伊秩弘将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊秩 弘将
出生 1963年4月26日(52歳)
出身地 日本の旗 日本東京都港区
ジャンル J-POP
職業 ミュージシャン
音楽プロデューサー
ソングライター
活動期間 1987年 - 現在
事務所 ケイダッシュアワーソングスクリエイティブ
共同作業者 ICE BOX
HIM
公式サイト 伊秩弘将 ウェブサイト

伊秩 弘将(いぢち ひろまさ、1963年4月26日 - )は、日本ミュージシャン音楽プロデューサーソングライターケイダッシュグループ・アワーソングスクリエイティブ所属。血液型はO型。

ボーカル&ダンスグループ・SPEEDの音楽プロデューサー。

来歴・人物[編集]

1987年渡辺美里シングル作曲家森高千里のデビュー曲で作詞家デビュー。両者の飛躍に貢献し、ソングライターの知名度を上げる。1989年にはシンガーソングライターとしてもデビューする。その後も、久宝留理子谷村有美などのガールポップ歌手を中心に、楽曲を提供する活動を続ける[1]

1990年代小室ブームを代表とした、ソングライター個人によるプロデュース音楽が流行する。ブーム全盛の1990年代半ばにデビューしたSPEEDを筆頭に、ガーデンズdeeps八反安未果などのプロデュースで、自身も一躍脚光を浴び、小室哲哉小林武史つんくなどと並んで、評価を受けた。その後も様々なアーティストのプロデュース、楽曲提供などを展開しながら、映画やテレビドラマのサウンドトラック制作をはじめ、単独でのテレビ出演、自身のエッセイ&作詞集の発売をするなど、仕事の幅を広げている。

SPEEDなどをプロデュース

1996年にデビューしたボーカル&ダンスグループ・SPEEDのデビュー曲「Body & Soul」から、グループ最初の解散まで全曲をプロデュースした[1]。解散後は、各メンバーのソロ楽曲もプロデュースしている。2008年9月、3度目の再結成をして完全復活したグループのプロデュースを再開し、再度活動停止する2013年4月まで支援した。同年7月、アイドルユニット・アイドリングNEO(現・NEO fromアイドリング!!!)の音楽プロデューサーに就任し、新たな活動を開始した[2]

略歴[編集]

学生時代

千代田区立番町小学校に通学していた9歳の頃から作曲活動を始め、13歳からは作詞もするようになり、麹町中学校在学中の間まで、150曲以上の楽曲を作る。東京都立千歳丘高等学校時代はアマチュアロックバンドを結成し、この頃からレコード会社への売り込みなどを、模索するようになる[3]

プロ活動までの経緯

1985年神田外語学院卒業後、一旦就職するが、「ここは自分の場所じゃないとわかった」という理由で、僅か1週間で退社。その後、ソングライターになる夢を実現させるために、約200本のデモテープを各レコード会社に持ち込んだという[3]。バイト先は、六本木の音楽関係者が打ち合わせに来るカフェを選び、接客する際にデモテープを関係者に渡しアピールしていた。同時にピアノ弾き語りのライブ活動も、精力的に行なった[4]

1987・88年 ソングライターデビュー

1987年渡辺美里サイドの新人作曲家募集に応募して採用され、作詞では森高千里サイドから依頼が届いた。渡辺美里の8th両A面シングルIT'S TOUGH/BOYS CRIED(あの時からかもしれない)」で作曲家デビュー、オリコン週間チャートで初登場2位を記録した。次いで森高千里のデビュー曲「NEW SEASON」[注 1] で作詞家デビュー[3]

1988年、渡辺美里の3rdアルバム『BREATH』を皮切りに、提供曲を収録した渡辺のアルバム5作が、連続してミリオンヒットを記録する。提供シングルでは、10th「恋したっていいじゃない」が25万枚を超えるヒットを記録。森高千里の2nd、3rdシングルの作詞も引き続き手掛け、2ndアルバム『ミーハー』では8曲の作詞を担当した。渡辺美里の飛躍、森高ワールドの基礎を作り、ソングライターとしての知名度を上げる。

