西日本総合展示場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西日本総合展示場
西日本総合展示場
西日本総合展示場の位置(福岡県内)
西日本総合展示場
情報
用途 多目的ホール
設計者 磯崎新
管理運営 公益財団法人北九州観光コンベンション協会
所在地 福岡県北九州市小倉北区浅野3-7-1(本館)
座標 北緯33度53分25.9秒 東経130度53分10.5秒 / 北緯33.890528度 東経130.886250度 / 33.890528; 130.886250座標: 北緯33度53分25.9秒 東経130度53分10.5秒 / 北緯33.890528度 東経130.886250度 / 33.890528; 130.886250
テンプレートを表示

西日本総合展示場(にしにほんそうごうてんじじょう、West Japan General Exhibition Center)は、福岡県北九州市小倉北区浅野にある、見本市を開催するための展示施設(コンベンションセンター)。通称は「西展」。

概要[編集]

JR小倉駅北側の浅野地区に位置しており、隣接する北九州国際会議場アジア太平洋インポートマート (AIM) 等と共に「国際コンベンションゾーン」の一角を成す。

1977年5月、当時の財団法人西日本産業貿易見本市協会によって本館が開業。新館は1998年4月AIMビル開業とともに運用を開始した。その後AIM空室対策として2005年2月に流通センター棟3Fにも展示場を設けた。

運営母体は再編を繰り返しながら2017年に公益社団法人北九州市観光協会と合併し、「公益財団法人北九州観光コンベンション協会」となった。北九州スタジアム(命名権による愛称:ミクニワールドスタジアム北九州)以外の周辺公的施設はほぼこの団体により運営されている。

展示施設としては展示面積7,000m2(有効天井高10m)の本館と、展示面積約8,000m2(有効天井高13m)の新館(AIM展示場棟)から成る。また、AIMの流通センター棟(AIMビル)の3階にも、総区画面積1,300m2の中規模展示スペースを備える。本館は磯崎新が設計したもので、斜張ケーブル部分の構造設計を川口衞が行っている。

各種展示会が開かれているほか、冬期には本館の半分を使って屋内スケートリンク「北九州アイススケートセンター」が営業される。

アクセス[編集]

外部リンク[編集]