この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

小原舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小原 舞
おはら まい
生年月日 (1974-07-10) 1974年7月10日(43歳)
出生地 日本の旗 京都府舞鶴市
出身校 関西学院大学法学部
京都大学大学院法学研究科修士課程
前職 海上自衛官
所属政党 民主党前原野田グループ)→)
無所属
称号 法学修士(京都大学・2007年)
公式サイト おはら舞 オフィシャルサイト

選挙区 舞鶴市選挙区
当選回数 1回
在任期間 2015年 - 現職

選挙区 比例近畿ブロック京都5区
当選回数 1回
在任期間 2009年8月30日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

小原 舞(おはら まい、1974年7月10日 - )は、日本政治家、元海上自衛官京都府議会議員(1期)。元衆議院議員(1期)。

来歴

京都府舞鶴市生まれ。舞鶴市立新舞鶴小学校、舞鶴市立青葉中学校京都府立東舞鶴高等学校卒業。高校卒業後、海上自衛隊舞鶴地方総監部に入隊[1]1999年関西学院大学法学部政治学科を卒業。舞鶴市役所の臨時職員、植木職人を経て、2003年よりNPO法人「舞鶴市女性センターネットワークの会」事務局長。2007年京都大学大学院法学研究科修士課程国際公共政策専攻で修士号を取得し、松下政経塾に入塾した。

2009年第45回衆議院議員総選挙民主党公認で京都5区から出馬。自由民主党前職で、財務大臣国土交通大臣自由民主党政調会長を歴任したベテラン議員である谷垣禎一を猛追したが、約7千票差の僅差で敗れ、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、初当選した[1]

2012年第46回衆議院議員総選挙では、民主党公認で京都5区から出馬するが、自民党の谷垣に大差で敗れ、比例復活もならず落選した。2014年第47回衆議院議員総選挙でも再び谷垣に敗れる。2015年2月、京都府議会議員選挙に舞鶴市選挙区(定数2)から出馬する意向を表明[2]無所属(民主党推薦)で立候補し、京都2区選出の前原誠司衆議院議員や多々見良三舞鶴市長らの支援を受け、5人が立候補した乱戦を制して得票数2位で当選した[3]

政策

  • 選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらかといえば賛成」としている[4]

人物

脚注

関連項目

外部リンク