1989 - 93年 ソロ活動

1989年3月、BMGビクターから、シングル「アンブレラ・ストーリー」でソロデビューし[3]、翌月に1stアルバム『99.99』をリリース。同年秋には2ndシングル「カタストロフ」をリリースした。「FM ROCK KIDS」というラジオDJ番組を1年間務める。また、日本青年館日清パワーステーションでのライブ、全国20か所ピアノ弾き語りライブを敢行。

1990年2月、2ndアルバム『BOYS BE AMXIOUS』をリリース。原宿ホコ天でピアノ弾き語り・ゲリラライブを敢行。NHKドラマ「振り向けば春」の音楽を担当、ドラマ内でスナックバンド役としても出演し、未発表曲の「TOKYOLIFE」を演奏。

1993年6月、ソニー・ミュージックエンタテインメントに移籍し、3rdアルバム『BANG!』をリリース。3rdシングル「抱きしめたい」が、バラエティ番組水着でKISS ME』のエンディング曲に起用され、再現ドラマにも本人役で出演し、お笑いコンビ・ホンジャマカと共演することとなった。

1994・95年 ユニット・プロジェクト

1994年、4thシングル「Kissが止まらない」が、スリムビューティハウスのCMソング、5thシングル「あの夏の二人」が、TVドラマ『先生はワガママ』の主題歌になる。これ以降、ソロ音楽活動は停止する。久宝留理子に提供したシングル「」がカメリアダイアモンドのCMに起用され、50万枚の大ヒット。吉岡忍池田聡中西圭三と共に期間限定ユニットICE BOXを結成。ミュージックステーションに出演。大阪城ホール東京ベイNKホールにてライブ出演。森高千里への提供楽曲「叔母さん」のレコーディングにピアニストとして参加。

1995年、実験プロジェクトとしてHIMを主宰し、アレンジャーとしてプロジェクトに参加していた後の盟友・水島康貴らと共に、覚えやすくシンプルな歌メロありきの、4つ打ちダンスミュージックを主とした楽曲制作に、本格的に乗り出す。このHIMというプロジェクトでの経験と、ソングライティング能力を高く評価した当時のライジングプロダクション社長・平哲夫から、まだ売り出す方向性も定かではなく、デビュー前だったSPEEDプロデュースを依頼され、受諾した[5]

1996 - 99年 音楽プロデューサー

1996年、プロデュースしたSPEEDがシングル「Body & Soul」でデビュー。さらに同年発売した2ndシングル「STEADY」で、自身にとって初のミリオンセラーを達成。「行ーかなーくちゃ」というリフで耳馴染みの深い、ローソンCMソングであった森高千里の「Let's Go!」がシングルとしてリリースされる。

1997年、SPEEDの3rdシングル「Go! Go! Heaven」が、初のオリコン週間チャート1位を獲得。1stアルバムStarting Over』が190万枚の売上を記録し、SPEEDの代表曲とも言える「White Love」の大ヒット(オリコン3週1位で売り上げ200万枚・カラオケ14週連続1位達成)によって、自身は一躍有名音楽プロデューサーの仲間入りを果たす。自身がプロデュースするガーデンズがシングル「Future's Memories/Bye Bye Blue」で、deepsがシングル「Love is Real」で共にデビューした。

1998年、SPEEDの6thシングル「my graduation」がオリコンチャート3週連続1位を獲得し170万枚の大ヒット。プロデュースした八反安未果がシングル「Miss You 〜忘れないで〜」でデビュー。自身の手掛けるdeepsの「ハピネス」が主題歌となったTVドラマ『おそるべしっっ!!!音無可憐さん』にゲスト出演。SPEEDの2ndアルバム『RISE』が230万枚を突破。またガーデンズの1stアルバム『A place in the Sun』が、25万枚のヒットとなった。次いで自身が主宰するユニット・HIMの楽曲「SHOOTING STAR」を八反安未果がカバー。deepsのデビューアルバム『Lovely!』は20万枚を売り上げ、この時期が関連作品のリリース数が最も多い時期となった。『笑っていいともテレフォンショッキング』、NHK『トップランナー』、ユーミンの『オールナイトニッポン』などの番組にも精力的に出演。SPEEDのベストアルバム『MOMENT』が250万枚の大ヒットを記録。この年はまさに自身の大躍進となり、オリコン年間作曲家ランキング1位を記録。作詞家では2年連続2位となる。

