盛山正仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
盛山 正仁
もりやま まさひと
文部科学大臣の就任に際して公表された肖像写真
生年月日 (1953-12-14) 1953年12月14日(70歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県西宮市
出身校 東京大学法学部第3類
神戸大学大学院法学研究科
前職 国家公務員国土交通省
所属政党 自由民主党古賀派岸田派[1]→無派閥)
称号 博士(法学)
博士(商学)
親族 義父・田村元衆議院議長
公式サイト 自由民主党 兵庫県第一選挙区支部長 衆議院議員 盛山正仁 ホームページ

内閣 第2次岸田第2次改造内閣
在任期間 2023年9月13日[2] - 現職

選挙区 (兵庫1区→)
(比例近畿ブロック→)
兵庫1区→)
比例近畿ブロック
当選回数 5回
在任期間 2005年9月11日 - 2009年7月21日
2012年12月18日[3] - 現職
テンプレートを表示

盛山 正仁(もりやま まさひと[4]1953年昭和28年)12月14日 - )は、日本政治家官僚自由民主党所属の衆議院議員(5期)、文部科学大臣(第30代)。

運輸省入省後、環境省地球環境局総務課長や国土交通省総合政策局情報管理部長を経て、第44回衆議院議員総選挙で初当選[5]2009年衆議院議員選挙兵庫1区比例近畿ブロックともに落選し[6][7]、同年10月、昭和女子大学客員教授、武庫川女子大学教授に就任[5]。その後、ひょうご環境創造協会兵庫県環境研究センター客員研究員、玉川大学客員教授、同志社大学客員教授、聖心女子大学講師を務め、第46回衆議院議員総選挙で当選[5]。当選後、法務副大臣内閣府副大臣第3次安倍第1次改造内閣第3次安倍第2次改造内閣)、法務大臣政務官第2次安倍内閣)、衆議院厚生労働委員長自由民主党国会対策委員会筆頭副委員長、同政務調査会国土交通部会長、同政務調査会法務部会長を歴任した[5][8]

来歴[編集]

法務副大臣兼内閣府副大臣の就任に際して公表された肖像写真

出生から学生時代まで[編集]

兵庫県西宮市出身(現住所は神戸市灘区備後町5丁目[9])。盛山勲、妙子夫妻の長男で、両親は共に徳之島鹿児島県大島郡天城町瀬滝)の出身[10]。父は大阪市内で新聞販売店を営んでいた[4]

中学3年生の時に父が肝臓がん[4]により亡くなる[10][11]灘中学校・高等学校を経て東京大学法学部第3類(政治コース)卒業[12][13]

官界[編集]

1977年運輸省入省(海運局総務課配属)[12]。2004年7月から環境省地球環境局総務課長2005年8月に国土交通省総合政策局情報管理部長を最後に出馬の為に辞職した。

政界[編集]

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙兵庫1区より自民党公認候補として出馬。借入金問題等で自民党公認を得られなかった前職砂田圭佑、並びに民主党石井一を破り当選。自民党総務会総務、国土交通委員会委員、財務金融委員会委員などを務める。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙では民主党新人の井戸正枝に破れ、落選した。同年10月から武庫川女子大学教授、11月に財団法人ひょうご環境創造協会兵庫県環境研究センター客員研究員、2010年4月から玉川大学客員教授同志社大学客員教授、聖心女子大学講師を務めた。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙ではみんなの党新人の井坂信彦や前回敗れた民主党の井戸正枝を破り当選、国政に復帰した。選挙後に発足した第2次安倍内閣法務大臣政務官に就任。法務大臣政務官として入国管理や観光立国を担当した[14]2013年9月30日の人事により退任。

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙では維新の党から出馬した井坂に破れるも、比例復活で3選。

2015年10月、法務副大臣に就任。

2016年3月、第3次安倍第2次改造内閣も法務副大臣を留任。同時に内閣府副大臣も兼任となる。

2017年10月22日第48回衆議院議員総選挙では兵庫1区で4選。

2019年10月、厚生労働委員長に就任[15]

