浜口吉右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

9代 浜口 吉右衛門(はまぐち きちえもん、文久2年5月16日1862年6月13日) - 大正2年(1913年12月11日)は、明治期の実業家政治家衆議院議員貴族院多額納税者議員。号は容所。ラストエンペラー愛新覚羅溥儀の弟愛新覚羅溥傑と結婚した愛新覚羅浩の母方の祖父にあたる。

経歴[編集]

紀伊国有田郡出身。慶應義塾に学び、9代目吉右衛門として「廣屋」を引き継いだ。1896年(明治29年)、東京府第4区から第4回衆議院議員総選挙補欠選挙に出馬し当選。憲政本党に所属。第5回総選挙で再選され、第6回総選挙和歌山県第1区から出馬して当選。3期連続で衆議院議員を務めたが、1900年11月15日に辞職した[1]1907年(明治40年)12月2日、貴族院多額納税者議員に選出され[2]、死去するまで在任。他に、豊国銀行頭取富士瓦斯紡績社長、九州水力電気社長、猪苗代水力電気取締役東洋拓殖設立委員などを務めた。

浜口吉右衛門家[編集]

浜口吉右衛門は代々醤油醸造をした家系で、銚子の醤油醸造業の多くは、紀州湯浅醤油の流れを汲むもので、関東好みの濃口醤油の基盤が築かれた。正保2年(1645年)創業というヤマサ醤油の出自は和歌山県有田郡である。江戸に出張店を設け、そこに出荷が集中する時期もあったが、販売の拡大する19世紀初頭は、出荷先に江戸の有力醤油問屋が名前を連ねている。なかでももっとも大口の出荷先が日本橋小網町の広屋、浜口吉右衛門家であった。その後、吉右衛門家の末裔がヒゲタ醤油の経営に参画し、現在に至る。

浜口吉兵衛

9代目吉右衛門の実弟・浜口吉兵衛は銚子醤油(のちのヒゲタ醤油)初代社長などを務め、衆議院議員として銚子港開発に尽力した。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5214号、明治33年11月16日。
  2. ^ 『官報』第7330号、明治40年12月3日。

関連項目[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]