和歌山県議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
和歌山県議会
わかやまけんぎかい
Wakayama-ken Gikai
Wakayama Prefecture Assembly
和歌山県の旗
種類
種類
歴史
設立1878年府県会規則による設置)
1947年地方自治法による設置)
役職
第90代議長
第95代副議長
構成
定数42
Svgfiles Wakayama Prefectural Assembly.svg
院内勢力
  改新クラブ(5)
  無所属の会(1)
  欠員(0)
委員会総務委員会
福祉環境委員会
経済警察委員会
農林水産委員会
建設委員会
文教委員会
任期
4年
選挙
中選挙区制
小選挙区制
前回選挙
2019年4月7日
次回選挙
2023年
議事堂
和歌山県庁舎
日本の旗 日本和歌山県和歌山市小松原通一丁目1番地
(本会議場は和歌山県庁舎本館3階及び4階)
ウェブサイト
和歌山県議会

和歌山県議会(わかやまけんぎかい、: Wakayama Prefecture Assembly)は、和歌山県に設置されている地方議会

概要[編集]

  • 定数 - 42人
  • 任期 - 4年 2019年4月30日〜2023年4月29日
議会解散が実施されれば任期満了前であっても議員任期は終了する。
  • 議長 - 岸本健(第90代)
  • 副議長 - 濱口太史(第96代)[1]

事務局[編集]

  • 議会事務局[2]
    • 総務課
    • 議事課
    • 政策調査課

運営[編集]

会期[編集]

和歌山県議会の定例会は、毎年2月、6月、9月及び12月に召集され、その他にも必要に応じて臨時会が開催される。

議会傍聴[編集]

和歌山県議会は議会傍聴の利便性向上の一環として、視聴形式による代替傍聴が可能なインターネット中継を行なっている。[3]また、インターネット中継したものをテレビ放送(テレビ和歌山和歌山放送)をやラジオ放送(和歌山放送)通じても視聴・聴取できる。

委員会[編集]

常任委員会[編集]

委員会名 定数 所轄事項 委員長 副委員長
総務委員会 7
  • 県財政、危機管理、文化振興
中西峰雄 鈴木太雄
福祉環境委員会 7
  • 福祉・子育て、高齢者・障がい者施設、産業廃棄物対策
玉木久登 楠本文郎
経済警察委員会 7
  • 観光、産業と雇用、エネルギー、交通安全と治安
堀龍雄 片桐章浩
農林水産委員会 7
  • 農業・林業・水産業の振興
谷口和樹 佐藤武治
建設委員会 7
  • 道路網・港湾設備、治水・砂防事業、都市政策・公園・建築
中本浩精 秋月史成
文教委員会 7
  • 学校教育、生涯学習・文化財、スポーツ振興
中拓哉 川端哲也

議会運営委員会[編集]

委員会名 定数 所轄事項 委員長 副委員長
議会運営委員会 12
  • 議会運営、会議規則、委員会条例に関する調査審議
鈴木太雄 堀龍雄

特別委員会[編集]

委員会名 定数 所轄事項 委員長 副委員長
防災・国土強靭化対策
特別委員会
11
  • 防災、減災、迅速な復旧・復興等諸般の災害に関する施策に関する調査審議
井出益弘 中本浩精
人権・少子高齢化問題等対策
特別委員会
10
  • 人権・少子高齢化問題等に関する施策に関する調査審議
吉井和視 藤本眞利子
行政改革・基本計画等に関する
特別委員会
10
  • 行政改革、県行政に係る基本計画等及び関西広域連合について調査審議
新島雄 中拓哉
半島振興・地方創生対策
特別委員会
11
  • 半島地域の振興対策及び地方創生に関する施策について調査審議
宇治田栄蔵 谷口和樹
予算特別委員会 20
  • 県予算の総合的審議
尾崎太郎 岩田弘彦

会派[編集]

(2020年4月1日現在[4]

会派名 議員数 所属党派 女性議員数 女性議員の比率(%)
自由民主党県議団 28 自由民主党 1 3.70
改新クラブ 5 立憲民主党国民民主党・無所属 1 20
日本共産党県議団 4 日本共産党 1 25
公明党県議団 3 公明党 0 0
無所属の会 1 0 0
日本維新の会 1 日本維新の会 0 0
欠員 0
42 3 7.14

選挙[編集]

選挙区[編集]

選挙区名 定数 選挙区名 定数 選挙区名 定数 選挙区名 定数
和歌山市 15 海南市海草郡 3 橋本市 3 有田市 1
御坊市 1 田辺市 3 新宮市 1 紀の川市 3
岩出市 2 伊都郡 1 有田郡 2 日高郡 3
西牟婁郡 2 東牟婁郡 2

議員報酬と諸手当[編集]

役職 報酬 期末手当 政務活動費 合計支給額
議長 月額 95万0000円[5] 年間 242万2500円[6] 全議員対象
月額 27万0000円
会派所属議員対象
月額 03万0000円 [7]
年間 1742万2500円
副議長 月額 81万0000円[5] 年間 206万5500円[6] 年間 1538万5500円
議員 月額 77万0000円[5] 年間 196万3500円[6] 年間 1480万3500円
  • 「(和歌山県)議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例」により規定。[8][9]
  • 「和歌山県政務活動費の交付に関する条例」第4条第1項 会派に係る政務活動費は、月額3万円に当該会派の所属議員数を乗じて得た額とする。「同条例」第5条第1項 議員に係る政務活動費は、月額27万円(一部抜き書き)により規定。[10]

議員年金[編集]

主な県議会議員出身者[編集]

衆議院議員(現職)[編集]

首長(現職)[編集]

元議員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 県議会の新議長に岸本健氏 ー NHK・2019年5月17日
  2. ^ 2013年4月1日現在。和歌山県ホームページ 組織機構図.2015年3月24日閲覧。
  3. ^ 「和歌山県議会 インターネット中継」を参照。
  4. ^ 会派別名簿
  5. ^ a b c (和歌山県)議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例 第1条を参照。
  6. ^ a b c (和歌山県)議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例 第6条 及び (和歌山県)職員の給与に関する条例 23条 を参照。
  7. ^ 和歌山県政務活動費の交付に関する条例 第4条、第5条を参照。
  8. ^ (和歌山県)議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例 昭和31年9月29日 条例第41号 (平成21年5月29日施行) 和歌山県法規集データベース 和歌山県HPからリンク
  9. ^ 議員報酬等の減額措置条例の有無は未確認。
  10. ^ 和歌山県政務活動費の交付に関する条例 平成13年3月27日 条例第34号 (平成25年3月1日施行), 和歌山県 例規集, Reiki-Base インターネット版, 和歌山県例規集, 政策で探す, 和歌山県HP

関連項目[編集]

外部リンク[編集]