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙・兵庫1区は森山、立憲民主党公認の井坂、日本維新の会新人の一谷勇一郎ら5人が立候補し、井坂が小選挙区で当選した。自民党は比例近畿ブロックで8議席を獲得。登載順位単独1位の奥野信亮と同2位の柳本顕が比例で当選し、重複立候補した順位3位の6人の候補者が復活当選した。盛山は6人中5番目の惜敗率(81.622%)により当選した[16][17]。選挙戦では世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体「世界平和連合」の指示を受けた信者10~20人が連日電話をかけ続けた。信者たちは個人の携帯電話の契約を「かけ放題」に自腹で変更し、かけた件数を争うように教団幹部に報告した[18]。岸田文雄首相が応援演説のために10月20日に摂津本山駅前にかけつけた際には約60人の信者が動員された[19]。教団側は、事実上の政策協定にあたる「推薦確認書」を盛山ととりかわすなど総力戦で選挙にあたり、盛山の5選に貢献した[18]

当選を果たした盛山は翌2022年3月、教団の関連団体「UPF・兵庫県平和大使協議会」が神戸市で開いた総会に出席。韓鶴子総裁の演説映像を見たうえで、教団の活動を褒めたたえた[20][21]

文部科学大臣[編集]

文部科学省にて(2023年12月8日)

2023年9月6日、政府が10月中旬にも、統一教会に対する解散命令を東京地方裁判所に請求する方向で調整していることが報道により明らかとなった[22]

同年9月13日、第2次岸田第2次改造内閣が発足。永岡桂子文部科学大臣を退任。盛山がそのあとを継ぎ、初入閣した[23]

同年10月13日、盛山は文科大臣として、統一教会に対する解散命令を東京地裁に請求した[24]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2021年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[25]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[25]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[26]

外交・安全保障[編集]

  • 普天間基地辺野古移設をめぐる政府と沖縄県の対立をどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで「政府が埋め立てを進めるのはやむを得ない」と回答[26]
  • 徴用工訴訟などの歴史問題をめぐる日韓の関係悪化についてどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで「政府の今の外交方針でよい」と回答[26]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2021年のNHKのアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[25]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のNHKのアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[25]。「同性婚を制度として認めるべきだと考るか」との同年の毎日新聞社のアンケートに対し「認めるべき」と回答[26]
  • クオータ制の導入について、2021年のNHKのアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[25]。同年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[26]

その他[編集]

  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のNHKのアンケートで「下げるべき」と回答[25]
  • 10%の消費税率について、2021年の毎日新聞社のアンケートで「当面は10%を維持すべきだ」と回答[26]
  • 受動喫煙防止を目的に飲食店などの建物内を原則禁煙とする改正健康増進法について、「全面禁煙をめざしたいが、生活がかかっている小規模店舗もあるので段階的にやっていく方が良いだろう。死活問題である」とコメントし、小規模飲食店に配慮をみせた[30]
  • 2016年度から灘中学校が採用した歴史教科書を巡り、盛山は兵庫県議和田有一朗とともに、「なぜあの教科書を採用したのか」などの問い合わせを行っていた。同教科書は他社で記述がない慰安婦問題に言及し、1993年河野洋平官房長官(当時)が元慰安婦へのおわびと反省を表明した「河野談話」を掲載。「軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような資料は発見されていない」という現在の政府見解も注記していた。この問い合わせを受けたことに対し、灘中の和田孫博校長は「政治的圧力だと感じざるを得ない」などと見解を示した[31][32]

人物[編集]

統一協会との関係[編集]