1999年知念里奈、SPEED、Eriko with Crunch(今井絵理子)、八反安未果、HITOE'S 57 MOVE(新垣仁絵)、dps(deeps)、MAX、hiro(島袋寛子)が、HIMの楽曲のカバーを相次いでリリース。SPEEDの2年連続4大ドームツアーの最終日、福岡ドーム公演でのアンコールにサプライズ出演、グランドピアノごとせり上がってきた伊秩の登場に会場が湧いた。FM横浜"ガーデンズカフェ"で久しぶりにレギュラーDJを担当する。幻冬舎より「AnotherSweetField」という初のエッセイ&作詞集を発売。

2000年代

2000年3月、ガーデンズがベストアルバム『HORIZON millennium album & singles』のリリースを最後に、活動を停止。SPEEDが3月31日を以って解散した。解散後にソロ活動を始めた、hiro(島袋寛子)とEriko with Crunch(今井絵理子)のプロデュースを引き続き担当する。

2001年2003年に、SPEEDが期間限定の再結成を果たし、プロデュースを行う。shela上戸彩中島美嘉に楽曲提供。

2005年2007年KinKi Kidsに楽曲提供したシングル「SNOW! SNOW! SNOW!」オリコン初登場1位。また、2006年〜2007年にかけては、渡辺美里に楽曲提供したシングル「おねがい太陽〜夏のキセキ〜」「その手をつないで」が相次いでリリースされ、w-inds.のアルバム『Journey』に「地図なき旅路」「Celebration」の2曲を提供(共に作詞・作曲)。イギリスで先行デビューを果たしたSATOMI'のデビュー曲「Yesterday」の共作詞・作曲を手掛けた[5]

2008年、SPEEDが3度目の再結成をして完全復活。プロデュースも再開した。10月20日、『SPEEDのオールナイトニッポンSPECIAL』にゲスト出演。11月12日、完全復活後初の15thシングル「あしたの空」をリリース。

2009年8月5日、SPEEDのアルバム『SPEEDLAND -The Premium Best Re Tracks-』をリリース。9月5日皮切りの全国ツアーFamilyMart presents SPEED LIVE 2009 -Welcome to SPEEDLAND-をプロデュース。

2010年代 SPEED活動停止〜現在

2010年4月21日、SPEEDの17thシングル「ヒマワリ -Growing Sunflower-」をリリース。4月24日から始まったSPEEDの全国ツアー"SPEED LIVE 2010〜GLOWING SUN FLOWER〜"も併せてプロデュース。11月10日にはイオンヒートファクトCMソングをプロデュースした19thシングル「Let's Heat Up!」をリリース。

2011年、SPEEDのDVDBEST『BIBLE』をプロデュース。6月2日と10月21日、渋谷の DUO Music Exchange にて、ピアノ弾き語りシークレットライブを敢行。Kinki Kidsの12thアルバム『K album』に、秋元康とのコンビで5年振りに楽曲を提供。女子中学生ダンスユニットFairiesの2ndシングル「Sweet Jewel」をプロデュース。

2012年、SPEEDの5thアルバム『4 COLORS』に、既発シングル曲を含む4曲を提供。作詞家・湯川れい子との共作で、吉田照美に曲を提供。テレビ朝日の深夜ドラマ『私のホストちゃん』(club Vanilla & 甘王 名義)の挿入歌を担当。

2013年テレビ朝日の深夜ドラマ『ガールズトーク〜十人のシスターたち〜』(シスターフューチャリング天一 名義)の挿入歌を担当。自ら発掘して2年間育成したシンガーソングライターmotoの楽曲「桜の声」を含む、デビューミニアルバムをプロデュース。4月、SPEEDが活動を停止する。8月、女性アイドルユニット・アイドリングNEO(現・NEO fromアイドリング!!!)の音楽プロデューサーに就任し、デビューシングル「mero mero」をリリース[2]

