トラウデン直美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トラウデン なおみ
トラウデン直美
プロフィール
愛称 トラちゃん、トラ美、でんでん
生年月日 1999年4月21日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本京都府
血液型 A型[1]
瞳の色 茶色
毛髪の色 ダークブラウン
公称サイズ(2020年[1]時点)
身長 / 体重 169 cm / kg
スリーサイズ 83 - 58 - 88 cm
靴のサイズ 24.5 cm
活動
デビュー 2013年
ジャンル ファッション広告
モデル内容 一般
他の活動 コメンテーター
事務所 パール
その他の記録
「2013 ミス・ティーン・ジャパン」グランプリ
CanCam』専属(2013年 - )
モデル: テンプレート - カテゴリ

トラウデン 直美(トラウデン なおみ、: Naomi Trauden1999年〈平成11年〉4月21日[2] - )は、ドイツと日本のハーフモデルタレントキャスターパール所属。『CanCam』(小学館)専属モデル。ニックネームはトラちゃん、トラ美、でんでん[1]

略歴[編集]

京都府出身[1]。京都市立近衛中学校[3]同志社国際高等学校を経て[4]慶應義塾大学法学部政治学科在学中[5][6]

2012年ミス・ティーン・ジャパンでグランプリに輝き[7]、13歳で雑誌『CanCam』(小学館)の最年少専属モデルでデビューした[8]。高校在学中は学業を優先し仕事を控えてきたが、大学進学を機に上京して芸能活動を本格化し、モデルに加えて女優キャスターなどの活動も視野に入れた活動を行っている[6][9]

2018年4月より『Going!Sports&News』(日本テレビ)に日曜版のお天気キャスターとして出演[10][11]

2021年7月、CanCam専属モデルの在籍期間が山田優を超え、史上最長を更新した[12]

人物[編集]

父は京都大学ドイツ語ドイツ文学を教えるドイツ人[13][14]。母は上智大学出身の日本人 [15]。母は帰国子女で9年間アメリカに在住経験があり、東京の米国大使館に勤めていたこともあった[16]。弟は3歳年下のトラウデン都仁。モデルやミュージカル主演の経験があり、番組では姉・直美と共演した[17]。祖父は慶應義塾大学出身[18]

中学の成績はオール5で、高校での成績は評定平均4.0以上を維持。中世ヨーロッパの研究者である父の影響から政治に興味を持ち、特に欧州に比べて劣っていると感じる女性の働き方改革や環境対策に関心を抱く。大学で政治や語学を学び、「選挙特番やキャスターの仕事もやってみたい」と意欲を示し、「ポスト春香クリスティーン」として注目を集める[6][9][19]。2020年12月17日、首相官邸で開催された「2050年カーボンニュートラル・全国フォーラム」で発言したことがNHKで放送され注目を浴びる[20][21][22][23]

趣味は散歩、人間観察、天文[1]

特技は乗馬[1]。小学生の頃から馬術を始め、主に馬場馬術を中心に障害馬術クロスカントリーにも取り組む[11]

日本語が母語で、高校まで英語が話せなかった。そのため帰国子女が生徒の3分の2を占める同志社国際高校に進学し、ネイティブの教師による英語の授業を受けたという。父親の祖国であるドイツには一度は留学したいという希望をもっているという。ドイツ語は2016年に獨協大学が主催するドイツ語スピーチコンテストの対話部門で1位となっている[24]。本人は自身の言語能力について「私は1.8ぐらい。(その内訳は)日本語1、英語0.5、ドイツ語0.3ぐらいです」と話している[25]

家でまったりしても気を遣わない相手がタイプとのこと[26]

中学一年のミス・ティーン・ジャパンの時点で身長166cmあった[7]

曾祖父は庄子宗光(全日本剣道連盟・4代会長)、阿部謙二。

出演[編集]

報道・ニュース番組[編集]

ドキュメンタリー番組[編集]

  • 聖火のキセキ 新春スペシャル(2019年1月3日、NHK BS1

情報・スポーツ番組[編集]

バラエティ番組[編集]

WEB番組[編集]

雑誌[編集]

カタログ[編集]

  • IMAGE
  • RyuRyu
  • アンファミエ

振袖カタログ[編集]

  • オンディーヌ振袖
  • オンディーヌ袴
  • ジョイフルまるやま
  • ぷりずむ館
  • さがの館
  • 振袖・袴
  • マイム
  • Furisode Collection
  • 石勘
  • 京明

広告・スチール[編集]

イベント[編集]

