ノート:上西小百合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

典拠が示されている記述を、ノートでの合意形成なしに除去することはおやめください[編集]

Wikipedia:存命人物の伝記」に明記されているように、存命人物の記事においては「出典無き批判は除去」が大原則です。

一方、典拠が示されている記述をノートにおける合意形成を経ずに削除することは適切ではありません。「もし、ある記述や事件が有名で本人の業績にとって重要で記載するに値するものであり、信頼できる公表済みの情報源できちんと文書化されているものなら、たとえ否定的なもので当の本人が嫌がろうと、記事に含めるにふさわしいでしょう。」とあるように、典拠がある記述については、この条件を満たしていないことをコミュニティの合意として確認しない限り、記述を除去するのは適切ではありません。

典拠があっても、不適切な記述であるとコミュニティで合意が形成されれば、当然その記述は除去されるでしょう。独断での、典拠が示されている記述の除去はおやめください。--山田晴通会話) 2013年10月23日 (水) 19:31 (UTC)