岩屋毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
岩屋 毅
いわや たけし
生年月日 1957年8月24日(58歳)
出生地 日本の旗 日本 大分県別府市
出身校 早稲田大学政治経済学部政治学科
前職 鳩山邦夫衆議院議員秘書
所属政党 無所属→)
自由民主党→)
新党さきがけ→)
新進党→)
自由民主党(麻生派
称号 政治学士(早稲田大学)
親族 父・岩屋啓(元大分県議会議員)
公式サイト 衆議院議員 岩屋たけし

選挙区 旧大分2区→)
大分3区→)
比例九州ブロック
大分3区
当選回数 7回
在任期間 1990年2月19日 - 1993年6月18日
2000年6月26日 - 現職

当選回数 1回
在任期間 1987年 - 1990年
テンプレートを表示

岩屋 毅(いわや たけし、1957年昭和32年)8月24日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(7期)、自由民主党安全保障調査会長。

外務副大臣第1次安倍内閣)、防衛庁長官政務官第2次森改造内閣)、大分県議会議員(1期)等を務めた[1]

来歴[編集]

大分県別府市生まれ。ラ・サール高等学校早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。大学在学中は早稲田大学雄弁会に所属していた。また選挙でのアルバイトを通じて鳩山邦夫衆議院議員の事務所に勤務し、大学卒業後は鳩山の秘書を務める[2]1987年大分県議会議員選挙に出馬し、初当選した。

1990年第39回衆議院議員総選挙旧大分2区(定数3)から無所属で出馬し、日本社会党阿部未喜男自由民主党田原隆に次ぐ3位で当選した。選挙後に自民党に入党し、宮澤派に入会した。1993年武村正義の誘いを受けて自民党を離党し、新党さきがけの結党に参加するが、直後の第40回衆議院議員総選挙に定数が2に改められた旧大分2区から出馬するも、阿部の後継で出馬した無所属横光克彦(日本社会党系)、自民党の田原隆の後塵を拝し、3位で落選する。その後、新党さきがけを離党し、新進党に入党。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年第41回衆議院議員総選挙には新進党公認で大分4区から出馬したものの、社会民主党の横光克彦に敗れ落選し、後に自民党に復党する[要出典]

2000年第42回衆議院議員総選挙では自民党公認で大分3区から出馬し、7年ぶりに国政へ復帰。以降、第44回衆議院議員総選挙まで大分3区で連続3選。なお、1996年の総選挙で岩屋を破った横光克彦は、大分4区の廃止に伴って岩屋の3区に国替えし、2009年第45回衆議院議員総選挙までは岩屋、横光のいずれかが大分3区で当選し、敗れた方が比例復活していた。

2001年第2次森改造内閣防衛庁長官政務官に任命される[要出典]2005年第44回衆議院議員総選挙で非公認候補を推薦したことが「党規違反」に問われ、党執行部から県連の体制の一新を求められたため、11月28日に自民党大分県連会長を辞任した[要出典]

2006年第1次安倍内閣麻生太郎外務大臣の下、外務副大臣に任命された。2009年第45回衆議院議員総選挙では、過去2回の選挙で破った民主党の横光克彦に初めて大分3区で敗れたが、重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、5選。選挙後、約4年ぶりに再び自民党大分県連会長に就任した。2010年9月、新設された自由民主党シャドウ・キャビネットで影の防衛大臣に起用される。2011年6月22日、民主党が提出した第177回国会会期を70日間延長する議決案に、自民党の党議拘束に造反して賛成票を投じ[3]、翌23日に全ての党役職の辞表を提出した[4][5]。同年7月5日の自民党党紀委員会で国会の役職の辞任勧告、党役職の解任及び1年間の党役職停止処分が下された[6]。党大分県連会長辞任に伴い、常任顧問に就任。なお大分県連会長の後任は岩屋の辞任後、岩屋の下で会長代行を務めていた衛藤晟一が2012年に会長に就任するまで空席のままであった。

2012年10月、自民党安全保障調査会長に起用された。同年の第46回衆議院議員総選挙では、大分3区で民主党の横光克彦に比例復活を許さず、6選。

2014年第47回衆議院議員総選挙で7選。

政策・主張[編集]

活動[編集]

政治資金[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日外アソシエーツ編『新訂現代政治家事典―中央・地方の政治家4000人』(日外アソシエーツ、2005年) 72頁参照。
  2. ^ 岩屋たけしの履歴書 - 学生時代
  3. ^ “自民の河野・岩屋両氏が造反…国会延長議決”. 読売新聞. (2010年6月22日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110622-OYT1T00851.htm?from=top 2010年7月4日閲覧。 
  4. ^ “会期延長賛成の河野、岩屋両氏が党役職の辞表提出”. 産経新聞. (2011年6月23日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110623/stt11062316410004-n1.htm 2010年7月4日閲覧。 
  5. ^ “造反の河野氏ら党員資格停止も…自民執行部調整”. 読売新聞. (2011年6月24日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110623-OYT1T00905.htm 2011年7月4日閲覧。 
  6. ^ “自民党党紀委、浜田氏を除名、河野、岩屋両氏は党役職停止1年”. 産経新聞. (2010年7月5日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110705/stt11070522490022-n1.htm 2010年7月8日閲覧。 
  7. ^ a b c d e “2012衆院選 大分3区 岩屋毅”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A44003002002 2014年4月14日閲覧。 
  8. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  9. ^ 第154回国会 請願3544号
  10. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  11. ^ 読売新聞2011年6月1日
  12. ^ パーティ券リストの面々 しんぶん赤旗 2003年9月12日
  13. ^ プロフィール
  14. ^ 岩屋たけしの履歴書 - 学生時代
  15. ^ 理事・会員リスト・会員ホームページ パチンコチェーンストア協会

外部リンク[編集]

議会
先代:
佐藤茂樹
日本の旗 衆議院文部科学委員長
2008年 - 2009年
次代:
田中眞紀子
公職
先代:
塩崎恭久金田勝年
日本の旗 外務副大臣
浅野勝人と共同

2006年 - 2007年
次代:
小野寺五典木村仁
先代:
(創設)
日本の旗 防衛庁長官政務官
米田建三と共同

2001年
次代:
嘉数知賢平沢勝栄