奥野信亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
奥野 信亮
おくの しんすけ
総務副大臣就任に際し公表された公式肖像写真(2017年)
生年月日 (1944-03-05) 1944年3月5日(80歳)
出生地 日本の旗 東京都[1]
出身校 慶應義塾大学工学部管理工学科
前職 日産自動車取締役
バンテック・グループ・ホールディングス代表取締役社長
現職 党法務部会長
所属政党 自由民主党安倍派→無派閥)
称号 工学士
親族 父・奥野誠亮
弟・奥野正寛
公式サイト 奥野しんすけ公式サイト

選挙区奈良3区→)
比例近畿ブロック
当選回数 6回
在任期間 2003年11月9日 - 2009年7月21日
2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

奥野 信亮(おくの しんすけ、1944年3月5日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(6期)。

法務大臣政務官法務副大臣衆議院法務委員長総務副大臣、自由民主党法務部会長、自由民主党奈良県連会長[2]を歴任。父は衆議院議員の奥野誠亮、弟は経済学者の奥野正寛

来歴[編集]

東京都出身[1]内務官僚だった奥野誠亮と母・宏子の間に長男として生まれる。1962年3月、慶應義塾高等学校卒業。慶應義塾大学工学部管理工学科2年生の1963年11月、父親が衆院選に立候補し初当選した。1966年3月、慶應義塾大学工学部管理工学科卒業。同年4月、日産自動車株式会社に入社[3]

1996年1月、日産自動車取締役に就任。1999年6月、日産グループの株式会社バンテックの代表取締役社長に就任。2003年9月、株式会社バンテックの代表取締役会長兼CEOに就任[3]

衆議院議員に初当選[編集]

父親の奥野誠亮は2003年11月の第43回衆議院議員総選挙に出馬せず政界を引退。その後継として奈良3区から自民党公認で立候補し初当選を果たした。2005年、第44回衆議院議員総選挙で再選。

2006年2月、株式会社バンテックホールディングス取締役に就任。同年9月、第1次安倍内閣法務大臣政務官に就任。

2009年の第45回衆議院議員総選挙民主党新人の吉川政重に敗れ、落選。

2012年の第46回衆議院議員総選挙で日本維新の会新人の西峰正佳、民主党現職の吉川、日本共産党新人の豆田至功の3候補を破り、3期目の当選を果たす。

2014年の第47回衆議院議員総選挙維新の党新人の栗原絵里子、日本共産党新人の正木敦の2候補を破り4選。

2016年、自由民主党人事委員長、清和政策研究会政策委員長に就任。2017年、総務副大臣(主に旧自治省担当)に就任。

2017年6月の公職選挙法改正で奈良4区は廃止され、全域が新しい「奈良3区」となった[4]。候補者調整の結果、同年10月の第48回衆議院議員総選挙は、旧奈良4区の田野瀬太道が奈良3区に回り、奥野は比例近畿ブロックから単独1位で立候補し、5期目の当選を果たした[5]

2020年、自由民主党法務部会長に就任。

2021年の第49回衆議院議員総選挙は比例近畿ブロックから単独1位で立候補し6選[6]

2022年、自民党奈良県連はこの年に行われる予定だった会長選挙を先延ばしにし、それに伴い、奥野は会長職を引き続き担った。同年8月27日、党県連は奥野が同日付で会長を辞任したことを報道陣に発表した。県連幹事長の荻田義雄は奥野の辞任の理由について「任期を過ぎているから」と述べ、7月8日に奈良市内で起きた安倍晋三銃撃事件を受けた引責辞任との見方は否定した[2]。奥野は後任を選ぶ会長選挙に立候補を届け出ていたが、9月25日の総務会で「県連の分裂は回避すべき」などと述べて立候補を取り下げたため、唯一の候補者となった高市早苗が会長に就任した[7][8]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[9]
  • 憲法9条について、2021年の毎日新聞社のアンケートで「改正して自衛隊の存在を明記すべきだ」と回答[10]
  • 改正すべき項目として「自衛隊の保持を明記する」「集団的自衛権の保持を明記する」「環境権に関する条項を新設する」「プライバシー権に関する条項を新設する」「知る権利に関する条項を新設する」「各都道府県から必ず1人は参議院議員を選出するよう明記する」「憲法改正の発議要件を各院の過半数にする」「緊急事態に関する条項を新設する」と主張[9]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[10]

