徳澤直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とくざわ なおこ
徳澤 直子
プロフィール
愛称 直ちん、直ちゃん、徳さん
生年月日 1984年10月16日
現年齢 32歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県川崎市
血液型 O型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重 168 cm / 50.5 kg
BMI 17.9
スリーサイズ 82 - 58 - 87 cm
股下 / 身長比 83 cm / 49.4 %
靴のサイズ 24.5 cm
活動
デビュー 2001年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 女優タレント
事務所 イリューム
その他の記録
ミス・セブンティーン2001
モデル: テンプレート - カテゴリ

徳澤 直子(とくざわ なおこ、1984年10月16日 - )は、神奈川県川崎市生まれのファッションモデルタレントエスプロイリューム所属。

来歴[編集]

2001年、ハイティーン向けファッション雑誌の「セブンティーン」(集英社)のミスセブンティーンに選ばれモデル活動をスタートする。同時期には尾形沙耶香木村カエラ鈴木えみ榮倉奈々などがいる。

「セブンティーン」を卒業と同時に、「CanCam」、「With」、「JJ」などのメジャーファッション系数誌に同時に掲載される。特にJJでは、中刷り広告にも「ティーンのカリスマ徳澤直子、JJ初登場!!」の広告を載せるなどしたが、結局「CanCam」の専属になる。

2003年に「チェキ!チェキ!」などのレギュラーも務め、テレビ進出を果たす。共演者は榮倉奈々。これ以降はほとんどテレビ露出は無くなり、モデル業に専念した。舞台やドラマ、映画などの出演を始め、女優方向へベクトルが向いていた時期もあった。結婚・渡米に伴い(詳細は次節参照)2010年限りでモデル業を休業した。2012年7月号より「美人百花」にてモデル復帰[1]

2010年1月25日、千葉ロッテマリーンズ(当時)の西岡剛との交際を公表。7月24日には結婚を発表、27日に入籍(西岡の誕生日で、彼自身が自ら希望してこの日にした)。

2011年8月8日、ミネソタの病院にて3,150gの第一子となる女児を出産。

2013年4月、ブログで看護大学へ入学したことを発表[2]

2014年12月6日、西岡と離婚。離婚後の長女の親権は徳澤が持っている[6]。

2016年3月9日に一般男性で当時32歳の医療系大学生と学生結婚した(徳澤は再婚)。

人物[編集]

  • 5歳上の姉がいる[3]
  • 幼少時代は、あまり派手な事を好まず、どちらかというと引っ込み思案な少女だったとの事[4]。そんな自分を変えたいと、セブンティーンモデルのオーディションに友人の推薦によりエントリーした事が、芸能界入りのきっかけとなった[5]
  • 中学校時代はバレーボール部に属しており、特技として「ヌンチャク」などとセブンティーンのモデルプロフィールには掲載されていた。
  • インタビューなどから、アロマキャンドルやベランダでの無農薬野菜の栽培など、自然派の側面も見せている。
  • ショウガが大好きで,マイショウガを携行している。
  • 愛犬はトイプードルの『ネネィ』。愛猫は雑種の『モモ』。

出演[編集]

雑誌[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

カタログ・広告[編集]

  • ジョイフル恵利 - ウエディングドレスカタログの表紙&イメージモデル
  • IMAGE - カタログの表紙&イメージモデル
  • CALAJA - 広告イメージモデル
  • 三菱鉛筆「uniEZ10」 - 製品広告モデル
  • RyuRyu - カタログの表紙&イメージモデル
  • 東芝Dynabook」 - カタログ内のイメージモデル。(2009年)

作品[編集]

写真集[編集]

  • モデル徳澤直子のモテル道。(キャンキャンオッジムック)(2010年2月22日、小学館、編集:CanCam編集部)ISBN 978-4091036216

脚注[編集]

  1. ^ “徳澤直子、モデル活動再開を正式発表”. モデルプレス. (2012年5月28日). http://mdpr.jp/news/detail/1184098 2015年10月30日閲覧。 
  2. ^ “モデル徳澤直子、「なんで今更?」大学生になった理由明かす”. モデルプレス. (2013年5月6日). http://mdpr.jp/news/detail/1241866 2015年10月30日閲覧。 
  3. ^ 徳澤直子 『モデル徳澤直子のモテル道。』 小学館(原著2010年2月22日)、初版、88頁(日本語)。2015年10月30日閲覧。
  4. ^ 「CanCam」の連載『スマイルデイリー」
  5. ^ 「MESSAGE FOR YOU」03:徳澤直子さん” (日本語). FAnet. 小学館 (2005年2月22日). 2015年10月30日閲覧。

外部リンク[編集]