今村洋史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
今村 洋史
いまむら ひろふみ
生年月日 (1962-01-28) 1962年1月28日(60歳)
出生地 日本の旗 日本 宮崎県都城市
出身校 埼玉医科大学
前職 精神科医
医療法人理事長
所属政党たちあがれ日本→)
太陽の党→)
日本維新の会→)
次世代の党→)
自由民主党安倍派[1]
公式サイト 今村洋史公式サイト

選挙区 比例東京ブロック
当選回数 1回
在任期間 2012年12月16日[2] - 2014年11月21日
テンプレートを表示

今村 洋史(いまむら ひろふみ、1962年1月28日 - )は、日本政治家精神科医。元衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

宮崎県都城市生まれ、福岡県育ち。埼玉医科大学卒業。精神科医として埼玉県茨城県で勤務医を務める[3]。その後愛知県一宮市今伊勢町で、医療法人有俊会理事長・いまむら病院院長を務める[4]

2011年、たちあがれ日本(青年部)に入党し、かけはし塾第一期生となる[5]

太陽の党を経て、2012年12月の第46回衆議院議員総選挙にて日本維新の会より比例東京ブロック単独(第2位)で立候補し、初当選。

2014年8月、日本維新の会分党にともない次世代の党の結党に参加し、党総務副会長と党選対副委員長に就任した[6]。10月には次期衆院選を想定して選挙区を地元の愛知10区へ構えたが、解散による選挙前倒しにより「準備不足」を理由に立候補を辞退した[7]

2015年自由民主党に入党[8]2017年10月の第48回衆議院議員総選挙では、自民党の比例東海ブロック単独32位で出馬[9]するも落選。

2021年10月の第49回衆議院議員総選挙に向けては、当初は愛知10区からの出馬を目指したが[10]、自民党東京都連が東京15区の候補者として今村を公認申請。しかし、同選挙区を地盤とする柿沢未途衆議院議員が首班指名選挙岸田文雄自民党総裁に投票するなど自民入りを目指した動きをしていることから、1次公認から漏れた[11]。同年10月15日、自民党は2次公認を決定。今村、柿沢双方が無所属出馬し、小選挙区当選した方を追加公認することが発表された[12]。10月31日の投開票の結果、柿沢に大差をつけられ落選。

政策・主張[編集]

憲法問題[編集]

  • 憲法改正について、2017年、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[13][14]
  • 改正すべき項目として「自衛隊の保持を明記する」「首相の解散権に制約を加える」と主張[15]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[16]

ジェンダー問題[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2017年のアンケートでは「反対」と回答[13]。2021年のアンケートでは「どちらかといえば反対」と回答[14]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[16]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、「どちらかといえば反対」と回答[14]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「どちらかといえば反対」と回答[16]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 清和政策研究会 会員紹介
  2. ^ “議員や首長の任期はいつからカウントするか。”. レファレンス協同データベース. (2011年6月16日). https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000087399 2021年8月18日閲覧。 
  3. ^ 週刊現代令和2年7月25日号 亀井静香の政界交差点
  4. ^ 医療法人有俊会いまむら病院スタッフ紹介
  5. ^ 青年部街宣の動画(たちあがれ日本青年部)
  6. ^ 次世代機関紙(号外2表) (PDF)”. 2015年4月13日閲覧。
  7. ^ 衆院選:愛知10区 みんな・杉本氏、「無所属」で出馬(毎日新聞、2014年11月23日中部版)
  8. ^ プロフィール 今村ひろふみ事務所
  9. ^ 今村洋史(比例・東海・自民)【衆議院選挙2017】:読売新聞
  10. ^ “[衆院選2021]予想立候補者一覧…東海”. 読売新聞. (2021年9月21日). https://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20210921-OYT1T50066/ 2021年12月19日閲覧。 
  11. ^ “自民、衆院山口3区など候補者調整が難航”. 産経新聞. (2021年10月13日). https://www.sankei.com/article/20211013-C7JMENGHQZPANEYJ55OOQ3ZTHE/ 2021年10月13日閲覧。 
  12. ^ 自民党 衆院選 第2次公認候補35人を決定 計330人擁立へNHK2021年10月15日付
  13. ^ a b 今村洋史”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  14. ^ a b c 今村洋史”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  15. ^ 憲法改正 改正すべき項目”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  16. ^ a b c d 東京15区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  17. ^ a b c “2012衆院選 東京ブロック 日本維新の会 今村洋史”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_hirei_meikan.html?mid=D05139002002 2014年11月3日閲覧。 
  18. ^ 【今村洋史】国家存立に不可欠な要素、食料安保と政治家の峻別[桜H26/8/6] - YouTube
  19. ^ 【今村洋史】中選挙区制の復活、プレデターネイションに喰い殺されないために[桜H26/7/10] - YouTube

外部リンク[編集]