山梨県議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 日本の議会
山梨県議会
やまなしけんぎかい

山梨県議会議事堂20170506.jpg
山梨県議会議事堂
議会の種類 一院制
議長 白壁賢一
(自民党誠心会)
副議長 久保田松幸
(チーム山梨)
成立年月日 1878年 府県会規則による設置)
1890年府県制による設置)
1947年地方自治法による設置)
所在地 〒400-8501
山梨県甲府市丸の内1-6-1
任期 4年
定数 〜2018年 38 2019年〜 37
院内勢力
  自民党誠心会(22)
  チームやまなし (7)
  リベラルやまなし(5)
  公明党 (1)
  日本共産党 (1)
  欠員 (2)
選挙制度 中選挙区制
小選挙区制
議会運営 委員会中心主義
公式サイト 山梨県議会
シンボル 山梨県の旗
テンプレートを表示

山梨県議会(やまなしけんぎかい)は、山梨県に設置されている地方議会である。

定数[編集]

  • 38人(現員36人)

役員・委員会[編集]

  • 議長 - 白壁賢一(自民党誠心会)
  • 副議長 - 久保田松幸(チーム山梨)
委員会 委員数 委員長 副委員長
総務 [1] 水岸冨美男(チーム山梨) 渡辺淳也(自民党誠心会)
教育厚生 9 桜本広樹(自民党誠心会) 清水喜美男(リベラル山梨)
農政産業観光 永井学(自民党誠心会) 乙黒泰樹(自民党誠心会)
土木森林環境 9 大柴邦彦(自民党誠心会) 卯月政人(チーム山梨)
議会運営 10 中村 正則(自民党誠心会) 土橋 亨(リベラルやまなし)

事務局[編集]

  • 議会事務局[2]
    • 総務課
    • 議事調査課

会派[編集]

会派名 議員数 所属党派
自民党誠心会 22 自由民主党
チームやまなし 7 超党派
リベラルやまなし 5 国民民主党立憲民主党
公明党 1 公明党
日本共産党 1 日本共産党
欠員 2

選挙区[編集]

2019年に行われる選挙より施行。 『2015年までは、甲州市選挙区の定数は2、西八代郡南巨摩郡選挙区は西八代郡で定数1、南巨摩郡で定数2という2つの選挙区であった。』

選挙区 定数 市町村
甲府市選挙区 9 甲府市
甲斐市選挙区 3 甲斐市
南アルプス市選挙区 3 南アルプス市
笛吹市選挙区 3 笛吹市
富士吉田市選挙区 2 富士吉田市
北杜市選挙区 2 北杜市
都留市西桂町選挙区 2 都留市・西桂町
甲州市選挙区 1 甲州市
山梨市選挙区 2 山梨市
南都留郡選挙区 2 富士河口湖町鳴沢村忍野村山中湖村道志村
西八代郡南巨摩郡選挙区 3 市川三郷町富士川町早川町身延町南部町
韮崎市選挙区 1 韮崎市
大月市選挙区 1 大月市
上野原市北都留郡選挙区 1 上野原市・小菅村丹波山村
中央市選挙区 1 中央市
中巨摩郡選挙区 1 昭和町

出来事[編集]

県議会に対しての百条委員会の設置[編集]

2016年2月定例会の最終日にて、石井議長に対する不信任動議が「自由民主党山親会」と民主党系会派の「リベラル山梨」などの賛成多数により可決されたのを受け、最大会派である「自由民主党」が反発し、議会が空転した結果、予算案が廃案になる事態が発生した。その後、後藤知事による専決処分で予算は成立したが、予算案が成立しないまま流会となってしまった異例の事態に対する責任の所在を明らかにするために百条委員会を設置された。しかし同年7月の参議院選挙において、山梨選挙区で自民党公認候補が敗北したのを受け、自民党系会派の一本化が検討され、山親会の方から石井議長の辞職が求められた。その結果、8月12日に石井議長は辞職し、自民党系会派の一本化が図られたことで追及は収束へと向かった[3]。9月2日、自民系「自由民主党山親会」、「自由民主党」、「創山会」3会派と自民系無所属1名が、統一会派「自民党誠心会」を結成し、約10年ぶりに分裂を解消した[4]

議長「たらい回し」問題[編集]

山梨県議会では1947年の地方自治法が制定されてから2018年9月までの時点で延べ83人の議長が任命されており、2015年の山梨県議会選挙以降だけでも5人の議長が就任している。県議会の最大与党は自由民主党系の会派であるが、このうち3回当選した「3期生」を対象に議長の持ち回りを行っていると報じられている[5]。これについて市民団体が「議長ポストのたらい回しである」とする抗議文を議長に渡したが[6]、受け取った白壁賢一議長(当時)は「任期ではなく公約を成し遂げたかで判断してもらいたい」としている[7]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]