児玉亮太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
児玉亮太郎

児玉 亮太郎(こだま りょうたろう、明治5年9月13日[1]1872年10月15日) - 大正10年(1921年10月25日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)。

経歴[編集]

和歌山県那賀郡粉河村(現在の紀の川市)に、後の衆議院議員児玉仲児の長男として生まれる[3]同志社卒業後、ミシガン大学に留学し、哲学博士の称号を受けた。帰国後、大阪毎日新聞記者、京都帝国大学法科大学経済学講師、同志社大学講師、北海道拓殖銀行営業部長、富士製紙主事などを歴任した[4]

原敬の知遇を得、1900年(明治33年)に原が逓信省大臣に就任すると、秘書官に任命された[5]1912年(明治45年)、第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、4回の当選回数を数えた。

1914年(大正3年)、第1次山本内閣内務大臣を務めていた原敬の秘書官に任命された[6]原内閣が成立すると、内閣総理大臣秘書官に任命され、1920年(大正9年)に鉄道省勅任参事官に転じた。

脚注[編集]

  1. ^ 『第拾壱回改選 代議士銘鑑』、国華新聞社、1912年。
  2. ^ 『官報』第2773号、大正10年10月28日
  3. ^ 和歌山県那賀郡『和歌山県那賀郡誌 下巻』、1923年
  4. ^ 『衆議院要覧』
  5. ^ 鉄道省参事官児玉亮太郎特旨叙位ノ件
  6. ^ 『官報』第437号、大正3年1月15日

参考文献[編集]

外部リンク[編集]