2014年、元ヒステリックブルーTamaのソロデビューアルバムに3曲提供。アイドリングNEO(現・NEO fromアイドリング!!!)の2ndシングル「Sakuraホライズン」と3rdシングル「キミといたナツ」をリリース[6]GALETTe*の3rdシングル「Brand-New Style」を作詞・作曲。フェアリーズのメンバー伊藤萌々香のソロデビューシングル「Poker Face」をプロデュース。人気声優ユニット・petit miladyにアルバム曲を提供。6月13日、NHK-FMの音楽トークラジオ『ヒャダインの"ガルポプ!"』に出演し、これまでのHistoryを語った。

2015年、どる☆NEO(Doll☆Elements×NEO fromアイドリング!!!)のDVDシングル「ショコラ☆ロマンティック」、NEO 4thシングル「無限ラビリンス」のほか、prediapaletフェアリーズGALETTeなど女性アイドルグループの楽曲をリリース。渡辺美里のアルバム『オーディナリー・ライフ』に作曲を提供。

その他[編集]

カバー・リメイク

2010年代には、著名なアーティストによる楽曲のカバーが増加した。HappinessHKT48が「Body & Soul」、Dream5が「Wake Me Up!」、BABYMETALすたーふらわーが「White Love」、倖田來未が「」、華原朋美が「my graduation」など。また、森高千里が、過去に提供された楽曲25曲をリメイクし、アルバムとミュージック・ビデオを発表。YouTubeにも全曲公開した。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 1st「アンブレラ・ストーリー」(1989.3.21/BMGビクター
  • 2nd「カタストロフ」(1989.9.21/BMGビクター)
  • 3rd「抱きしめたい」(1993.6.21/Sony Records
  • 4th「Kissが止まらない」(1994.2.21/Sony Records)
  • 5th「あの夏の二人」(1994.8.4/Sony Records)

アルバム[編集]

  • 1st『99.99』(1989.4.21/BMGビクター)
  • 2nd『BOYS BE AMXIOUS』(1990.2.21/BMGビクター)
  • 3rd『BANG!』(1993.6.21/Sony Records)

主宰 / 楽曲提供[編集]

HIM(ユニット名はHiromasa Ijichi Melodiesの略。自身の名を冠したユニット自体を主宰)

シングル
アルバム

プロデュース / 楽曲提供[編集]

SPEED[編集]

シングル
アルバム
  • 1st『Starting Over』全曲作詞作曲プロデュース
  • 2nd『RISE』全曲作詞作曲プロデュース
  • 3rd『Carry On my way』全曲作詞作曲プロデュース
  • Best『MOMENT』全曲作詞作曲プロデュース
  • Best『DearfriendVol.1』&『DearfriendVol.2』全曲作詞作曲プロデュース
  • 4th『BRIDGE』収録曲6曲(他、全楽曲の約9割を手掛ける/作詞・作曲・プロデュース)
  • 5th『4 COLORS』提供収録曲「FAMILY」(作詞 作曲)

hiro(島袋寛子[編集]

シングル
アルバム

What's up! (作詞 作曲・プロデュース)

今井絵理子(Eriko with Crunch)[編集]

シングル
  • 冷たくしないで
  • 「EVERYDAY,BE WITH YOU」(HIMの同名同曲のカバー)
  • Red Beat of My Life
  • Luv is Magic
  • 「FIND MYSELF」
  • 「夕立ち」
  • in the Name of Love
  • Set Me Free!
  • 「Stairway」
  • 「蒼空」
  • 「Time Out」
  • 「Darlin'」(今井絵理子と共同作詞 作曲)
  • 「向日葵」
  • 「Through The Many Nights」
  • Butterfly」(作曲のみ)
  • 「DAWN」(作曲のみ)
  • 「唇」(作曲のみ)
  • 「レトロマンティック」
  • 「Nobody Knows Tonight」
  • 「Planet Earth」(作曲のみ)
アルバム
  • 1st『My Place』(全曲作詞作曲プロデュース)
  • BEST『Single Collection 〜Stairway〜』(作詞・作曲・プロデュース等)

