コンテンツにスキップ

岸本健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岸本 健
きしもと たけし
生年月日 (1970-08-03) 1970年8月3日(53歳)
出生地 日本の旗 日本 和歌山県那賀郡粉河町
(現・紀の川市
出身校 拓殖大学商学部貿易学科
前職 中学校社会科教諭
所属政党無所属→)
自由党→)
民主党→)
(無所属→)
自由民主党→)
無所属
親族 父・岸本光造(元衆議院議員)
公式サイト 市長の部屋(紀の川市)

当選回数 1回
在任期間 2022年2月27日[1] - 現職

選挙区 紀の川市選挙区
当選回数 4回
在任期間 2007年 - 2022年1月24日

選挙区 比例近畿ブロック和歌山2区
当選回数 1回
在任期間 2003年11月9日 - 2005年8月8日
テンプレートを表示

岸本 健(きしもと たけし、1970年昭和45年)8月3日[2] ‐ )は、日本政治家。和歌山県紀の川市長(1期)。

和歌山県議会議員(4期)、衆議院議員(1期)を務めた。

経歴・政歴

[編集]

政策

[編集]
  • 空の玄関口であり世界の扉である関西国際空港と近畿圏の外郭環状を形成する高規格幹線道路である京奈和道を「直結」させることで、地域の魅力を世界にアプローチするため、京奈和関空連絡道路の実現を目指す。

人物

[編集]

所属団体・議員連盟

[編集]

親族・家族

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ [和歌山]紀の川市長選、岸本氏が新人の一騎討ちを制して初当選政治山(2022年2月27日)、本文中に任期の行あり
  2. ^ 『全国歴代知事・市長総覧』日外アソシエーツ、2022年、319頁。
  3. ^ “前市長死去に伴う紀の川市長選・岸本健県議が出馬表明”. 和歌山放送. (2022年1月24日). https://news.wbs.co.jp/168368 2022年2月4日閲覧。 
  4. ^ “紀の川市長選 岸本氏初当選”. テレビ和歌山. (2022年2月27日). https://www.tv-wakayama.co.jp/news/detail.php?id=68099 2022年2月27日閲覧。 

外部リンク

[編集]
公職
先代
中村愼司
和歌山県紀の川市長
2022年 -
次代
現職