木下智彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木下 智彦
きのした ともひこ
生年月日 (1969-04-30) 1969年4月30日(52歳)
出生地 日本の旗 大阪府吹田市
出身校 慶應義塾大学商学部
前職 三井物産従業員
現職 公共政策アドバイザー
所属政党日本維新の会→)
維新の党→)
(おおさか維新の会→)
日本維新の会
称号 学士

選挙区大阪8区→)
比例近畿ブロック
当選回数 2回
在任期間 2012年12月17日[1] - 2017年9月28日
テンプレートを表示

木下 智彦(きのした ともひこ、1969年4月30日 - )は、日本政治家衆議院議員(2期)、日本維新の会青年局長を務めた。

来歴[編集]

大阪府吹田市生まれ[2]。吹田市立第六中学校、大阪府立北野高等学校慶應義塾大学商学部卒業。1994年三井物産に入社。

2012年日本維新の会大阪府第8選挙区支部長に就任し、同年の第46回衆議院議員総選挙大阪8区から日本維新の会公認で出馬。自由民主党元職の大塚高司民主党前職の松岡広隆らを破り初当選した(大塚は比例復活)。

2014年の日本維新の会分党に際しては、橋下徹大阪市長による新党結成を目指すグループに参加。分党後の日本維新の会を経て維新の党結党に参加し、同年の第47回衆議院議員総選挙維新の党公認で大阪8区から出馬。大阪8区では、前回破った自民党の大塚高司に5千票弱の差で敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、再選[3]。2015年の維新の党分裂でも橋下に従い、おおさか維新の会に参加する。

2017年第48回衆議院議員総選挙に大阪8区から日本維新の会公認で出馬するも落選。2018年2月より坂元大輔らと共に公共政策アドバイザー会社、GR Japanの大阪事務所に勤務[4]

政策・主張[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成24年12月17日大阪府選挙管理委員会告示第119号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の決定) : 『大阪府公報』 平成24年12月19日 第3768号
  2. ^ 木下智彦: 大阪8区 : プロフィル : 衆院選2012 : 衆院選 : 選挙 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  3. ^ 大阪 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  4. ^ GR Japan 業務拡大に伴い大阪事務所を開設:Sankei Biz
  5. ^ a b c d e f “2012衆院選 大阪8区 木下 智彦”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A27008002002 2014年4月3日閲覧。 
  6. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  7. ^ a b 北九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  8. ^ 渡辺学 (2013年6月11日). “大物新人加入で増強の国会議員ラグビーチーム”. 東京スポーツ. http://www.tokyo-sports.co.jp/blogwriter-watanabe/7546/ 2014年8月10日閲覧。 

外部リンク[編集]