外交・安全保障[編集]

  • 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[9]
  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[9]
  • 徴用工訴訟などの歴史問題をめぐる日韓の関係悪化についてどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで「より強い態度で臨む」と回答[10]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2021年のアンケートで「反対」と回答[9]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートで「反対」と回答[9]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[9]
  • クオータ制の導入について、2021年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[10]

その他[編集]

  • 女性宮家について、2012年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[14]
  • 原発ゼロ政策ついて、2012年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[14]

人物・不祥事[編集]

統一教会との関係[編集]

  • 2012年9月25日、統一教会(世界平和統一家庭連合)の関連団体「世界平和女性連合」真美ケ丘支部、吉野支部の発会式に招待され、出席した。真美ケ丘支部長の自宅も訪問し、会員に対し「家族を中心とした国造りの基軸が崩れた戦後、日本がおかしくなってしまった。憲法を改正し、日本のあるべき姿を取り戻さなくてはならない」と訴えた[15]
  • 2013年6月23日、奥野が代表を務める「自由民主党奈良県第三選挙区支部」は、統一教会の関連団体「世界平和連合奈良県連合会」に支援団体会合費として5万円を支出した[16]
  • 2014年7月6日、「自由民主党奈良県第三選挙区支部」は、「世界平和連合奈良県連合会」に支援団体会合費として3万円を支出した[17]
  • 2021年6月11日、「天宙平和連合」が創設した世界平和国会議員連合の日本の議員連盟「日本・世界平和議員連合懇談会」の総会が衆議院第一議員会館で開催。奥野を含む20人の国会議員が出席し[26]、奥野は幹事に就任した。同議連は前年に設立された団体で、初代会長は大野功統だった[27][28]。総会で会長に選出された原田義昭は6月15日、フェイスブックにその旨を記載するとともに、出席議員と国際勝共連合会長の梶栗正義がガッツポーズをする写真を掲載した[26][28]。翌16日、原田は投稿から写真だけ削除した[29]
  • 2022年6月13日、「日本・世界平和議員連合懇談会」は総会を開催。奥野は会長代行に選出された。顧問である国際勝共連合会長の梶栗が講演をし、講演の際、統一教会の関連団体「平和政策研究所(IPP)」が発行する「政策情報レポート」が配られた。総会資料のアンケート用紙には、梶栗が会長を務める統一教会の友好団体「世界平和連合」[30]に関する記述があり、「次期参議院選挙の地方区で、世界平和連合の応援を希望する議員がおられればお書き下さい」と書かれてあった[31]。奥野は会長代行として、「この懇談会に入っていればしっかり(選挙で)応援してくれる」という趣旨の発言をした[32]
  • 2022年8月4日、AERA dot.は奥野に対するインタビューを配信。奥野は統一教会との関係の詳細を語り、「世界平和連合と付き合い始める前に、文鮮明氏とかかわりがあるのかと尋ねたら、世界平和連合側が『ない』と言った。だから、なぜ世界平和連合との関係を問題視しているか、私にはわからない」と答えた[32]
  • 2022年7月から8月にかけて、共同通信社は、全国会議員712人を対象に、統一教会との関わりを尋ねるアンケートを実施。8月31日に各議員の回答の全文を公表した。岸田文雄首相は8月8日の自民党臨時役員会で、統一教会をめぐり「政治家の責任で関係をそれぞれ点検し、適正に見直してもらいたい」と述べ、党所属国会議員全員に通達するよう指示[33]しながらも、自身はアンケートに答えることを拒否した[注 1]。奥野もアンケートに答えることを拒否した[38][39]
  • 2022年9月15日、会長代行を務めた「日本・世界平和議員連合懇談会」をめぐり、毎日新聞から取材を受けた際、「議連は既に解散した。私は旧統一教会には関わっていない」と答えた[40]

私設秘書の逮捕[編集]