  • 2022年7月から8月にかけて、共同通信社は、全国会議員712人を対象に、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関わりを尋ねるアンケートを実施。8月31日に各議員の回答の全文を公表した。盛山は、献金、選挙活動への支援、集会への出席や祝電などの有無について問う質問に対し、すべて「ない」と答えた[33][34]
  • 同年10月20日、朝日新聞のスクープにより、教団の関連団体の「世界平和連合」と「平和大使協議会」が2021年の衆院選と2022年の参院選の際、自民党議員に対し「推薦確認書」を提示し、署名を求めていたことが明らかとされた[35]。推薦確認書は下記の5つの項目から成り、事実上の「政策協定」であった[36][37][注 1]
「憲法を改正し、安全保障体制を強化すること」
「家庭教育支援法と青少年健全育成基本法の国会での制定に取り組むこと」
LGBT問題、同性婚合法化などに関しては慎重に扱うこと」
「『日韓トンネル』の実現を推進すること」
「国内外の共産主義勢力、文化共産主義勢力などの攻勢を阻止すること」
  • 同年11月、朝日新聞社は全国会議員を対象に推薦確認書のやり取りをたずねるアンケートを実施した[39]。当該アンケートにより、斎藤洋明大串正樹山田賢司深澤陽一の4人が推薦確認書に署名したことを認めた[40][41][42][43]。盛山はここでも文書の提示や署名を否定した[39]
  • 2024年2月6日、朝日新聞朝刊が、衆院選公示2日前の2021年10月17日、「世界平和連合」が神戸市勤労会館で主催した「盛山正仁衆議院議員国政報告会」[19]に盛山が出席し、前述の推薦確認書に署名していたと報じた。盛山が推薦状を手にした写真も掲載された。集会で盛山は「みなさんの声をどう代弁するか、すべては総選挙を勝ち抜いてから」と発言していた。また、選挙期間中、世界平和連合幹部の指示を受けた信者10~20人が電話帳の一覧をもとに、毎朝8時から20時まで盛山の事務所名で有権者に電話で投票を呼びかけていたことも報道により明らかとなった。信者たちは、個人の携帯電話の契約を「かけ放題」に自腹で変更し、一人あたり1日数百件の電話をかけたとされる[18]
  • 報道翌日の2月7日に行われた衆議院予算委員会で、立憲民主党西村智奈美が事実関係をただすと、盛山は署名したことを事実と認めた。西村は盛山が文部科学大臣であることを取り上げ、「利害関係者の大臣が旧統一教会の解散命令請求の政府側責任者だとは、どこの世界の笑い話か」と、盛山の更迭を要求した。岸田文雄首相は「現在は当該団体との関係を一切有していない」などとして、更迭する考えがないことを示した[44]。2月8日の衆院予算委員会では、盛山は「記憶にございません」を午前中の審議だけで10回以上も連発した[45]。立憲民主党の藤岡隆雄による質問に対し、盛山は「報道で書いてあるのでサインをしたかもしれないが、私は記憶にございません」と答弁した[45]
  • 同年2月20日、立憲民主党が提出した盛山に対する大臣不信任決議案が衆議院本会議で採決され、与党や日本維新の会などの反対多数で否決された。決議案には立憲民主党の他、日本共産党国民民主党などが賛成した[46]
  • 同年3月6日、朝日新聞は、盛山が2022年3月に教団の関連団体「UPF・兵庫県平和大使協議会」が神戸市で開いた総会に出席した際の映像を入手したと報じた。盛山が会合で韓鶴子総裁の演説映像を見たうえで、「先ほどのビデオ、韓半島統一のUPF、立派に開催されたこと、素晴らしいことだなと感銘を受けました」と発言したことが明らかとなった[20][21]。3月7日、参議院予算委員会で立憲民主党杉尾秀哉は推薦確認書に実際に署名したかどうかを繰り返し質問した。盛山は当初「記憶にない」「現物は見ていない」と回答を避けていたが、追及に押され、最終的に「その可能性が高い」と認めた。杉尾が「UPF・兵庫県平和大使協議会」出席の件を質問すると、盛山は「一般的なあいさつはしたと思うが、旧統一教会やその教義に賛同する発言はしていない」と答えた[21]

その他[編集]

  • 実家の新聞販売店で働いていた人たちの苦労や、母子家庭となった母の苦労を感じ、公のために尽くしたいという意識がずっと心のどこかにあったので官僚を志望し、政治家になった[4]

家族・親族[編集]

盛山家
  • 妻・路子三重、田村元の長女[51]、秘書[10]) - 馴れ初めは1978年、盛山の官僚時代の上司の黒野補佐官からの紹介による見合いである[11]。盛山によると「24歳の若さで、怖い上司に押し切られた。私も妻も言葉を発する暇もなく、有無を言わせぬ仲人口で強引にまとめられてしまった」という[11]
  • 子供4人[11]
親戚

年譜[編集]

学歴[編集]