ランウェイは便宜上、SPRING/SUMMER→S/S、AUTUMN/WINTER→A/Wとする。

  • 京都府川端警察署:一日警察署長「川端地域安全運動スタート式」(2019年10月10日、京都市左京区吉田神社境内)
  • シュタイフテディベアツリー点灯式(2019年11月7日、アクアシティお台場
  • 東京ランウェイ
  • 札幌コレクション
  • 福岡アジアコレクション
  • 神戸コレクション
  • 東京ガールズコレクション2012A/W[34]
  • 東京ガールズコレクション2013S/S[35]
  • 東京ガールズコレクション2013A/W[36]
  • 東京ガールズコレクション2014S/S[37]
  • 東京ガールズコレクション2014A/W[38]
  • 東京ガールズコレクション2015S/S[39]
  • 東京ガールズコレクション2015A/W[40]
  • 東京ガールズコレクション2016S/S[41]
  • 東京ガールズコレクション2016A/W[42]
  • 東京ガールズコレクション2017S/S[43]
  • 東京ガールズコレクション2017A/W[44]
  • 東京ガールズコレクション2018S/S[45]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 初回出演日は1日19:00 - 22:54に『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり 日テレ系人気番組No.1決定戦』放送に伴う特別編成のため、2日の月曜になってからの放送となる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f トラウデン直美プロフィール . cancam. 2020年8月24日閲覧。
  2. ^ トラウデン直美 | 株式会社パールOFFICIAL WEBSITE”. パール. 2020年8月25日閲覧。
  3. ^ 防犯教室”. 京都市立近衛中学校 (2019年10月10日). 2021年1月13日閲覧。
  4. ^ トラウデン直美さん 同志社国際 即位パレードで注目のコメント力、友達と家族が育てた|ハイスクールラプソディー|朝日新聞EduA” (日本語). www.asahi.com(2020年1月30日). 2021年7月29日閲覧。
  5. ^ 「CanCam」トラウデン直美、慶應義塾大学法学部に合格 ミスティーンジャパン受賞から最年少専属モデルの華やかな経歴 . モデルプレス(2017年11月24日). 2018年3月17日閲覧。
  6. ^ a b c “「CanCam」モデル・トラウデン直美、慶大法学部政治学科にFIT入試で合格”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年11月24日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171123-OHT1T50230.html 2018年3月30日閲覧。 
  7. ^ a b 13歳ハーフ美少女・トラウデン直美さんが優勝 / ミス・ティーン・ジャパン . livedoor (2012年9月16日). 2018年3月17日閲覧。
  8. ^ 史上最年少CanCam専属モデル、トラウデン直美が15歳になったのでお祝いに行きました! . cancam. 2018年3月17日閲覧。
  9. ^ a b “ポスト春香クリスティーンだ!トラウデン直美、慶大法学部合格”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 3. (2017年11月24日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171124/geo17112405030004-n3.html 2018年3月30日閲覧。 
  10. ^ a b “水谷果穂&トラウデン直美が『Going!』お天気キャスター就任”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2108513/full/ 2018年3月30日閲覧。 
  11. ^ a b “水谷果穂&トラウデン直美「Going!」新お天気キャスターに決定〈コメント到着〉”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年3月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1756341 2018年3月30日閲覧。 
  12. ^ "トラウデン直美がCanCam専属モデル在籍記録更新". スポーツ報知. 報知新聞社. 20 July 2021. 2021年7月20日閲覧
  13. ^ 研究者 Trauden Dieter Trauden Dieter 京都大学 人間・環境学研究科 外国人教師”. 学術DB. 2021年7月29日閲覧。
  14. ^ 2021年度講義題目 - 京都大学大学院文学研究科・文学部” (日本語). 京都大学大学院文学研究科・文学部 - 研究科・学部・附属施設紹介、入試情報や研究プロジェクトの案内。 (2012年2月7日). 2021年7月29日閲覧。
  15. ^ 慶大に合格したトラウデン直美 父は京大の教師という政治好き才女に民放各局が熱視線!?/芸能ショナイ業務話 . サンスポ(2017年11月28日). 2018年3月17日閲覧。
  16. ^ “トラウデン直美さん 同志社国際 即位パレードで注目のコメント力、友達と家族が育てた”. 朝日新聞EduA (株式会社朝日新聞社). (2020年1月30日). http://www.asahi.com/edua/article/13076818 2020年3月29日閲覧。 
  17. ^ “トラウデン直美、弟は超イケメン スタジオから「かわいい」連発”. マイナビニュース (株式会社マイナビ). (2020年3月22日). http://news.mynavi.jp/article/20200322-1001068/ 2020年3月24日閲覧。 
