2次安倍内閣)を歴任した。大学教員東北福祉大学特任准教授)。北海道芸術高等学校チーフアカデミックディレクター。NPO法人あきらめない特別顧問。

概要[編集]

自称ヤンキー先生」。過去に横浜市教育委員、警察庁バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会第1次安倍内閣教育再生会議委員を務めた(内閣官房教育再生会議担当室室長、参議院議員転出で退任)。明治学院大学法学部卒業。元日本共産党員と報道されており[1]しんぶん赤旗にも何度か登場していた[2][3]

来歴[編集]

政治家としての発言・活動[編集]

表現規制における活動[編集]

反ジェンダー[編集]

人物(学生時代~教師時代)[編集]

  • 姉・弟を殴る蹴る、義母を階段から突き落とし、実父を殴り病院送りにした[15]
  • 実父義家弘は、自分が不在のときに弘介が家族に暴力をふるっていたと書いている[16]
  • 高校2年生の時、交際していた女生徒を注意した担任の頭に火をつけるという暴行事件を引き起こすが、学校側の処分は進路変更指導に留まった。退学に至らなかった理由として義家は著書で「教育県である長野県の県立高校で強制退学は前例がなかった為」と説明している(『不良少年の夢』)。実父は喫煙、不登校などもあり、それらの積み重ねによる「進路変更処分」であると書いている[17][18]
  • 塾講師をしていた頃、教え子の中学生や卒業生と交際しているという話が絶えず、母校の北星余市高校関係者の元に女子中学生を連れ頻繁に訪れていたほか、一緒にドライブしているという目撃情報が塾に報告されるようになった。また教え子の母親との関係も浮上し、塾長から事情聴取され、時期外れの1998年冬に小樽から室蘭へ異動となった。義家は交際について、いずれも「事実無根」としている[19]
  • 高校を中退した自分の教え子と結婚する。結婚一年半後に妊娠が判明し、後日出産[20]

エピソード[編集]

  • 法務省が事前に参院選に出馬の意思がないことを確認した上で「社会を明るくする運動」のPRビデオ(法務省製作)に出演したが、後に自民党からの立候補を表明、特定の公職選挙候補者を支援しているものとの誤解を受けるため法務省はビデオを回収した。ビデオの制作費は839万円だった[21][22][23]
  • 2011年8月、石垣、竹富、与那国の三市町で構成する八重山地区採択協議会で新しい教科書をつくる会系の育鵬社版公民教科書が答申されたが、その後、答申に基づいて石垣、与那国の両教委は「育鵬社」を採択したが、竹富町教委は「育鵬社」を拒否。「東京書籍」を採用した。週刊金曜日は、この時義家がつくる会系の教科書の採用を竹富町に強要しようとしたと報じた[24]
  • 2013年厚木市成人式に来賓として参列した際、小選挙区選出議員であり尚且つ文部科学大臣政務官であるのにもかかわらず、小選挙区では落選し比例で復活当選した民主党の後藤祐一が自分より先に紹介されたことについて、Facebookで「地元選出代議士は、自民党・義家ひろゆきである。(中略)たかが、紹介の順番では済まされない。選挙、民意、民主主義を軽んじる、もっといえば、否定する話ではないだろうか」と述べ[25]、同市にも抗議した[26]。なお、Facebookの記載は現在は削除されている[要出典]

主な著書[編集]

出演[編集]

テレビ・ドラマ・映画・漫画[編集]

  • ヤンキー母校に帰る(2003年10月10日 - 12月12日、TBSテレビ) - 同年4月9日放送のドキュメンタリーが原案。
  • ヤンキー母校に帰る 旅立ちの時 春の感動ドラマスペシャル『不良少年の夢』(2005年3月27日、TBSテレビ) - 自著『不良少年の夢』が原作。生徒時代がテーマ。
  • 映画『不良少年(ヤンキー)の夢』(2004年作品) - 同上
  • 漫画『ヤンキー愛を誓う』(小学館・2005年12月20日)

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「自民党から出馬の目玉候補 ヤンキー先生義家弘介は共産党員だった」『週刊現代』講談社、2007年7月21日号
  2. ^ お悩みHunter しんぶん赤旗 2004年8月23日
  3. ^ 『「ヤンキー先生」 自民立候補の波紋』 しんぶん赤旗 2007年7月4日
  4. ^ 公式サイト 2008年4月28日
  5. ^ 首相官邸 2006バックナンバー”. 20090123時点のオリジナルよりアーカイブ。20100101閲覧。
  6. ^ インタビュー 北星学園余市高校を撮り続けて15年”. 文藝春秋. 20110125時点のオリジナルよりアーカイブ。20111006閲覧。
  7. ^ 『続・やりなおさないか君らしさのままで―ひとりで悩むな!卒業生・父母・教師からのメッセージ』 2003年11月、教育史料出版会。ISBN 978-4876524419
  8. ^ 『いじめ問題に向き合うヤンキー先生・義家弘介』 SmaSTATION!!特別企画(テレビ朝日)
  9. ^ 『「ヤンキー先生」4階建「デザイナーズハウス」を購入』 週刊新潮 2007年7月12日号
  10. ^ 義家弘介 Official site > プロフィール
  11. ^ 『ヤンキー先生の情熱授業「動画を見て立ち上がってくれた保護者が児童ポルノ教科書を教育委員会に認めさせた」』(超人大陸 2012/8/27)
  12. ^ 『性教育教材を“児童ポルノ”扱いする義家参議院議員の主張にツッコミ続出』(「ガジェット通信」 2012.09.02 01:02:28 記者:ガジェ通ウェブライター)
  13. ^ 社団法人 全国教育問題協議会
  14. ^ 第173回国会 参議院文教科学委員会 - 2号 平成21年11月17日
  15. ^ 『不良少年の夢』p61
  16. ^ 『やりなおさないか君らしさのままで』p84
  17. ^ 『不良少年の夢』pp 68-69
  18. ^ 『やりなおさないか君らしさのままでp72-74 p84
  19. ^ 『発覚!ヤンキー先生義家弘介参院議員「女子中学生とBMW」不適切な過去』 週刊文春 2010年12月30日・2011年1月6日新年特大号
  20. ^ 『私の夢 俺の希望』pp190-196
  21. ^ 『ヤンキー先生出演の啓発ビデオ 1万本が使用自粛に』 読売新聞 2007年7月4日
  22. ^ 『ヤンキー先生「裏切りの血税800万円ビデオ」独占公開』 フライデー 2007年12月21日号
  23. ^ 『大臣陳謝 ヤンキー先生に"血税ビデオ問題"直撃』 フライデー 2008年1月4日号
  24. ^ 教科書採択を巡り義家政務官が“恫喝”――竹富町に是正措置する構え、週刊金曜日、2013年4月5日.
  25. ^ ヤンキー先生、成人式の紹介順でキレる ネットでは「器が小さすぎ」の声 J-CASTニュース 2013年1月17日
  26. ^ 義家氏、紹介順で先越され抗議 「民意の否定」 47NEWS(共同通信) 2013年1月16日

外部リンク[編集]