  • 1969年3月 - 私立灘中学校卒業
  • 1972年3月 - 私立灘高等学校卒業
  • 1977年3月 - 東京大学法学部第3類卒業
  • 2011年3月 - 神戸大学大学院法学研究科博士課程前期課程修了・修士(法学)
  • 2013年3月 - 神戸大学大学院法学研究科博士課程後期課程修了・博士(法学)(論文題目:「公海上の航行の安全確保に関する国際法と国際協力の課題 : ソマリア沖海賊の訴追を中心に」[53]
  • 2014年3月 - 神戸大学大学院経営学研究科より博士(商学)の学位(課程外の論文博士)(論文題目:「鉄道政策 : 鉄道への公的関与について」[54]

職歴[編集]

選挙歴[編集]

当落 選挙 執行日 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月11日 兵庫1区 自由民主党 9万5746票 42.96% 1 1/5 /
第45回衆議院議員総選挙 2009年8月30日 兵庫1区 自由民主党 7万3767票 32.27% 1 2/5 /
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 兵庫1区 自由民主党 7万6401票 37.15% 1 1/4 /
比当 第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 比例近畿(兵庫1区) 自由民主党 7万2791票 39.67% 29 2/3 9/9
第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 兵庫1区 自由民主党 7万1861票 39.45% 1 1/4 /
比当 第49回衆議院議員総選挙 2021年10月31日 比例近畿(兵庫1区) 自由民主党 6万4202票 30.12% 28 2/5 7/8

栄典[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『観光政策と観光立国推進基本法』(2010年4月、エムエムコンサルティング)
  • 『生物多様性100問』(2010年9月、木楽舎)
  • 『観光政策と観光立国推進基本法第2版』(2011年4月、エムエムコンサルティング )
  • 『バリアフリーからユニバーサル社会へ』(2011年10月、創英社 / 三省堂書店
  • 『観光政策と観光立国推進基本法 第3版』(2012年9月、エムエムコンサルティング)
  • 『鉄道政策』(2014年4月、創英社 / 三省堂書店) )

共編著[編集]

  • 愛知和男・盛山正仁 編著)『エコツーリズム推進法の解説』(2008年10月、ぎょうせい)
  • 谷津義男と共著)『生物多様性基本法』(2008年10月、ぎょうせい)
  • (盛山正仁 編著)『環境政策入門』(2012年4月、武庫川女子大学出版部)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 政策協定とは、団体や組織が立候補者を支持する見返りに、立候補者はその団体や組織が掲げる政策に賛同するという双方が見返りを求める内容の協定である。そしてその立候補者が当選した際には、議会等でその団体や組織の政策を主張するというものであり、選挙に勝つために一般的に行われているものである。ただし政策協定は立候補者は当選する為の支持が欲しい為、支持する団体や組織の立場が強くなりがちであることが問題となると言われる[38]

出典[編集]

