この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

上西小百合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
上西 小百合
うえにし さゆり
生年月日 1983年4月30日(33歳)
出生地 大阪府羽曳野市
出身校 神戸女学院大学
前職 美容関連会社勤務
所属政党 日本維新の会→)
維新の党→)
無所属

選挙区 比例近畿ブロック大阪7区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月21日[1] - 現職
テンプレートを表示

上西 小百合(うえにし さゆり、1983年(昭和58年)4月30日 - )は、日本政治家衆議院議員(2期)。「浪速のエリカ様」の愛称を持つ[2]日本維新の会で女性局事務局長を務めた。

経歴・人物

1983年(昭和58年)4月30日[3]大阪府羽曳野市に生まれる[4]大阪教育大学附属天王寺小学校同中学同高校神戸女学院大学を卒業[4]。卒業後は日新火災海上保険に就職し2年間勤務した後、美容関連会社の阪南理美容に転職し2012年(平成24年)10月まで働く[5][6]。同年3月に維新政治塾に参加した。学生時代は、天神祭の「ギャルみこし」のキャンペーンガールにもなる[7]

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙大阪7区日本維新の会公認で出馬。選挙区では自由民主党現職の渡嘉敷奈緒美に得票率3.8ポイント差で敗れ2位であったが重複立候補していた比例近畿ブロックで復活当選した。当選後は総務委員会消費者問題に関する特別委員会政治倫理審査会に所属。日本維新の会大阪府第7選挙区支部支部長、女性局事務局長、党道州制社会部会委員などを務めた[要出典]

2014年の維新分党に際して松野頼久らとともに橋下徹共同代表を中心とするグループに参加、その後の人事で党国会議員団副幹事長に就任[8]。同年9月に維新と結いが合併して維新の党が結党すると引き続きこれらの役職を務めた。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では大阪7区で渡嘉敷に再び敗れたものの、比例復活で再選。

2015年4月4日、大阪維新の会より除名され、同日維新の党も除名を決定した。これにより、無所属の議員として活動していくことを表明している。

2015年8月21日、自身の生い立ちや維新の会除名騒動について等の自伝に加え、写真家の西田幸樹による撮り下ろし写真も掲載したフォト自叙伝『小百合』を双葉社より刊行[9]

政策・主張

なお、上西本人はウィキペディアの自身の記事に関して、2016年5月、ツイッターで「核兵器を条件付きで容認するという記述は石原慎太郎日本維新の会に書かせたものであり、私自身は最近まで知らなかった」と発言した。また同時に「核兵器を是とする議員がいるかどうか疑問であり、原発は存在することさえ異常であると思っている」という趣旨のツイートも行った[11]

不祥事

運動員の逮捕

2012年12月20日、公職選挙法違反(買収)容疑で、上西の選挙運動を行っていた会社員が大阪府警に逮捕された。容疑は、12月中旬にさいたま市内で、関東地方に住む20代から30代の男性運動員3人に対し、公示後に選挙運動をした報酬として、1人当たり現金約20万円を渡した疑い。大阪府警捜査2課によると、容疑者は容疑を認め、運動員3人も事情聴取に対し「現金を受け取った」と供述している。これを受けて、日本維新の会の幹部は「『選挙違反はないように』と徹底して取り組んできたので残念。事実関係を調査し、厳格に対応する」と述べている[12]。これにより、維新の会から厳重注意を受けた[13]

維新の党からの除名処分

2015年3月13日に体調不良を理由に衆議院本会議を欠席するも、翌14、15日に知人男性と旅行に出かけていたことを週刊誌に報じられる[14]。この報道に対して自身のFacebookにて一連の経緯に関して釈明を行い[15]、4月3日には橋下徹大阪維新の会代表同席の下で記者会見を開き、「私的な旅行でなく、仕事での宮津市行きであった」と説明[16]するも、翌4月4日に橋下は統一地方選の街頭演説中、上西本人に対して議員辞職を求めたが拒否されたと述べ、「許すことはない。あの議員とは二度と付き合わない」と発言。

橋下は上西に「1回辞めて、2年間3年間もう1回修行積んで、次の選挙の時に一生懸命努力して、また維新の党から出てしっかりやればいい。だから1回どうですか、時間置きませんか」と述べたところ、上西は「法に触れない限りは議員の身分は奪われません」と答え議員辞職を拒否し[17]、「いや、もう、それだったら除名で結構です」と答えたという。