HITOE'S 57 MOVE(新垣仁絵[編集]

シングル
  • INORI」(HIMの同名同曲のカバー)

ガーデンズ[編集]

シングル
  • 「Future's Memories」
  • 「Love&Pain」
  • 「Believe」
  • 「Eternal」
  • 「Sweet Sweet Memories」
  • 「愛のうた」
  • 「エンドレスサマー」
  • 「約束の場所へ」
  • 「BE WITH YOUR LOVE」
アルバム
  • 1st『A place in the Sun』
  • millennium & BEST『HORIZON -millennium album & singles-』(他、ほぼ全曲を手掛ける/作詞・作曲・プロデュース)

deeps[編集]

シングル
  • 「Love is Real」
  • 「ハピネス」
  • 「LOVING YOU」
  • 「Jealousy」
  • 「Maybe Love」
  • 「Brand-New-Heaven」
  • 「パ★ラ★ダ★イ★ス★」
アルバム
  • 1st『Lovely!』全曲作詞作曲プロデュース
  • X'mas Mini『wish』
  • BEST『Teen's Heaven 〜Single Collection〜』(他、アーティスト表記を"dps"と改めるまでの全曲を手掛ける/作詞・作曲・プロデュース)
  • 「HEARTBREAK DIARY」(HIMの同名同曲のカバー/クレジットはHIM名義)

八反安未果[編集]

シングル
  • 「Miss You 〜忘れないで〜」
  • 「Your Love」
  • 「SHOOTING STAR」(HIMの同名同曲のカバー)
アルバム
  • 1st『Autumn Breeze』(作詞・作曲・プロデュース)

NEO fromアイドリング!!!(アイドリングNEO)[編集]

シングル
  • 1st「mero mero」「胸アツ生誕祭!!!」「寝乙女X'masNight」
アルバム
作詞・作曲のみ
どる☆NEODoll☆Elements×NEO fromアイドリング!!!))

単発プロデュース / 楽曲提供[編集]

森高千里[編集]

  • 「NEW SEASON」「ピリオド」「あの日のフォトグラフ」「OVERHEAT NIGHT」「YOKOHAMA ONE NIGHT」「WEEKEND BLUE」「GET SMILE」「CAN'T SAY GOOD-BYE」「47 HARD NIGHTS」「KISS THE NIGHT」(作詞)「LET ME GO」(補作詞)「Miss Lady」(作詞・作曲)「I LOVE YOU」「友達の彼」「ロックン・オムレツ」「ずる休み」「台風」「SO BLUE」「ララ サンシャイン」「夏はパラレイロン」「出来るでしょ!!」「長男と田舎もん」「薹が立つ」「銀色の夢」「LET'S GO」「叔母さん」「星に願いを」(作曲)

渡辺美里[編集]

アーティスト[編集]

