山花郁夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山花 郁夫
やまはな いくお
Ikuo Yamahana cropped 1 Ikuo Yamahana 201210.jpg
法務副大臣就任に際して
公表された肖像写真
生年月日 (1967-01-18) 1967年1月18日(51歳)
出生地 日本の旗 東京都調布市
出身校 立命館大学法学部卒業
前職 東京リーガルマインド講師
所属政党 民主党→)
民進党赤松G)→)
立憲民主党
称号 法学士(立命館大学・1989年
親族 山花秀雄祖父
山花貞夫
公式サイト 衆議院議員 山花郁夫

選挙区 東京22区→)
比例東京ブロック
当選回数 4回
在任期間 2000年6月26日 - 2005年8月8日
2009年8月30日 - 2012年11月16日
2017年10月23日 - 現職
テンプレートを表示

山花 郁夫(やまはな いくお、1967年1月18日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(4期)。元外務大臣政務官第1次菅改造内閣第2次菅改造内閣)、元法務副大臣野田第3次改造内閣)。

祖父は元日本社会党副委員長の山花秀雄、父は日本社会党委員長政治改革担当の国務大臣細川内閣)、旧民主党副代表を務めた山花貞夫

来歴[編集]

生い立ち[編集]

東京都調布市生まれ。晃華学園小学校、早稲田中学校、早稲田高等学校立命館大学法学部卒業。大学在学中、弁護士でもある父・山花貞夫の影響を受けて司法試験の勉強を始め、1988年から1997年まで10回連続で司法試験を受験。しかし短答式試験は通過するも論文試験に合格できず、30歳で弁護士の道を断念。司法浪人中は東京リーガルマインドの専任講師も務めていた。また、民主党鳩山由紀夫衆議院議員の秘書を務めた。

政治家として[編集]

2000年、議員在職のまま死去した父・山花貞夫の地盤を引き継いで第42回衆議院議員総選挙東京22区から民主党公認で出馬し、初当選した。2002年民主党代表選挙では、かつて秘書を務めた現職の鳩山代表ではなく菅直人厚生大臣を支持したが、菅は鳩山に敗れた。しかし同年12月、鳩山は代表を辞任。再度、代表選に出馬した菅の推薦人に名を連ね、菅は岡田克也を破って代表に就任。

2003年第43回衆議院議員総選挙では、東京22区で自由民主党伊藤達也(第42回は比例東京ブロック単独で出馬し当選)を破り、再選(伊藤も比例復活)。なお、父の山花貞夫は1996年第41回衆議院議員総選挙で、新進党公認の伊藤に敗れている。

2005年第44回衆議院議員総選挙では第2次小泉改造内閣金融担当大臣を務める伊藤に東京22区で敗れる。民主党大敗の煽りを受け、比例復活ならず落選。

2009年第45回衆議院議員総選挙では東京22区で伊藤を破り、国政に復帰。2010年第1次菅改造内閣外務大臣政務官に任命され、第2次菅改造内閣まで務める。

2012年民主党代表選挙では赤松広隆の推薦人に名を連ねる。同年10月、第3次野田改造内閣法務副大臣に就任。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では東京22区で伊藤に敗れ、比例復活ならず落選。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では東京22区で再び伊藤に敗れ、比例復活ならず落選。

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙には立憲民主党公認で東京22区から出馬[1]。自民党の伊藤達也、希望の党が擁立した女性弁護士[2]日本共産党の新人らを相手に戦い、小選挙区では敗れたものの比例復活で国政復帰[3]

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛同する[4]。「あくまでも選択の幅を広げようとしている、要するにチャンネルを一つふやそうとしているにすぎないわけでありまして、家族の問題がどうであるとか、そのような大きな問題にならない」と述べている[5]
  • 安保関連法は白紙撤回、立憲主義を取り戻す[6]
  • 平和主義を脅かす、憲法9条改正に反対。
  • 近隣諸国との緊張緩和と平和・協力を。
  • アベノミクスの失敗を直視し、バランスの回復を。
  • 未来を担う子どもが生きやすい社会に。

活動[編集]

2011年4月19日日本駐箚パラグアイ特命全権大使ナオユキ・トヨトシ(左)と

人物[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]