2007年、奥野の私設秘書が大麻を隠し持っていたとして警視庁品川署大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕された[41][42]

寄付金問題[編集]

落選していた2010年及び2011年に、所属する自民党支部に計3,650万円を寄付させ、自らが資金管理団体に還流させることで寄付する形で所得税控除を受けていたことが明らかになった[43]

Jアラート関連[編集]

2017年8月29日の早朝に北朝鮮より弾道ミサイルが発射された(北朝鮮によるミサイル発射実験 (2017年8月))ことにより発信された全国瞬時警報システム(Jアラート)が一部で伝わらなかった問題で、翌30日参議院外交防衛委員会で、「使っている方がもう少し勉強していれば」と、利用者に原因の一部があるとの見方を示した。民進党白眞勲が「勉強しなくても誰でもJアラートは伝えなければいけない。『勉強して頂ければ』と言ったらまずい」と撤回を求めると、「そう言ったとすれば少し撤回するが、我々がもう少し勉強して、スマホのユーザーにしっかり伝わるような宣伝をしていかなくてはいけない」と釈明した[44]

家族・親戚[編集]

元内務官僚・元衆議院議員の奥野誠亮(2016年11月16日に逝去)の長男[45]。弟は東大名誉教授の奥野正寛[45](藤原正寛)。長女は元宝塚歌劇団夢奈さや

元文部科学事務次官の前川喜平、衆議院議員の中曽根康隆日本交通株式会社代表取締役会長の川鍋一朗は遠い親戚にあたる(父・誠亮の従姉妹・尚美が前川昭一の妻で、前川喜平の母、中曽根康隆と川鍋文子(川鍋一朗の妻)の祖母)[46]

選挙歴[編集]

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第43回衆議院議員総選挙 2003年11月9日 59 奈良3区 自由民主党 8万1345票 47.65% 1 1/4 /
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月11日 61 奈良3区 自由民主党 10万4572票 52.89% 1 1/3 /
第45回衆議院議員総選挙 2009年8月30日 65 奈良3区 自由民主党 7万5600票 36.95% 1 2/4 /
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 68 奈良3区 自由民主党 7万6073票 43.12% 1 1/4 /
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 70 奈良3区 自由民主党 7万9334票 52.64% 1 1/3 /
第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 73 比例近畿 自由民主党 28 / 1/9
第49回衆議院議員総選挙 2021年10月31日 77 比例近畿 自由民主党 28 / 1/8

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2019年10月4日、自民党政調会長を務めていた岸田文雄安倍晋三首相の依頼により、来日中の元米国下院議長のニュート・ギングリッチと党本部で30分以上にわたり会談した。会談には米国の統一教会元会長でUPFインターナショナル会長のマイケル・ジェンキンスと国際勝共連合会長兼UPFジャパン会長の梶栗正義が同席し、それぞれ岸田と会話も交わし、名刺交換も行った[34][35][36][37]。このことは長く伏せられていたが、2023年12月4日に朝日新聞がスクープし明らかとなった[34]

出典[編集]

