真の人権擁護を考える懇談会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真の人権擁護を考える懇談会(しんのじんけんようごをかんがえるこんだんかい)は、自由民主党人権擁護法案に反対する議員が結成したグループ(議員連盟)。

概要[編集]

2005年4月5日結成。自民党内の議員連盟となっているが、次世代の党の議員も所属しているため、事実上の超党派議員連盟である。

所属議員の多くが郵政民営化法案に反対した議員と重なり、同年9月におこなわれた第44回衆議院議員総選挙で過半数の議員が落選・離党したため活動は停滞した。

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

関連項目[編集]