浅香唯
  • 「笑顔にためた涙」「ホントならタイヘン」「終わらない罪」「BROKEN HEART」
w-inds.
  • 「FREEDOM SKY」「Celebration」「地図なき旅路」(作詞・作曲)
上戸彩
内田有紀
  • 楽園」(作詞・作曲・プロデュース)
梅田えりか
  • 「White Anniversary」(作詞)「Waitin’ for Your love」(作詞・作曲)
HIM-egg
  • 「AS TIME GOES BY」(作曲)
大塚純子
  • 「Tears」「Hurts」「キャミソールから祈りをこめて」「Working Girl」「Hip Boyの悲劇「Be With You」「Money Money」「はだかの窓」「Miss You」「あの夏の自転車」「Rainy Eyes」(作曲)
葛山信吾
  • 「愛なしでは生きられない」「ふたりを認めない」「今を生きてる」「このささやかな欲望」「HELLOW TOKYO」「Partyは終わらない」
GALETTe*
  • 「Brand-New Style」「至上の愛」(作詞・作曲)
カレン・モク
  • 「Love yourself」「I Say」「Pretty in love」
河田純子
  • 「シ・ン・ユ・ウ」「終わらない時間」
KinKi Kids
久宝留理子
  • 」「薄情」「さよなら」「涙の数だけ」「夏はマジック」「夜明け」「帰らない夏」「情けなくって」(作曲)
club Vanilla & 甘王
  • 「ナメすぎラブソング'夏」(作曲)
倖田來未
  • 「久宝留理子」の「男」をカバー
SATOMI'
  • Yesterday」「Love to Stay」「Mystery」「KISS feat.OKI」「Spring」「Fairy's Stick」「Long Distance」
shela
  • Rose」「I know "It's truth"」(作詞・作曲)
シスターフューチャリング天一
  • 「抱かないで、シスター」(作曲)
杉浦幸
  • 「18のSecret」(作詞・作曲)
DIAMOND☆DOGS
  • 「Believin'」
高橋克典
高橋克典 with 仲間由紀恵
  • 「愛してる」(作曲)
谷村有美
  • 「すべてわがまま」「FEEL ME」「2人はいきなり」「今が好き」(作曲)
Tama
  • 「無限大の空」「暗闇モンスター」「Yesterdays & Tomorrows」(作曲)
知念里奈
  • GOD BLESS THE WORLD」(HIMのタイトル違い・同曲のカバー/クレジットはHIM名義)
Dream5
  • 「タビダチノウタ」
西田ひかる
  • 「TRUTH」「大切な気持ち」
Happiness
  • SPEEDの「Body&Soul」をカバー
palet
樋井明日香
フェアリーズ
伊藤萌々香
  • Poker Face」「LOOK AT ME!!」(作詞・作曲)
predia
petit milady
  • 「茜色のダイアリー」(作詞・作曲)
松岡卓弥
  • 「茜色」(作詞・作曲)「もしもケータイがなかったら・・・」「ふたりの夏〜君とのSummer Story」「Let’s Go Live」「Happy Birthday to You !!」(作曲)
MAX
  • 銀河の誓い」(HIMのタイトル違い・同曲のカバー/クレジットはHIM名義)
麻帆良学園3-A生徒31人
  • 「Pink Generation」(作詞・作曲)
観月ありさ
  • Forever Love」「in my life」(作詞・作曲・プロデュース)
moto
  • ミニアルバム『moto』(プロデュース)
森口博子
  • 「視線」「好きになったら」(作曲)
吉田照美
  • 「あこがれ」(作曲)
ラナhanakoマキサック
  • 「Never Too Late」(作詞・作曲・プロデュース)

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

雑誌[編集]

  • GOETHE幻冬舎)- 連載『伊秩弘将のトーキョープレミアムライフ』

関連人物[編集]

  • 和田将志 - 音楽プロデューサー。元“歌手・伊秩弘将”のプロデューサー。当時ソニー・ミュージックエンタテインメントに在籍しており、伊秩のBMGビクターからSony Recordsへの移籍を全面的にバックアップ。伊秩のアーティスト契約満了後も、伊秩主宰のユニット・HIMの企画を立案する等、プロデューサー、コンポーザーとしての伊秩をサポート。HIMでの活動が着目されてSPEEDのプロデューサーへの抜擢を得た伊秩のキャリアに欠かせない人物の一人。(HIMプロジェクトではHIMWという別名も所有、「HEARTBREAK DIARY」作詞の他、「SHOOTING STAR」、「ETERNAL (HIMの曲)」も共作詞している。)
  • 水島康貴 - 編曲家。全盛期であった第1次解散までのSPEEDの全曲の編曲に携わっている。伊秩×水島のタッグ・クレジットが定番であった。SPEEDのツアー等にもキーボーディストとして参加。なお、HIMの全オリジナル楽曲の編曲も水島が手掛けている。
  • 佐久間誠 - アワーソングスクリエイティブ所属の作編曲家。NEO fromアイドリング!!!SPEED関連等の編曲を担当。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ミュージック・ビデオにコーラス役としてカメオ出演もする

外部リンク[編集]