  1. ^ a b 法務大臣政務官”. 首相官邸ホームページ. 2022年9月9日閲覧。
  2. ^ a b 【速報】 自民奈良県連総務会 奥野会長が辞任”. 奈良新聞 (2022年8月27日). 2022年9月9日閲覧。
  3. ^ a b 経歴”. 奥野しんすけ公式サイト. 2022年9月9日閲覧。
  4. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第193回国会 制定法律の一覧 >衆議院議員選挙区画定審議会設置法及び公職選挙法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第五十八号(平二九・六・一六)”. 衆議院 (2017年6月16日). 2021年10月2日閲覧。
  5. ^ 近畿ブロック(比例区)-開票速報-2017衆議院選挙”. 2017衆院選:朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2021年12月9日閲覧。
  6. ^ 【2021年 衆院選】近畿ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  7. ^ “自民党奈良県連の新会長に高市経済安保相が就任”. NHK. (2022年9月26日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20220926/2050011776.html 2023年6月24日閲覧。 
  8. ^ “高市早苗氏、女性初の自民奈良県連会長に…分裂避け前会長は立候補取り下げ”. 読売新聞. (2022年9月26日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220926-OYT1T50002/ 2023年6月24日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g h 奥野信亮”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  10. ^ a b c d e 自民 近畿 奥野信亮”. 第49回衆院選. 毎日新聞社. 2022年6月7日閲覧。
  11. ^ 「赤木ファイル」の存在、国側が認める 森友文書改ざん訴訟 確認に1年以上”. 東京新聞 (2021年5月6日). 2023年5月8日閲覧。
  12. ^ 石井潤一郎 (2021年5月13日). “菅首相、再調査を否定 「赤木ファイル」所在確認も”. 朝日新聞. 2023年5月12日閲覧。
  13. ^ 皆川剛 (2021年10月11日). “岸田首相、森友問題再調査を否定 赤木さん妻「再調査を期待していたので残念」”. 東京新聞. 2023年5月12日閲覧。
  14. ^ a b 2012年、毎日新聞衆議院選挙候補者アンケート
  15. ^ 活動 2012年”. 奥野しんすけ公式サイト. 2022年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月9日閲覧。
  16. ^ 政治資金収支報告書 自民党奈良県衆議院比例区第一支部(平成25年分 定期公表)” (PDF). 政治資金センター. 奈良県選挙管理委員会. 2022年9月8日閲覧。
  17. ^ 政治資金収支報告書 自民党奈良県衆議院比例区第一支部(平成26年分 定期公表)” (PDF). 政治資金センター. 奈良県選挙管理委員会. 2022年9月8日閲覧。
  18. ^ 創立50周年大会に議員・有識者ら500人が結集”. 国際勝共連合 (2018年11月13日). 2022年7月16日閲覧。
  19. ^ ハーバー・ビジネス・オンライン編集部編著『日本を壊した安倍政権』扶桑社、2020年12月2日、116-118頁。ISBN 978-4594086749 
  20. ^ 藤倉善郎 (2020年11月9日). “統一教会系閣僚9人。安倍政権と変わらぬ菅政権の「新宗教・スピリチュアル・偽科学」関係(2/3ページ)”. ハーバー・ビジネス・オンライン. 2020年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月26日閲覧。
  21. ^ a b 鈴木エイト (2019年10月17日). “<政界宗教汚染~安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第9回> “統一教会”の国際会議に自民党国会議員大量出席、清和会会長が来賓として講演”. ハーバー・ビジネス・オンライン. 扶桑社. 2022年11月22日閲覧。
  22. ^ 【独自】統一教会・名古屋4万人イベントの内部写真《来日した韓鶴子総裁と、礼賛した有名政治家たち》(現代ビジネス編集部) @gendai_biz”. 現代ビジネス (2022年7月14日). 2022年7月18日閲覧。
  23. ^ HJ PeaceTV (2019年10月12日). “HJグローバルニュース (2019年 10月 12日)”. YouTube. 2022年10月21日閲覧。
  24. ^ 平和大使運動の紹介”. UPF-Japan. 2022年11月28日閲覧。
  25. ^ 【衆院選2021】総力特集・カルト候補ぜんぶ載せ!”. やや日刊カルト新聞 (2021年10月27日). 2022年9月9日閲覧。
