東京都第8区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗東京都第8区
衆議院小選挙区 東京都23区.svg衆議院小選挙区 凡例(都).svg
行政区域 杉並区7区に属しない区域)
(2017年7月16日現在)
比例区 東京ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 石原伸晃
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
480,497人
2.06 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

東京都第8区(とうきょうとだい8く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

当初は、杉並区全域であったが、2017年の区割り変更により、杉並区の一部が本区から7区に移行した。

歴史[編集]

1996年以来、石原慎太郎の長男で、国土交通大臣環境大臣自由民主党政調会長などを務めた石原伸晃が連続8選している。

2003年2005年の選挙では、次点に5万票以上の得票差をつけ圧勝した。

2009年第45回衆議院議員総選挙では自民党が歴史的な大惨敗を喫した中、民主社民の選挙協力のため、小宮山洋子地盤である6区から国替えしてきた社民党の保坂展人を石原が3万票の差で下し当選した。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、反原発活動家として知られる俳優の山本太郎が公示日直前に突如出馬を表明し、注目を集めたが、石原が盤石の選挙戦を展開して8選。

2014年第47回衆議院議員総選挙では、第23回参議院議員通常選挙で当選し、参議院議員となった山本が当時対立候補だった円より子を支援。参院選時に山本を支持した中核派は独自候補として鈴木達夫を擁立したがどちらも石原の地盤を崩すには至らなかった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 石原伸晃 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 石原伸晃 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 石原伸晃 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 石原伸晃 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 石原伸晃 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 石原伸晃 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 石原伸晃 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 石原伸晃 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 東京都第8区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:470,738人 最終投票率:55.42%(前回比:+0.81ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
石原伸晃 60 自由民主党 99,863票
39.2%
―― 公明党
吉田晴美 45 立憲民主党 76,283票
30.0%
76.4%
木内孝胤 51 希望の党 41,175票
16.2%
41.2%
長内史子 29 日本共産党 22,399票
8.8%
22.4%
円より子 70 無所属 11,997票
4.7%
12.0% ×
斎藤郁真 29 都政を革新する会 2,931票
1.2%
2.9%
第47回衆議院議員総選挙 東京都第8区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:464,884人 最終投票率:54.61%(前回比:-9.32ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
石原伸晃 57 自由民主党 116,193票
47.6%
―― 公明党
円より子 67 民主党 73,348票
30.0%
63.1% 生活の党
沢田真吾 29 日本共産党 37,788票
15.5%
32.5%
鈴木達夫 74 無所属 16,981票
7.0%
14.6% ×
第46回衆議院議員総選挙 東京都第8区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:459,547人 最終投票率:63.93%(前回比:-1.57ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
石原伸晃 55 自由民主党 132,521票
46.9%
―― 公明党
山本太郎 38 無所属 71,028票
25.2%
53.6% 日本未来の党/社会民主党
円より子 65 民主党 54,881票
19.4%
41.4%
上保匡勇 28 日本共産党 23,961票
8.5%
18.1%
第45回衆議院議員総選挙 東京都第8区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:460,985人 最終投票率:65.50%(前回比:+0.89ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
石原伸晃 52 自由民主党 147,514票
49.9%
―― 公明党
保坂展人 53 社会民主党 116,723票
39.5%
79.1% 民主党、国民新党
沢田俊史 58 日本共産党 24,965票
8.5%
16.9%
植田誠一 44 幸福実現党 6,132票
2.1%
4.2%
  • 保坂はかつては22区6区で活動(第44回は比例単独)。後に離党し世田谷区長へ。
第44回衆議院議員総選挙 東京都第8区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:人 最終投票率:64.61%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
石原伸晃 48 自由民主党 161,966票
57.3%
――
鈴木盛夫 39 民主党 94,074票
33.3%
58.1%
沢田俊史 54 日本共産党 26,819票
9.5%
16.6%
第43回衆議院議員総選挙 東京都第8区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
石原伸晃 46 自由民主党 136,429票
55.0%
――
鈴木盛夫 37 民主党 78,007票
31.4%
57.2%
沢田俊史 52 日本共産党 17,572票
7.1%
12.9%
杉山章子 26 社会民主党 16,156票
6.5%
11.8%
第42回衆議院議員総選挙 東京都第8区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
石原伸晃 43 自由民主党 105,779票
43.7%
――
片山光代 60 民主党 77,132票
31.8%
72.9%
山崎和子 55 日本共産党 36,546票
15.1%
34.5%
長谷川英憲 62 無所属 22,799票
9.4%
21.6% ×
第41回衆議院議員総選挙 東京都第8区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
石原伸晃 39 自由民主党 74,856票
32.7%
――
山田宏 38 新進党 67,670票
29.5%
90.4%
八田和佳 36 日本共産党 40,677票
17.8%
54.3%
村田誠醇 49 民主党 37,598票
16.4%
50.2%
辻毅 53 無所属 8,324票
3.6%
11.1% ×
  • 山田は後に杉並区長となる(ただし、第22回参議院議員通常選挙に自身が立ち上げた日本創新党から出馬することになったため、3期目の任期満了を待たずに杉並区長を辞任。そのため、山田の後任を決める杉並区長選が第22回参議院選と同じ日に実施されることとなった)。第46回、47回は東京19区で活動。

関連項目[編集]