維新の党の江田憲司代表は、4日にも党として厳しい処分を決める方針を明らかにし[17]、党紀委員会を開き上西を党から除名(除籍)処分とする決定をし公表した[18][19]。上西の処分決定後、大阪維新の会幹事長(大阪府知事)の松井一郎は「(上西を議員に)擁立した責任はこの僕にある」と悔悟の言葉を述べた[19]。上西は維新の党幹事長の松野頼久に対して「議員辞職はしない」と表明し[19]、朝日新聞の取材に対しても「議員辞職はせずに無所属で頑張っていく」とコメントした[18]

ヤジ被害

2014年4月の衆議院総務委員会にて、上西の質問中に、委員会室にいた大西英男自民党)から「まず自分が子どもを産まないとダメだぞ」というヤジを受けた。大西は当初朝日新聞の取材に対し「記憶がない」と述べていたが[20]、のちにこれを認め、謝罪を行った[21][22]

所属団体・議員連盟

書籍

テレビ出演

脚注

  1. ^ 平成24年(2012年)12月21日中央選挙管理会告示第37号(平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ “浪速のエリカ様”上西氏が復活当選よDAILY SPORTS ONLINE2012年12月17日配信(配信日に閲覧))
  3. ^ 上西小百合氏、キャンギャルも経験の元OL…大阪7区[リンク切れ]スポーツ報知2012年12月9日06:03配信(2012年12月17日閲覧))
  4. ^ a b 維新の“刺客”上西氏、学生時にキャンペーンガール…大阪7区スポーツ報知大阪版2012年11月20日11:11配信(2012年12月17日閲覧))
  5. ^ a b c d e f g 2012年衆院選 比例代表 近畿ブロック 日本維新の会毎日.jp(2012年12月17日閲覧))
  6. ^ 大阪7区に元キャンギャル上西氏 橋下演説で“維新”伝心スポニチアネックス2012年11月30日06:00配信(2012年12月17日閲覧))
  7. ^ 女性候補2人が猛追 官房長官陣営に悲鳴 大阪7区ZAKZAK2012年12月16日配信(2012年12月17日閲覧))
  8. ^ 日本維新の会 国会議員団 副幹事長を拝命致しました。”. うえにし小百合オフィシャルブログ「日々維新(ひびこれあらた)素直で謙虚に“ありがとう”を伝えます。」Powered by Ameba (2014年6月20日). 2014年10月27日閲覧。
  9. ^ 小百合”. 株式会社双葉社. 2015年9月1日閲覧。
  10. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  11. ^ 上西議員、ウィキ核武装記述は「維新が石原慎太郎に言われて」「橋下徹の焦り」 2016年5月11日閲覧 デイリースポーツ
  12. ^ 『nikkansports.com』(2012年12月21日)「維新・上西氏の運動員を買収容疑で逮捕
  13. ^ 維新、上西議員を厳重注意…運動員の公選法違反yomiuri online2013年1月15日配信(配信日に閲覧))
  14. ^ 維新・上西議員に橋下氏「辞めたほうが」衆院本会議欠席で男性秘書と旅行 スポーツ報知 2015年4月2日閲覧
  15. ^ うえにし小百合(上西小百合) 上西小百合Facebook 2015年4月1日付
  16. ^ 維新の党:旅行は「仕事」…上西議員が説明 国会欠席問題 毎日新聞 2015年4月4日閲覧
  17. ^ a b 上西小百合氏に議員辞職求めたが拒否された橋下徹氏「許すことはない」The Huffington Post 2015年4月4日
  18. ^ a b 維新の党、上西議員を除名 橋下氏「二度と付き合わぬ」 朝日新聞新聞デジタル 2015年4月4日閲覧
  19. ^ a b c 国会欠席問題:維新の党も上西議員を除名 毎日新聞 2015年4月5日閲覧
  20. ^ 「国会でも女性蔑視ヤジ『まず自分が産まないとダメだぞ』」 朝日新聞 2014年7月4日
  21. ^ 「セクハラやじは自民党の大西英男衆院議員」共同通信 2014年7月4日
  22. ^ 「上西小百合氏が謝罪を受け入れ」共同通信 2014年7月4日
  23. ^ 参加メンバーとして、misono重盛さと美ダレノガレ明美おかずクラブ三船美佳カイヤ遠野なぎこ遼河はるひと共演。

関連項目

外部リンク