  1. ^ 古賀派・谷垣派の再合流後
  2. ^ "第2次岸田第2次改造内閣 閣僚名簿" (PDF) (Press release). 内閣官房内閣広報室. 13 September 2023. 2023年9月13日閲覧
  3. ^ 平成24年12月18日兵庫県選挙管理委員会告示第78号(衆議院議員総選挙における当選人の住所及び氏名等)
  4. ^ a b c d 赤字のローカル線どうする 「鉄道議連」幹事長、盛山正仁文科相に聞く”. 産経新聞 (2023年12月2日). 2024年2月11日閲覧。
  5. ^ a b c d 盛山正仁の経歴”. 自由民主党 兵庫県第一選挙区支部長 衆議院議員 盛山正仁 ホームページ. 2023年9月13日閲覧。
  6. ^ 第45回衆議院議員選挙 (2009年08月30日)”. 選挙ドットコム. イチニ. 2023年9月13日閲覧。
  7. ^ 第45回衆議院議員選挙 比例区近畿 (2009年08月30日)”. 選挙ドットコム. イチニ. 2023年9月13日閲覧。
  8. ^ “国会議員情報 盛山 正仁(もりやま まさひと)”. 時事ドットコム (時事通信社). https://www.jiji.com/sp/giin?d=de674ac4e4c2d5ea23f68d4456e6a2bc&c=syu 2023年9月13日閲覧。 
  9. ^ 平成29年執行衆議院議員総選挙の記録 候補者等”. 兵庫県選挙管理委員会 (2020年6月25日). 2022年12月3日閲覧。
  10. ^ a b c d 徳之島2世 盛山文科相就任を祝福”. 奄美新聞 (2023年9月30日). 2023年11月17日閲覧。
  11. ^ a b c d 元衆議院議長 田村元・政界の下水道の父を偲ぶ”. 盛山正仁ブログ (2014年11月19日). 2024年2月11日閲覧。
  12. ^ a b 運輸省名鑑 1995年版』農林出版社、1994年12月発行、156頁
  13. ^ 公式プロフィール
  14. ^ 第6次出入国管理政策懇談会第3回会合議事録
  15. ^ “臨時国会開会、新たな常任委員長決まる”. Qnewニュース. https://qnew-news.net/news/2019-10/2019100711.html 2019年10月15日閲覧。 
  16. ^ 衆議院選挙2021 兵庫(神戸・姫路など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  17. ^ 【2021年 衆院選】近畿ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  18. ^ a b c 沢伸也、高島曜介 (2024年2月6日). “かけ放題プランで電話数百件 旧統一教会信者が語る文科相の選挙支援”. 朝日新聞. 2024年2月7日閲覧。
  19. ^ a b TBS『報道特集』2024年2月17日放送、「旧統一教会『文教』接近の思惑は」。
  20. ^ a b 沢伸也、高島曜介 (2024年3月6日). “盛山文科相、旧統一教会・韓総裁らの映像に「感銘」 22年の会合で”. 朝日新聞. 2024年3月22日閲覧。
  21. ^ a b c 大久保貴裕 (2024年3月7日). “盛山文科相「記憶にないが自分のサインに似ている」 推薦確認書巡り”. 朝日新聞. 2024年3月22日閲覧。
  22. ^ 旧統一教会への過料求め地裁に通知へ 質問権めぐり初、文科省が決定”. 朝日新聞 (2023年9月6日). 2023年10月10日閲覧。
  23. ^ “第2次岸田再改造内閣の閣僚名簿発表”. 産経新聞. (2023年9月13日). https://www.sankei.com/article/20230913-OWNZ2Z2IEVOJ7EZYLE2WXDWBV4/ 2023年9月13日閲覧。 
  24. ^ 世界平和統一家庭連合 (2023年10月13日). “文科相、旧統一教会の解散命令を請求 高額献金など被害額204億円”. 毎日新聞. 2023年10月13日閲覧。
  25. ^ a b c d e f 兵庫1区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  26. ^ a b c d e f g h 自民 兵庫1区 盛山正仁”. 第49回衆院選. 毎日新聞社. 2022年6月7日閲覧。
  27. ^ 「赤木ファイル」の存在、国側が認める 森友文書改ざん訴訟 確認に1年以上”. 東京新聞 (2021年5月6日). 2023年5月8日閲覧。
  28. ^ 石井潤一郎 (2021年5月13日). “菅首相、再調査を否定 「赤木ファイル」所在確認も”. 朝日新聞. 2023年5月12日閲覧。
  29. ^ 皆川剛 (2021年10月11日). “岸田首相、森友問題再調査を否定 赤木さん妻「再調査を期待していたので残念」”. 東京新聞. 2023年5月12日閲覧。
  30. ^ “受動喫煙対策、国会議員アンケートでわかった5つの「傾向」”. BuzzFeed News (BuzzFeed Japan). (2018年3月23日). https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/judokitsuen-kokkai-giin-comment 2021年2月14日閲覧。 
  31. ^ “灘中校長「教科書採用で圧力」 議員「政府筋からの…」”. 朝日新聞. (2017年8月18日). https://www.asahi.com/articles/ASK8603FVK85UTIL021.html 2021年11月3日閲覧。 
