浅野裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
浅野 裕子
誕生 (1952-01-18) 1952年1月18日(70歳)
日本の旗 日本静岡県
職業 小説家エッセイスト、元作詞家、元女優
ジャンル 小説エッセイ
テンプレートを表示

浅野 裕子(あさの ひろこ[1]1952年1月18日[1]。 - )は、日本小説家エッセイスト、元作詞家、元女優静岡県出身[1]。本名同じ[1]

来歴[編集]

静岡英和学院大学在学中にスカウトされ、雑誌『装苑』や資生堂のCMなどモデルとして活動[1]。26歳になってから文章を書く仕事を始め[1]1979年に「蘇える金狼のテーマ」で作詞家デビュー[1]テレビ朝日製作の音楽番組『ザ・ベストヒット'83』では、小林克也ビートたけしと共に 司会を務めていた[1]

主な著作[編集]

  • 今より輝く素肌になるため(マガジンハウス
  • 一週間で女を磨く本(幻冬舎
  • 素肌革命(三笠書房
  • 「きっと、うまくいく自分」に変わる本(三笠書房)
  • 「男」のおしゃれ(三笠書房)
  • 八月のシャネルスーツ(幻冬舎文庫

作詞作品[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 河北新報 1983年8月26日 24面「登場」コーナー