長尾秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長尾 秀樹
ながお ひでき
生年月日 (1952-02-14) 1952年2月14日(69歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
出身校 京都大学法学部
前職 地方公務員大阪市
所属政党民主党→)
民進党→)
旧立憲民主党→)
立憲民主党菅G
公式サイト ながお秀樹 公式WEBサイト

選挙区 比例近畿ブロック大阪5区
当選回数 1回
在任期間 2017年10月27日[1] - 現職

選挙区 東淀川区選挙区
当選回数 3回
在任期間 2003年 - 2015年
テンプレートを表示

長尾 秀樹(ながお ひでき、1952年2月14日 ‐ )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(1期)。元大阪市会議員(3期)。

来歴・人物[編集]

兵庫県神戸市生まれ[2]大阪府東淀川区在住[3]

1976年3月、京都大学法学部卒業。同年4月、大阪市役所に入庁。2001年12月、大阪市役所を退職[3]

2003年4月に行われた大阪市会議員選挙(東淀川区選挙区)に民主党公認で立候補し初当選。以後、計3回連続当選。2015年の市議選(定数6)は次点で落選[4][5]

2016年5月、民進党大阪府第5区総支部長に就任。

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙大阪5区から立憲民主党公認で出馬し、公明党國重徹に敗れるも比例復活で初当選を果たした[6][1]。2018年11月より党大阪府連幹事長[7]。2020年9月の新立憲民主党結党に参加。

2021年4月に新型コロナウイルスに感染したと報じられた[8]。9月、年齢や持病を理由として第49回衆議院議員総選挙には出馬せずに政界から引退することを表明した[9]

政策[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成29年(2017年)10月27日中央選挙管理会告示第26号(平成二十九年十月二十二日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ 立憲民主党 | 衆院選2017 議員情報 長尾秀樹
  3. ^ a b プロフィール | ながお秀樹 衆議院議員|立憲民主党公認
  4. ^ “【統一地方選】大阪で「歴史的大敗」の民主…「大変厳しい結果」「解党的出直しを迫られるだろう」”. 産経新聞. (2015年4月13日). http://www.sankei.com/west/news/150413/wst1504130021-n1.html 2017年10月25日閲覧。 
  5. ^ 開票結果-政令市議選・大阪府【統一地方選2015】:読売新聞
  6. ^ 大阪-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  7. ^ “立憲民主党大阪府連、新代表に辻元氏選出”. 産経新聞. (2018年11月17日). https://www.sankei.com/west/amp/181117/wst1811170021-a.html 2018年11月18日閲覧。 
  8. ^ “立民 長尾秀樹衆議院議員 新型コロナ感染確認 国会議員12人目”. 熊本日日新聞. (2021年4月21日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210421/k10012988951000.html 2021年9月3日閲覧。 
  9. ^ “立民の長尾秀樹氏が引退へ”. 熊本日日新聞. (2021年9月3日). https://kumanichi.com/articles/381518 2021年9月3日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m 2017衆院選 朝日東大谷口研究室調査

外部リンク[編集]