  32. ^ “灘中に「教科書なぜ採択」盛山衆院議員ら問い合わせ”. 神戸新聞. (2017年8月4日). オリジナルの2017年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170804010301/https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201708/0010432190.shtml 
  33. ^ 旧統一教会との接点、全国会議員712人に聞いてみた【全回答の一覧付き】FAXで回答”. 共同通信 (2022年8月31日). 2022年8月31日閲覧。
  34. ^ 全国会議員712人アンケート 旧統一教会と政治の関係”. 共同通信 (2022年8月31日). 2022年8月31日閲覧。
  35. ^ 旧統一教会側、自民議員に「政策協定」 選挙支援見返りに署名求める”. 朝日新聞 (2022年10月20日). 2022年10月20日閲覧。
  36. ^ 旧統一教会の関連団体 自民党議員と「推薦確認書」取り交わす”. NHK (2022年10月20日). 2022年12月22日閲覧。
  37. ^ 高木智也 (2022年11月1日). “立憲、党所属国会議員と教団側の「政策協定」は「確認できなかった」”. 朝日新聞. 2022年12月22日閲覧。
  38. ^ そもそも「政策協定」って?選挙との絡みは?自民の“点検結果”に問題点浮上(2022年10月20日)”. ANNnewsCH. 2024年2月9日閲覧。
  39. ^ a b 沢伸也、高島曜介 (2024年2月7日). “盛山文科相、旧統一教会側と「政策協定」 21年衆院選、関係者証言”. 朝日新聞. 2024年2月7日閲覧。
  40. ^ 独自 旧統一教会側が選挙前に「推薦確認書」 署名した自民党議員が証言「一種の政策協定だと理解」”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年10月20日). 2022年10月20日閲覧。
  41. ^ 政務三役でも発覚 大串副大臣が旧統一教会の関連団体の推薦確認書に署名”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年10月26日). 2022年10月26日閲覧。
  42. ^ 【速報】「サインして」教団側の要請に副大臣がまた・・・「よく確認せず」推薦確認書に署名”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年10月28日). 2022年10月30日閲覧。
  43. ^ 旧統一教会から「推薦確認書」提示された自民党議員8人に 深澤陽一前厚労政務官ら4人が署名”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年11月14日). 2022年11月14日閲覧。
  44. ^ 盛山文科相、推薦確認書に署名認める 選挙中「軽率にサインした」”. 朝日新聞 (2024年2月7日). 2024年2月7日閲覧。
  45. ^ a b 「記憶にございません」10連発 盛山文科相、教団接点巡り答弁迷走:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2024年2月8日). 2024年2月10日閲覧。
  46. ^ “盛山文科相の不信任決議案を否決 信頼回復「名案あれば教えて」”. 朝日新聞. (2024年2月20日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASS2N4DVWS2NUTFK001.html 2024年2月24日閲覧。 
  47. ^ 盛山正仁の活動・経歴
  48. ^ 九段会館の建て替えのための議員立法盛山正仁ブログ 2014年11月28日
  49. ^ リニア新幹線 東京~名古屋~大阪間 同時開業に向けて 盛山正仁ブログ 2014年5月20日
  50. ^ a b 神戸新聞、2014年12月4日
  51. ^ 『人事興信録 第25版 下』た99頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2024年2月17日閲覧。
  52. ^ 衆議院歴代議長・副議長一覧”. 衆議院ホームページ. 衆議院事務局庶務部広報課. 2023年9月13日閲覧。
  53. ^ CiNii 博士論文 - 公海上の航行の安全確保に関する国際法と国際協力の課題 : ソマリア沖海賊の訴追を中心に”. CiNii. 国立情報学研究所. 2023年10月13日閲覧。
  54. ^ CiNii 博士論文 - 鉄道政策 : 鉄道への公的関与について”. CiNii. 国立情報学研究所. 2023年10月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第25版 下』人事興信所、1969年。

外部リンク[編集]

公職
先代
永岡桂子
日本の旗 文部科学大臣
第30代:2023年 -
次代
現職
先代
葉梨康弘
日本の旗 法務副大臣
2015年 - 2017年
次代
葉梨康弘
先代
赤沢亮正
平将明
西村康稔
葉梨康弘
高木陽介
西村明宏
小里泰弘
左藤章
日本の旗 内閣府副大臣
高鳥修一
松本文明
福岡資麿
松下新平
冨岡勉
高木陽介
山本順三
井上信治
若宮健嗣と共同

2015年 - 2017年
次代
­越智隆雄
福田峰之
松本文明
坂井学
葉梨康弘
水落敏栄
武藤容治
秋元司
伊藤忠彦
山本朋広
先代
松野信夫
日本の旗 法務大臣政務官
2012年 - 2013年
次代
平口洋
議会
先代
冨岡勉
日本の旗 衆議院厚生労働委員長
2019年 - 2020年
次代
渡嘉敷奈緒美
官職
先代
平山芳昭
日本の旗 国土交通省総合政策局情報管理部長
2005年
次代
藤井章治