  18. ^ モデル・タレントとして活躍中の塾生 トラウデン直美さん(政1) | Jukushin.com” (日本語). www.jukushin.com (2018年12月9日). 2021年9月14日閲覧。
  19. ^ “慶大に合格したトラウデン直美 父は京大の教師という政治好き才女に民放各局が熱視線!?/芸能ショナイ業務話”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 2. (2017年11月28日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171128/geo17112812080020-n2.html 2018年3月30日閲覧。 
  20. ^ 日本放送協会. “菅首相「脱炭素社会」実現へ 幅広い取り組み目指す考え示す”. NHKニュース. 2020年12月25日閲覧。
  21. ^ トラウデン直美さんの「環境に配慮した商品ですか?」発言に飛び交う批判。気候科学者が苦言「反発している人は…」” (日本語). ハフポスト (2020年12月19日). 2020年12月25日閲覧。
  22. ^ 「面倒くさい客」トラウデン直美さん発言への批判、労働問題の専門家はどう見た?” (日本語). ハフポスト (2020年12月24日). 2020年12月25日閲覧。
  23. ^ 環境「炎上」でトラウデン直美さんが考えたこと。「矛盾を解決、一緒に考えたい」【インタビュー】” (日本語). ハフポスト (2021年1月23日). 2021年1月26日閲覧。
  24. ^ 過去の本選結果 | 第18回(2016年7月31日)|獨協大学” (日本語). 獨協大学. 2021年7月29日閲覧。
  25. ^ トラウデン直美、ドイツ語での自己紹介を「やりたくない」と拒否” (日本語). RBB TODAY. 2020年12月25日閲覧。
  26. ^ トラウデン直美が祝17歳!最近考える「自分らしさ」ってなんだろう . cancam. 2018年3月17日閲覧。
  27. ^ “トラウデン直美の「コメント力」が話題に、「祝賀御列の儀」NHK特別番組生出演で”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年11月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/10/kiji/20191110s00041000311000c.html 2019年11月11日閲覧。 
  28. ^ 今週の番組内容” (日本語). みのもんたのよるバズ! | AbemaTV. 2018年9月29日閲覧。
  29. ^ “AbemaTV「安室奈美恵ファッション総選挙」出演者最終発表で押切もえ、ミッツ・マングローブら全45組出揃う” (日本語). AbemaTIMES. https://times.abema.tv/articles/-/4848932?categoryIds=70274 2018年9月9日閲覧。 
  30. ^ 週刊ポスト 4月6日号 2018年3月26日(月曜日)更新 . 雑誌の新聞. 2018年3月28日閲覧。
  31. ^ 続名探偵コナンコラボ♡週刊少年サンデーにCanCamモデルが登場! . cancam(2018年4月27日). 2018年5月17日閲覧。
  32. ^ トラウデン直美が美ボディー披露 開脚ストレッチ、ベッドで無防備な姿”. 日刊スポーツ (2021年4月23日). 2021年4月28日閲覧。
  33. ^ “トラウデン直美、「環境省プラごみゼロアンバサダー」に就任”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年6月25日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200625/geo20062518490021-n1.html 2020年6月25日閲覧。 
  34. ^ 東京ガールズコレクション2012秋冬 . 朝日新聞デジタル. 2018年3月17日閲覧。
  35. ^ 【東京ガールズコレクション】純白の女神が会場を釘付け? “ナース・ファッション” . cinemacafe. 2018年3月17日閲覧。
  36. ^ 第17回東京ガールズコレクション MAIN MODEL . 第17回東京ガールズコレクション公式サイト. 2018年3月17日閲覧。
  37. ^ 第18回東京ガールズコレクション MAIN MODEL . 第18回東京ガールズコレクション公式サイト. 2018年3月17日閲覧。
  38. ^ 第19回東京ガールズコレクション MAIN MODEL . 第19回東京ガールズコレクション公式サイト. 2018年3月17日閲覧。
  39. ^ 第20回東京ガールズコレクション MAIN MODEL . 第20回東京ガールズコレクション公式サイト. 2018年3月17日閲覧。
  40. ^ 第21回東京ガールズコレクション MAIN MODEL . 第21回東京ガールズコレクション公式サイト. 2018年3月17日閲覧。
  41. ^ 第22回東京ガールズコレクション MAIN MODEL . 第22回東京ガールズコレクション公式サイト. 2018年3月17日閲覧。
  42. ^ 第23回東京ガールズコレクション MAIN MODEL . 第23回東京ガールズコレクション公式サイト. 2018年3月17日閲覧。
  43. ^ 第24回東京ガールズコレクション MAIN MODEL . 第24回東京ガールズコレクション公式サイト. 2018年3月17日閲覧。
  44. ^ TOKYO GIRLS COLLECTION MODEL . 第25回東京ガールズコレクション公式サイト. 2018年3月17日閲覧。
  45. ^ TOKYO GIRLS COLLECTION MODEL . 第26回東京ガールズコレクション公式サイト. 2018年4月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]