北海道第6区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗北海道第6区
衆議院小選挙区 北海道2.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 旭川市士別市名寄市富良野市上川総合振興局管内
(2017年7月16日現在)
比例区 北海道ブロック
設置年 1994年2002年2017年区割変更)
選出議員 佐々木隆博
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
433,677人
1.86 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

北海道第6区(ほっかいどうだい6く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置され、2002年(平成14年)より、北海道上川支庁管内をその区域とする。

区域[編集]

2002年までの区域は、旭川市のみであったが、区割り変更により、旧7区の区域より、旭川市以外の上川支庁(当時)管内も本6区に合区された。

2017年の小選挙区改定により、幌加内町10区から本区へ移行された。

歴史[編集]

旭川市単独の選挙区であった第41回第42回の選挙では、佐々木秀典が小選挙区で当選していた。

上川支庁全域に区域が拡大された以降は、旧6区の今津寛と旧7区の金田英行の間でいわゆるコスタリカ方式がとられ、第43回衆議院議員総選挙では今津寛が小選挙区に立候補、佐々木を破り当選した。佐々木秀典は比例で復活当選し、金田英行は比例単独立候補で当選した。

佐々木秀典が引退した第44回衆議院議員総選挙では、小選挙区に金田英行が立候補したが、佐々木隆博が当選した。今津寛は比例単独立候補で当選した。佐々木は第45回衆議院議員総選挙でも追い風に乗り議席を守ったが、第46回衆議院議員総選挙では今津に大差で敗れ、議席を失った。第47回衆議院議員総選挙では佐々木が返り咲き、今津は比例復活となった。第48回衆議院議員総選挙では佐々木が今津に比例復活を許さず当選した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 佐々木秀典 民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 佐々木秀典 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 今津寛 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 佐々木隆博 民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 佐々木隆博 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 今津寛 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 佐々木隆博 民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 佐々木隆博 立憲民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 北海道第6区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:431,012人 最終投票率:59.48%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
佐々木隆博 68 立憲民主党 136,312票
54.5%
――
今津寛 71 自由民主党 113,851票
45.5%
83.5% 公明党新党大地
第47回衆議院議員総選挙 北海道第6区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:430,198人 最終投票率:55.09%(前回比:-1.75ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
佐々木隆博 65 民主党 104,595票
45.3%
――
比当 今津寛 68 自由民主党 101,748票
44.0%
97.3% 公明党
荻生和敏 65 日本共産党 24,656票
10.7%
23.6%
第46回衆議院議員総選挙 北海道第6区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:435,032人 最終投票率:56.84%(前回比:-16.18ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
今津寛 66 自由民主党 103,064票
42.9%
――
佐々木隆博 63 民主党 69,272票
28.9%
67.2%
安住太伸 42 みんなの党 48,736票
20.3%
47.3%
荻生和敏 63 日本共産党 18,915票
7.9%
18.4%
第45回衆議院議員総選挙 北海道第6区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:440,855人 最終投票率:73.02%(前回比:+2.77ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
佐々木隆博 60 民主党 175,879票
55.4%
――
今津寛 62 自由民主党 119,964票
37.8%
68.2%
萩生和敏 59 日本共産党 17,884票
5.6%
10.2%
武田慎一 42 幸福実現党 3,554票
1.1%
2.0%
第44回衆議院議員総選挙 北海道第6区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:447,312人 最終投票率:70.25%(前回比:+6.82ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
佐々木隆博 56 民主党 143,860票
46.7%
――
金田英行 62 自由民主党 141,099票
45.8%
98.1%
田辺八郎 62 日本共産党 23,343票
7.6%
16.2%
  • 佐々木は引退した佐々木秀典の後継。同姓だが血縁関係はない。
第43回衆議院議員総選挙 北海道第6区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:447,913人 最終投票率:63.43%(前回比:-1.6ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
今津寛 57 自由民主党 112,270票
40.2%
――
比当 佐々木秀典 69 民主党 111,656票
39.9%
99.5%
西川将人 35 無所属 37,518票
13.4%
33.4% ×
中野芳宣 55 日本共産党 18,144票
6.5%
16.2%
  • 西川は2006年から旭川市長へ。

区割り変更前の選挙結果[編集]

第41回および第42回の衆議院議員総選挙は、2002年の区割り変更前のため、区域は旭川市のみとして実施された。

第42回衆議院議員総選挙 北海道第6区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:65.03%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
佐々木秀典 65 民主党 70,680票
39.9%
――
今津寛 53 自由民主党 68,781票
38.9%
97.3%
真下紀子 43 日本共産党 21,376票
12.1%
30.2%
西川将人 31 自由党 16,104票
9.1%
22.8%

真下は2003年北海道議会議員選挙に出馬し、当選

第41回衆議院議員総選挙 北海道第6区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
佐々木秀典 62 民主党 76,572票
48.7%
――
今津寛 50 自由民主党 46,609票
29.7%
60.9%
荻生和敏 46 日本共産党 16,992票
10.8%
22.2%
佐々木栄一 25 無所属 16,982票
10.8%
22.2% ×

関連項目[編集]