田中英之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 英之
たなか ひでゆき
20211006tanaka hideyuki.jpg
文部科学副大臣就任に際し公表された公式肖像写真
生年月日 (1970-07-11) 1970年7月11日(51歳)
出生地 京都府京都市
出身校 京都外国語大学
前職 京都市会議員
現職 衆議院議員
文部科学副大臣
所属政党 自由民主党(旧谷垣G[1]→無派閥[2]菅義偉G
親族 田中三松(祖父・元京都府議会議長)
田中のぼる(父・元京都市会議長)
公式サイト 衆議院議員 田中ひでゆき 公式サイト

選挙区京都4区→)
比例近畿ブロック
当選回数 4回
在任期間 2012年12月16日 - 現職

選挙区 右京区
当選回数 4回
在任期間 1999年5月1日 - 2012年11月19日
テンプレートを表示

田中 英之(たなか ひでゆき、1970年7月11日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)、文部科学副大臣

国土交通大臣政務官京都市会議員(通算4期)を歴任。

来歴[編集]

京都府京都市生まれ。京都成章高等学校を経て、京都外国語大学卒業。大学卒業後、職員として京都外国語大学に勤務。26歳の時に右京区選出の京都市会議員であった父親が、京都市会議長の任期中に急死する[要出典]。補欠選挙がないため2年半後の1999年4月、京都市会議員選挙に出馬し、初当選。以後連続4期務める。

2011年、自民党が実施した京都府第4区支部長の公募に応募し[要出典]支部長に就任。2012年12月の第46回衆議院議員総選挙京都4区自由民主党から出馬。民主党現職の北神圭朗無所属で出馬した元職の中川泰宏らを破り、初当選した。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では、北神を再び下して再選。2017年10月の第48回衆議院議員総選挙では、北神を再び下して3選[3]

2018年第4次安倍改造内閣国土交通政務官に就任[4]

2021年10月、第1次岸田内閣文部科学副大臣に就任。

2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙では、無所属で出馬した北神に敗れるも重複立候補していた比例近畿ブロックで4選。

政策[編集]

人物[編集]

  • 喫煙者であり、超党派の愛煙家国会議員からなる議員連盟「もくもく会」に所属している[7]
  • 市議会議員時代にはたばこ屋を経営しており、京都たばこ商業協同組合にも総代として参加していた[8]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 谷垣グループ分裂、離脱議員が新派閥 麻生、山東派と合流へ 京都新聞、2017年5月12日
  2. ^ 漂う「安倍降ろし」ムード 自民党「明日を創る会」初会合 首相に耳の痛いことを言った方が閣僚になれる!?(2/2ページ) 産経ニュース、2017年8月25日
  3. ^ 京都-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  4. ^ 第4次安倍改造内閣 副大臣25人、政務官27人の顔ぶれ
  5. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  6. ^ a b 2012年衆院選候補者アンケート、毎日新聞
  7. ^ a b 北九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  8. ^ 京都たばこ商業協同組合の新春の懇親会”. 田中ひでゆき(英之)のブログ (2014年1月18日). 2021年10月23日閲覧。
  9. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  10. ^ a b c 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  11. ^ 『現代印章 2019年4月号』(ゲンダイ出版)

外部リンク[編集]

公職
先代:
高橋比奈子
丹羽秀樹
日本の旗 文部科学副大臣
池田佳隆と共同

2021年 -
次代:
現職
先代:
秋本真利
高橋克法
簗和生
日本の旗 国土交通大臣政務官
工藤彰三
阿達雅志と共同

2018年 - 2019年
次代:
­ 門博文
佐々木紀
和田政宗