長野県第4区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗長野県第4区
衆議院小選挙区 長野県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 岡谷市諏訪市茅野市塩尻市諏訪郡木曽郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北陸信越ブロック
設置年 1994年2005年区割変更)
選出議員 後藤茂之
有権者数 24万1022人
1.042 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

長野県第4区(ながのけんだい4く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2005年平成17年)に木曽郡山口村岐阜県中津川市越県編入のため、岐阜5区へ移行したが、法律上での市郡名に変化はなかった[1][2]

2005年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[3]

  • 岡谷市
  • 諏訪市
  • 茅野市
  • 塩尻市
  • 諏訪郡
  • 木曽郡

歴史[編集]

最大票田である塩尻市の他、諏訪地域木曽地域が含まれる選挙区で、中選挙区時代は社会党共産党が一定の勢力を誇っていた。

小選挙区制導入後は自由民主党小川元新進党から民主党に移籍した後藤茂之が激しい争いを繰り広げていた。

その後、後藤が自民党に移籍し勢力を拡大。民主党は比例北陸信越ブロックの単独候補であった社会党出身の堀込征雄が転入し後藤と争ったが、比例復活当選1回のみに留まり、後藤の地盤を崩すことが出来なかった。

2009年の第45回衆議院議員総選挙では、堀込の後継となった民主党の矢崎公二が追い風に乗り、小選挙区で当選。後藤は議席を失った。

2012年の第46回衆議院議員総選挙では、後藤が返り咲く一方で、矢崎は比例復活も出来ずに落選。その後は後藤が連続して小選挙区で当選している。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 小川元 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 後藤茂之 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 矢崎公二 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 後藤茂之 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 長野県第4区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:24万401人 最終投票率:59.37%(前回比:減少3.17%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
後藤茂之65自由民主党86,962票
62.61%
――公明党推薦
長瀬由希子53日本共産党51,922票
37.39%
59.71%社会民主党長野県連合支持
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 長野県第4区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:24万6516人 最終投票率:62.54%(前回比:増加4.84%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
後藤茂之61自由民主党68,673票
45.65%
――公明党推薦
毛利栄子66日本共産党40,898票
27.19%
59.55%
寺島義幸64希望の党40,863票
27.16%
59.50%民進党長野県総支部連合会推薦
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 長野県第4区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:24万4255人 最終投票率:57.70%(前回比:減少7.72%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
後藤茂之59自由民主党63,121票
46.07%
――公明党推薦
矢崎公二55民主党51,816票
37.82%
82.09%
上田秀昭60日本共産党22,068票
16.11%
34.96%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 長野県第4区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:24万6633人 最終投票率:65.42%(前回比:減少11.59%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
後藤茂之57自由民主党68,083票
43.87%
――公明党推薦
矢崎公二53民主党47,089票
30.34%
69.16%国民新党推薦
三浦茂樹43日本未来の党20,462票
13.19%
30.05%新党大地推薦
上田秀昭58日本共産党19,552票
12.60%
28.72%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 長野県第4区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:24万9373人 最終投票率:77.01%(前回比:増加4.96%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
矢崎公二49民主党106,262票
56.27%
――
後藤茂之53自由民主党63,118票
33.43%
59.40%
上田秀昭55日本共産党16,575票
8.78%
15.60%
増沢宏昭48幸福実現党2,878票
1.52%
2.71%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 長野県第4区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:25万1779人 最終投票率:72.05%(前回比:増加6.15%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
後藤茂之49自由民主党87,859票
49.72%
――
堀込征雄63民主党66,503票
37.63%
75.69%
上田秀昭51日本共産党22,349票
12.65%
25.44%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 長野県第4区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:25万3374人 最終投票率:65.90%(前回比:減少6.84%) (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
後藤茂之47自由民主党70,618票
43.39%
――
比当堀込征雄61民主党50,651票
31.12%
71.73%
浜万亀彦67社会民主党26,211票
16.10%
37.12%
上田秀昭49日本共産党15,286票
9.39%
21.65%
  • 堀込は第41回・第42回は比例単独候補として当選。
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 長野県第4区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 最終投票率:72.74% (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
後藤茂之44民主党78,397票
43.84%
――
小川元61自由民主党72,772票
40.69%
92.82%
比当木島日出夫53日本共産党27,661票
15.47%
35.28%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 長野県第4区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小川元57自由民主党72,810票
43.30%
――
後藤茂之40新進党65,009票
38.66%
89.29%
比当木島日出夫50日本共産党30,327票
18.04%
41.65%

脚注[編集]

関連項目[編集]