  26. ^ a b “21人のガッツポーズ”細田衆院議長の姿も・・・旧統一教会と自民党が国会内で集会、出席した元閣僚「選挙にプラスになる」”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年7月26日). 2022年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月9日閲覧。
  27. ^ 日テレNEWS (2022年7月25日). “【“統一教会”と政治家】2年前設立の議員連合“顧問”に… 名簿を入手”. YouTube. 2022年8月2日閲覧。
  28. ^ a b 原田義和 Facebook 2021年6月15日” (2021年6月15日). 2022年7月18日閲覧。
  29. ^ 日テレNEWS (2022年7月29日). “【ライブ】銃撃事件から3週間:“統一教会”と政治家の関係…続々と明らかに”. YouTube. 2022年8月1日閲覧。
  30. ^ 会長挨拶”. 世界平和連合. 2022年8月2日閲覧。
  31. ^ 今西憲之、吉崎洋夫 (2022年7月29日). “旧統一教会系団体に参院選の応援「希望する議員いれば記入を」 自民党が幹部の議連でアンケート”. AERA dot.. 2022年8月1日閲覧。
  32. ^ a b 吉崎洋夫 (2022年8月4日). “「○○容疑者は家庭がしっかりしていれば」旧統一教会系の自民議連トップ 奥野議員が激白”. AERA dot.. 2022年9月9日閲覧。
  33. ^ 旧統一教会との関係点検指示 首相、自民の全国会議員に通達へ”. 共同通信 (2022年8月8日). 2022年8月10日閲覧。
  34. ^ a b 沢伸也、高島曜介 (2023年12月4日). “「首相、旧統一教会系トップと面会」 19年に党本部で 関係者証言”. 朝日新聞. 2023年12月4日閲覧。
  35. ^ 首相とギングリッチ氏面会「安倍氏が要請」 教団関係者同席問題”. 朝日新聞 (2023年12月4日). 2023年12月4日閲覧。
  36. ^ 沢伸也、高島曜介 (2023年12月5日). “米国の旧統一教会元会長も同席か 岸田氏面会時とみられる写真も”. 朝日新聞. 2023年12月5日閲覧。
  37. ^ 沢伸也、高島曜介 (2023年12月7日). “岸田氏との面談は教団友好団体が「手配」 元米議長が認め、写真提供”. 朝日新聞. 2023年12月7日閲覧。
  38. ^ 旧統一教会との接点、全国会議員712人に聞いてみた【全回答の一覧付き】FAXで回答”. 共同通信 (2022年8月31日). 2022年8月31日閲覧。
  39. ^ 全国会議員712人アンケート 旧統一教会と政治の関係”. 共同通信 (2022年8月31日). 2022年8月31日閲覧。
  40. ^ 東久保逸夫、李舜 (2022年9月15日). “参院選前、旧統一教会系応援希望アンケート 自民議員らに配布”. 毎日新聞. 2022年9月21日閲覧。
  41. ^ 「奥野信亮衆議院議員の私設秘書、大麻所持で現行犯逮捕」読売新聞、2007年5月16日
  42. ^ 「大麻所持 国会議員元秘書を逮捕 警視庁」毎日新聞、2007年5月16日
  43. ^ 迂回寄付、和歌山・奈良の衆院議員も 読売新聞 2013年4月12日[リンク切れ]
  44. ^ “Jアラート不具合「利用者が勉強を」 副大臣が発言撤回”. 朝日新聞. (2017年8月30日). http://www.asahi.com/articles/ASK8Z5FM0K8ZUTFK019.html 2017年10月8日閲覧。 
  45. ^ a b “【奥野元法相死去】葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会”. 産経新聞. (2016年11月17日). オリジナルの2016年11月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161118134835/http://www.sankei.com/politics/news/161117/plt1611170023-n1.html 
  46. ^ 教育勅語、国体思想には他民族排除の思想がビルトインされている 元文部科学事務次官・前川喜平氏に訊く②”. 集英社新書プラス. 2022年8月4日閲覧。
  47. ^ “2019年12月号_2面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2019年11月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2020/07/2019%E5%B9%B412%E6%9C%88_%EF%BC%92%E9%9D%A2.pdf 2020年7月21日閲覧。 
  48. ^ 吉崎洋夫 (2022年8月4日). “「xx容疑者は家庭がしっかりしていれば」旧統一教会系の自民議連トップ 奥野議員が激白”. AERA dot. (アエラドット). 2022年8月8日閲覧。
  49. ^ a b c d 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代
江﨑鐵磨
日本の旗 衆議院法務委員長
2014年 - 2016年
次代
葉梨康弘
公職
先代
原田憲治
赤間二郎
日本の旗 総務副大臣
坂井学と共同

2017年 - 2018年
次代
鈴木淳司
佐藤ゆかり
先代
後藤茂之
日本の旗 法務副大臣
2013年 - 2014年
次代
葉梨康弘
先代
三ッ林隆志
日本の旗 法務大臣政務官
2006年 - 2007年
次代
古川禎久