児玉仲児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
児玉仲児

児玉 仲児(こだま ちゅうじ、嘉永2年11月14日1849年12月28日) - 明治42年(1909年1月24日)は、和歌山県民権家官吏衆議院議員(3期)、大日本水産会名誉会員。

経歴[編集]

紀伊国那賀郡中山村生まれ。同窓に濱口梧陵陸奥宗光など。

はじめ、森田節斎について漢学を学び、京阪鴻儒について文学を修める。明治6年(1873年)に慶應義塾に入学し、卒業後に大蔵省記録局(13等)に出仕。のちに辞して自由民権運動に参加。明治9年(1876年)の地租改正について、和歌山県令神山郡廉に提出した建白書を発端にして、「粉河騒動」の端緒となる。

明治10年(1877年)陸奥宗光の協力により、粉河に風猛学校を設立し、翌年に自由民権の結社・実学社木国同友会を率いる。豪農層の指導者的な存在となっていき、明治12年(1879年)の第1回和歌山県議会議員選挙に当選以来、那賀郡長、県会議長を歴任。明治19年(1886年)に『和歌山日々新聞』を創刊し主宰。その他、紀州徳川家の援助を得て紀和鉄道の鉄道敷設に尽力しのち監査役。

第1回衆議院議員総選挙に和歌山県第2区から出馬し初代衆議院議員に当選し、次の第2回総選挙で再選。1900年12月、和歌山県第1区選出の浜口吉右衛門の辞職に伴う補欠選挙で当選し[1]、衆議院議員を通算三期務めた。自由党を経て立憲政友会に所属し、紀伊好友会幹事長となる。ほか、大日本水産会名誉会員などを歴任した。

原敬の秘書官・衆議院議員を務めた児玉亮太郎は長男[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5237号、明治33年12月14日。
  2. ^ 和歌山県那賀郡『和歌山県那賀郡誌 下巻』、1923年

参考文献[編集]

  • 丸山信編『人物書誌大系 30 福沢諭吉門下』日外アソシエーツ、1995年3月、ISBN 4816912843
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

外部リンク[編集]